USBメモリからのウイルス感染にご注意ください

USBメモリを経由したウイルスの感染が増加しています。

USBメモリは手軽にデータを移動できたり、保存にも便利なため様々なシーンで使用されています。

知り合いからデータをもらうためにUSBメモリを使用することもあると思いますが、なんらかの理由でUSBメモリがウイルスに感染していると、受け取った側のパソコンがウイルスに感染してしまいます。

インターネットではセキュリティソフトを導入していても、USB接続はあまり気にしていない方も多いのではないでしょうか。

特にビジネスでデータをやり取りしている場合、1台から感染し、社内のネットワーク全体にウイルスが感染。大切なデータが流出してしまうようなこともあります。

他に、ネットワークに接続していないオフラインのコンピューターでもUSBメモリ経由でウイルスに感染し、内部データが破壊されるようなケースも発生しています。

USBメモリをパソコンに接続する際には注意しましょう。

出所のわからないUSBメモリを使用しないことはもちろんですが、USBメモリを接続したらすぐに内部データをスキャンしてウイルスチェックするなどの対策が有効です。

他にセキュリティ機能を搭載した特別なUSBメモリも販売されています。

パソコンやインターネットで困った時は