Windows 8.1強制アップデートが実施

今月中旬頃から、Windows 8.0をインストールしているパソコンに対してWindows 8.1(無料)に強制的にアップデートされる更新が発生しています。

通常は、更新プログラムがあることを画面上で知らせてきても、「後で通知」と選択することができますが、今回の更新は強制的に行われるもの。

最終的に「〇時間後(最大4時間)に再起動」の選択肢か「すぐ再起動」しか選べなくなり、最大4時間後に自動でアップデートが始まってしまいます。

アップデートには1時間以上かかり、その間パソコンが使えなくなることはもちろんですが、アップデート後に一部の『ブラウザゲームや外国語入力が使用できない』という報告も上がっています。

環境の変化によるトラブルなどございましたら、お気軽にご相談ください。

パソコンやインターネットで困った時は