IPA、GW期間中のセキュリティに関する注意を喚起

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は4月22日、長期の休暇となるGW期間中の情報セキュリティに関する注意喚起を行いました。

GW期間中はシステム管理者が不在になることが多いため、この期間中にトラブルが発生しても対応が遅くなってしまい、結果として被害が大きくなってしまう可能性があるとしています。

また企業内だけではなく、家庭においても休暇中に自宅で仕事をするために勤務先のパソコンをネットワークに接続したり、会社の資料をUSBメモリーなどで持ち出して自宅のパソコンで使用。そのパソコンからウイルスを会社に持ち込んでしまい、結果的に会社の情報漏洩に繋がることもあります。

セキュリティ対策ソフトやOS、Javaなどのアップデートをするなど、休暇前には特に注意が必要です。

関連リンク:ゴールデンウィークにおける情報セキュリティに関する注意喚起

パソコンやインターネットで困った時は