吹出口から出る風が臭い…エアコンの風のニオイ対策をしよう

エアコンは蒸し暑くなる夏の室内を涼しくさわやかに保ってくれるほか、熱中症対策の強い味方でもあります。一方、エアコンの不調が原因で室内の快適さを損なってしまうことがあるのも事実です。

今回は、家庭のエアコントラブルの中でも特に多い「吹出口からの悪臭」の原因と対処法についてご紹介します。適切な対策と予防で、エアコンのトラブルを回避して快適な室温対策をしましょう。

エアコンの風のニオイ、原因とは?

まずは、家庭のエアコンから出る風にいやな臭いがついてしまう原因をご紹介します。

【原因1】汚れやホコリの臭い

エアコンは室内機と室外機の間を空気が行き来することで、涼しくなったり温かくなったりしています。実はこのとき、室内の汚れやホコリも一緒に吸い込んでしまっているのです。

多くの汚れは吸い込まれてもフィルターでキャッチされますが、汚れたまま長いこと交換せずにいると、フィルターにたまった汚れが悪臭の原因となってしまいます。

特に、人やペットの汗・老廃物などは変質すると頑固な臭いとなってしまうことがあります。また、キッチンや食品の油なども原因となりやすいので注意が必要です。

【原因2】カビの臭い

冷房や除湿運転中は、エアコン内部で室内の温かい空気が急激に冷やされるため、結露が発生します。この結露とフィルターの汚れ(ホコリなど)が結合すると、カビが発生し、エアコンから臭いがするのです。室内の湿度が上がる梅雨時から真夏にかけては、カビの臭いに注意しましょう。

【原因3】たばこの臭い

家族に室内で喫煙する方がいる場合は、エアコンの内部やフィルターにたばこ臭がついてしまうことが原因で、エアコンからの風にも悪臭がついてしまうことがあります。

エアコンからの悪臭を放置するとトラブルの原因に

エアコンから悪臭がしていても、毎日その中で暮らせばいつの間にか慣れてしまい、放置してしまうケースが多々あります。しかし、気にならないからといって臭いの原因をそのままにしておくと、エアコンだけにとどまらない思わぬトラブルにつながるかもしれません。

エアコンの臭いを放っておくことで起こりやすくなるトラブルについてご紹介します。

【トラブル1】カビ・雑菌による住人の体調不良

カビや雑菌が付着したままの状態でエアコンの使用を続けると、空気中にカビや雑菌をまき散らしてしまい、アレルギー症状や呼吸器疾患の原因となってしまう危険があります。

【トラブル2】エアコンの性能低下

エアコンのフィルター詰まりはエアコン自体が設計通りの性能を発揮できなくなり、効きが悪くなるでしょう。

【トラブル3】消費電力の増加

フィルターやエアコン内部に汚れがたまって性能が落ちると、エアコンは性能を維持しようと、よりたくさんの電力を消費することになります。また、消費電力が上がれば光熱費も上がることになりますので、毎月の出費も変化するでしょう。

【トラブル4】エアコンそのものの不調・故障

フィルターやエアコン内部の汚れや目詰まりを放置し続けると、エアコン自体に大きな負担がかかることになります。そうなるとエアコンの性能低下や故障、場合によってはエアコンの買い替えが必要になってしまうかもしれません。

自分でできるエアコンの臭い対策

「たかがニオイ」と思って放置すると、長期的には日常生活に大きく影響する事態を招きかねません。エアコンからの悪臭が気になったら、まずは家庭でできる対策から始めてみましょう。

エアコンからの風が臭いと感じたらぜひ試してください。

【対処法1】フィルターの清掃

エアコンから悪臭が出る原因として最も多いのは、フィルターに汚れやホコリが付着してカビなどを発生させているケースだといわれています。ほとんどの場合、エアコンのフィルターは自分でクリーニングすることが可能です。家庭にあるエアコンのフィルターが清掃可能なものであれば、以下の手順にしたがってクリーニングをしてみましょう。

手順1.フィルター表面のホコリを取り除く

フィルターを取り外す前に、掃除機でフィルター表面のホコリや汚れを吸い取っておきましょう。フィルターを外す際にホコリが飛散してしまうのを防ぐことができます。

手順2.フィルターを取り外し、外側からホコリを取り除く

取扱説明書にしたがい、エアコン本体からフィルターを取り外して掃除します。まずは、掃除機でホコリを取り除きましょう。この際、フィルターの内側からホコリを吸ってしまうと、目詰まりをひどくする原因になってしまうため、必ずフィルターの外側からホコリを吸い取るようにしてください。

手順3.フィルターを水洗いして、陰干しする

次に、フィルターを水洗いします。フィルターの掃除は、浴室でシャワーを使いながら行うと便利です。掃除機をかけたときとは逆に、フィルターの内側から洗うようにすると、汚れが取れやすくなります。水洗いしたフィルターは日陰に干し、完全に乾くまで待ってからエアコンに戻しましょう。濡れたまま戻すとカビや雑菌などの原因になります。

【対処法2】吹出口の汚れ・ホコリの除去

フィルターをきれいにしても、吹出口に悪臭の原因が付着している場合があります。フィルターを清掃するとともに、吹出口の汚れもチェックして掃除しましょう。

手順1.エアコンの電源を完全に切る

必ずエアコンの電源を落とし、感電を防ぐためにコンセントを抜いてから掃除を始めましょう。

手順2.吹出口の汚れを拭き取る

タオルに薄めた住居用の中性洗剤をしみ込ませて吹出口の汚れを拭き取ります。割り箸やものさしにガーゼや布を巻きつけて作ったものを用意すれば、細かい部分の汚れも取れて便利です。

手順3.仕上げの水拭き

通常の住居用洗剤で拭き取りを行ったあとには、必ずもう一度水拭きして仕上げ、洗剤を完全に拭き取りましょう。

悪臭を予防するためのエアコン使用法

臭いが気になってから掃除することはもちろん大切ですが、エアコンの使い方によっては臭いの発生を予防することもできます。エアコンの臭いを予防するためには、以下の方法を試してみましょう。

吹出口に水滴がついているときは、すぐに拭き取る

実は、エアコンの吹出口部分は最も湿気が付着しやすく、カビが発生しやすい箇所です。水滴がついている様子は目に見えるケースも少なくないため、エアコンに水滴を発見したらすぐに拭き取ってカビの発生を予防しましょう。

送風のみの運転を活用する

エアコンの「送風」機能をうまく活用すれば、カビの原因となるエアコン内部の湿気を飛ばせるんです。冷暖房で使い終わった後に1~2時間送風運転をすることで、エアコン内部の結露や湿気を除去することができます。

送風機能がない場合は、設定温度を上げた冷房運転を行うことで送風を行うことができます。

アース製薬 超速乾 エアコン洗浄スプレー 170mL

アース製薬 超速乾 エアコン洗浄スプレー 170mL

液だれしない超ドライタイプのエアコン用洗浄スプレーです

おわりに

今回は、エアコンからの風が臭い場合に役立つ対処法や予防法についてご紹介しました。エアコンの臭いは一度ついたら取れないと思っている方も多いかもしれません。しかし、日頃のお手入れや使用方法次第で、臭いを低減・予防することは可能です。もし、今回ご紹介した方法を試しても臭いが取れなければ、専門業者にクリーニングや修理を依頼することを検討すると良いでしょう。

リペアネットワークではルームエアコンの出張修理も行っています。エアコンの臭いでお困りの際はぜひ一度ご相談ください。

家電の故障・不具合で困った時は
Wi-Fiレンタル 1日からレンタル可能!1日130円~
サポートご予約専用ダイヤルを見る 今すぐお電話で相談したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
サポートご予約専用ダイヤルを見る 今すぐお電話で相談したい方はこちらをタップ連絡先に追加する

サポートご予約専用ダイヤルは、パソコン修理と家電修理で異なります。
お間違えのないようご注意ください。

パソコン修理 家電修理
基本料金+環境・トラブル診断料金+作業料金が発生いたします。
0120-713-835
受付時間 9:00~21:00
(年中無休)
出張料金+診断料金+技術料金+部品代が発生いたします。(出張修理の場合)
096-380-1945
受付時間 9:00~18:00
(年中無休)