Youtubeの広告からランサムウェアに感染誘導

トレンドマイクロの発表によると、偽の広告を表示させてユーザーに不正プログラムに感染させようとする攻撃が、Youtube上で確認されたということです。

具体的には、悪意のある広告をYoutubeのサイトに表示させて、クリックすることで別のサイトに誘導させます。そのサイトに行くとランサムウェアに感染してしまうという手口。

ランサムウェアとはマルウェアの一種で、多くはパソコンの動作を制限させたりファイルを勝手に暗号化させてしまい、その解除のために料金を請求してきます。

攻撃のエクスプロイトキット(セキュリティの脆弱性を攻撃する複数のコードをパッケージ化したもの)

  • Sweet Orange

Youtubeをハッキングしたのではなく、身分を偽り広告枠を正規に購入することで広告を表示させたという手の込んだもの。

Youtubeのサイト上と1100万回以上再生されたミュージックビデオに広告が表示されていて、日本のユーザーにも表示されていたようです。インターネットエクスプローラー(IE)から感染するものでした。

このような大手のホームページでも安心することはできませんので、セキュリティソフトの導入やパソコンのアップデートは欠かせません。

また万一、感染してしまった際の駆除もご依頼ください。

引用元:YouTube上の偽広告からランサムウェア感染へ誘導、主に米国で被害

パソコンやインターネットで困った時は