WordPress、危険度の高い脆弱性を修正するアップデートを公開

WordPressは27日、危険度の高い脆弱性を修正するアップデートを公開しました。

具体的にはクロスサイトスクリプティングを脆弱性を修正するもの。脆弱性が悪用されるとサーバー上で任意のコードを実行できてしまうため、ホームページにアクセスした第三者へ不正な攻撃を仕掛けることが可能。

これまでのすべてのバージョンのWordPressでこの脆弱性が見つかっており、利用者にはアップデートを強く推奨しています。

WordPressは、サーバーにインストールして使用するプログラムで、簡単に独自のブログを公開することが出来ます。無料であることから全世界で利用者が多く存在しています。

 

パソコンやインターネットで困った時は