大雨および北海道地震によって被災された方へ

7月5日から各地で発生した大雨および、9月6日に発生した北海道地震によって被災された方々に謹んでお見舞い申し上げます。今回被災された方を対象に「郵送修理による復旧支援」と「無料充電サービスおよび、Wi-Fiの無料提供」の取り組みを行っています。

【西日本豪雨 復旧支援】郵送による水濡れ等で壊れたデータの復旧料金が半額
【北海道地震 復旧支援】無料充電サービスおよび、Wi-Fiの無料提供

エアコンや室外機の音がうるさい…気になる異音の原因と対策

エアコンを使用していれば、何らかの動作音が聞こえてしまうことは仕方のないものです。しかし、あまりに音が大きくうるさいと感じる場合や、明らかに通常の動作音と異なる異音が聞こえるようなら、本体や室外機の異常を疑ってしまいます。

そこで今回は、エアコンの異音が気になる際の原因や対処法についてご紹介します。

エアコンの故障ではないケースで考えられる原因

ここでは、エアコンから聞こえる異音を種類別にチェックしていきます。考えられる原因について見ていきましょう。

「ポコポコ」音が気になる場合

エアコンの作動中やスイッチを切っているときにも聞こえてくる「ポコポコ」という音。これは主にドレンホースという部品が外から空気を吸い込む際に発生する音です。

高層マンションや気密性の高い住宅では、空気の通り道が少なく、エアコンのドレンホースが空気の通り道となることがあります。ドレンホースはエアコン稼働時に発生した結露を外に排出するためのホースです。このような住宅で換気扇をつけると、ドレンホースから外の空気が吸い込まれます。すると、排出されるべき結露がドレンホースを伝って逆流し、「ポコポコ」という音を出しているのです。

「カタカタ」「キュルキュル」音が気になる場合

エアコン運転中に、本体から「カタカタ」「キュルキュル」などという音が聞こえて気になる、という方も多いでしょう。この異音は、内部のフィルターが目詰まりすることで発生しているケースが多く、そのまま放置すると異常にもつながります。フィルターの汚れには日頃から気をつけましょう。

「シュー」「ジュー」という音が気になる

エアコンからは時々「シュー」「ジュー」という音が発生することがあります。この音は主に、エアコンの動作によって熱交換作業を行っている冷媒ガスが内部を移動するときに出る音で、多くの場合は異常ではありません。また、メーカーによってはエアコン稼働後に自動でフィルター清掃を行うものもあります。この場合も「シュー」という音が出ます。

動作音が大きくて気になる

製品によっては、エアコン自体の正常な動作音が大きい、というケースも見られます。しかも、機能がシンプルで価格が安いエアコンよりも、高性能で多機能なエアコンの方が大きな動作音を発生させやすいという特徴があります。これらは異常を起こしているわけではありませんが、どうしても気になる場合は、メーカーや販売店に問い合わせてみましょう。

室外機周辺からの振動音が気になる場合

エアコンの運転中は本体だけでなく、室外機も同時に動作しています。室外機の周辺からの振動音が大きく気になるときは、室外機を設置している専用の台やブロックなどが動作に伴って振動していないか確かめてみましょう。室外機内部からではなく周辺からの異音は、室外機が動作しているときの振動が、台やブロックに伝わって大きな音を立ててしまっているケースが中心です。

また、室外機の上に植木鉢などを置いている場合にも振動音が発生します。室外機の上には何も置かないようにしましょう。

エアコンの故障ではないケースで行う対策

エアコンから発生する音は、異常でなくても気になるケースが意外に多いことが分かりました。そこで、正常運転時にも発生してしまうエアコンの異音について、その対処法を見ていきましょう。

「ポコポコ」音の対処法

エアコンの「ポコポコ」音は、室内の気圧の微妙な変化で起こる吸気音で、多くの場合は異常ではありません。この音は、窓を開けて室内外の気圧の差を調整することで解消できるケースが多くなります。とはいっても、いつも窓を開けっ放しにしておくことは難しいものです。どうしても音が気になるときは、「エアーカットバルブ」を取りつけることで解決できます。

エアーカットバブルはホームセンターでも購入でき、簡単に設置することができます。また、エアコンの修理業者に依頼し取りつけてもらうことも可能です。

室内機の「カタカタ」「キュルキュル」音の対処法

エアコン本体から「カタカタ」「キュルキュル」という音が気になる場合、故障でなければフィルターの目詰まりが原因として考えられます。エアコンの電源を落としてコンセントを抜き、取扱説明書などにしたがってフィルターを取り出し状況を確認してみましょう。もし、フィルターがホコリなどで汚れていたら、説明書などの指示にしたがってフィルターの掃除や洗浄を行ってみてください。これで気になる音が解消される場合があります。それでも異音が出る場合は、内部の部品が摩耗したり破損したりして不調を起こしていることも考えられますから、メーカーや販売店、修理業者などに相談しましょう。

室外機周辺からの振動音の対処法

室外機周りからの振動する音が気になる場合には、接触している地面や壁専用台やブロックなどの状態を確認しましょう。安定して設置されていなければ、振動音が必要以上に大きくなることがあります。

適正な設置方法でも異音が回避できない場合は、接触面に「防振ゴム」と呼ばれる薄い板のようなゴムを取りつけて振動を低減させることができます。ただし、室外機を無理に動かすと故障の原因となってしまうこともあるので、専門の業者に依頼するのがおすすめです。

対処法でエアコンの異音を解決できない場合は

ここまでは、ご自分で対処できるエアコンの異音対策をご紹介しました。しかし、上記の対策を行っても、異音が鳴り続けることもあるかと思います。ご紹介した対策をご自分で行ってみても異音を解消できない場合には、専門の修理業者に依頼する必要があるでしょう。

エアコン内部の汚れによる不調

多くのエアコンは、室内機のフィルター部分をご家庭で清掃洗浄できる場合がほとんどです。しかし、フィルターをきれいにしても異音が収まらないようであれば、フィルターだけではなくエアコン内部のさまざまな箇所に汚れが付着したせいでエアコンの動作に負担がかかっている可能性があります。放置すると性能の低下や故障、消費電力の増大にもつながりますから、専門業者にエアコン内部のクリーニングを依頼しましょう。

モーターの不調、機械構造部のオイル切れ、電源不良

運転中ずっと異常音が発生しているなら正常とは言いきれません。大きな音が常時出ているなら、モーターの不調や内部の潤滑油が切れていたり、劣化していたりする可能性があります。あるいは電源部分に負担がかかり、そこから音が出ていることも考えられるでしょう。これらの異常の場合はご自身で対処することは困難になりますから、専門業者へ相談してみましょう。

室外機のコンプレッサー故障

室外機の異音対策を行っても改善されない場合、内部のコンプレッサーが不調を起こしている可能性があります。この場合には専門業者による点検や修理が必要となります。

アース製薬 超速乾 エアコン洗浄スプレー 170mL

アース製薬 超速乾 エアコン洗浄スプレー 170mL

液だれしない超ドライタイプのエアコン用洗浄スプレーです

おわりに

今回は、エアコンから出るさまざまな音が気になる場合の原因と対処法についてご紹介しました。エアコンは当然持ち込み修理ができないので、たとえ異常がなかったとしても出張点検にかかった費用は計上されてしまいます。まずはご自分で確認できる範囲で状態を確かめ、「対処が難しい」と判断できてから出張を依頼するとよいでしょう。

リペアネットワークではエアコンの修理をはじめ、各種家電製品の修理を承っております。まずはお気軽にお問い合わせください。

家電の故障・不具合で困った時は
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する