Apple、OS X向けにセキュリティアップデートを公開

Appleは16日(米国時間)、OS X向けにセキュリティアップデートを公開しました。

これは、Googleが14日に明らかにしたSSL3.0の脆弱性(通称:POODLE)に対処するものです。

WebブラウザとWebサーバーが接続に失敗した際に再接続される仕様を悪用することで、通信の内容が盗み取られる恐れがありました。

パスワードやクッキーにアクセスされてしまいますので、早めのアップデートをお勧めします。

対象OS

  • OS X Mountain Lion v10.8.5
  • OS X Mavericks v10.9.5

関連リンク:Security Update 2014-005

パソコンやインターネットで困った時は