Windowsに19年前から存在していた脆弱性の修正パッチを公開

マイクロソフトは、Windowsに19年前から存在していた脆弱性に対する修正パッチを公開しました。

Windows 95以降のすべてのバージョンのWindowsに存在し、IE経由で遠隔操作できてしまうというもの。

しかし実際に乗っ取ることは非常に難しいために成功した例は無いとみられていて、またソフトウェアを「自動更新」設定をしておけば、保護されるので問題がないようです。

メーカー公式ソフトなどが自動更新にしておくようにしましょう。

 

パソコンやインターネットで困った時は