Apple、iOS等を更新し脆弱性に対処

Appleは6月30日、iOS、OS X、Safari等を更新し脆弱性に対処しました。

iOSの新バージョンはiOS 8.4。「Logjam」と呼ばれるTLSプロトコル(暗号化の仕組み)や通信の信頼性を証明する不正な証明書の発行問題に対応。他にも悪意のあるコードが実行される脆弱性など多数修正しました。

また、OS X Yosemite、OS X Mountain Lion/Mavericks、Safari向けにもセキュリティに関する脆弱性の修正が行われています。

関連リンク:Apple security updates

パソコンやインターネットで困った時は