Wi-Fiや無線LANが遅い!インターネット回線の速度が遅くなる原因と対策

インターネットを利用する際に、Wi-Fiなどの無線LANで接続するケースが多くなってきています。機器の設定がやや面倒ですが、ケーブルがつながっていないためノートパソコンなどの持ち運びにも便利ですし、住まいの別の部屋に移動しても使用できるので重宝します。

一方、Wi-Fiは接続状態が悪くなって回線速度が遅くなったり、接続自体が途切れてしまったりすることもあります。

インターネットで動画などを楽しんでいるときには、このような接続状況の悪化は大きなストレスになってしまうことも。せっかくの無線LAN環境なのですから、どうにか快適に使用することはできないものでしょうか?

そこで今回は、Wi-Fiや無線LANなど、インターネット回線の速度が遅くなった場合の原因と対策についてご紹介します。

Wi-Fi接続の仕組みについて

まず、Wi-Fiがどのようにしてインターネット回線に接続しているのかをご説明します。

無線LANの設定の際は、「ルーター」と呼ばれる機器を設置します。このルーターは直接インターネット回線とつながっており、ルーターとパソコン・スマートフォンなどは電波を通じてつながっています。つまり、Wi-Fiで接続が悪くなるというのは、ルーターとパソコンなどのつながりに問題がある場合がほとんどです。

もちろん、インターネットの無線LAN接続が遅くなる原因は他にもあります。例えば、契約している回線の信号速度が遅い場合は、どんな対策をしても改善は見込めません。回線自体が遅い場合は、情報を集めて高速で接続できる回線に契約を乗り換える必要があります。

また、インターネットを利用する人の数が多くなる時間帯や、マンションなどの集合住宅では、接続スピードが遅くなることがあります。こうした現象に対しては対策の練りようがありませんが、自分が使用している環境を改善することで接続状況を良くすることもできますので、その方法をご紹介します。

ルーターからの距離や障害物が原因!?

ご説明したように、ルーターとパソコン、スマートフォンなどは電波でつながっています。そのため、基本的にルーターの近くでそれらの機器を使用したほうが、電波を受けやすくなります。

逆に、ルーターからあまり離れてしまうと、電波が届かずに接続スピードが遅くなったり接続が切れたりすることがあります。

また、ルーターとの間に障害物がある場合も、回線が遅くなることがあります。例えば、自宅の1階にルーターが設置されていて、2階の部屋でノートパソコンを使う場合などは、壁や天井が障害物となるのです。ルーターのある部屋のとなり部屋で使う場合も、ドアを閉めておくのと開けておくのでは電波の届き方が異なります。基本的には、なるべくルーターの近くで使用し、障害物がない状態にするのが望ましいでしょう。鉄やコンクリートなどの素材は電波を遮ってしまいやすいため、回線が遅いと感じたら、そうした障害物がルーターとの間にない場所で使用してみましょう。

どうしてもルーターの近くで使用できないのであれば、「中継器」を設置することをおすすめします。ルーターとパソコンの間に、電波を中継してくれる機器を置いておけば、離れた場所でも十分に信号を受信できます。特に、自宅で電波が届きにくい場所があるようであれば、ルーターとパソコンとの間に中継器を設置しておけば、快適に無線LANを利用できるようになります。

たくさんの機器がルーターに接続されている?

ルーターには、同時にインターネットに接続できる機器の台数制限があります。自分が使用しているルーターの説明書などで確認すれば、何台まで接続できるかが分かるでしょう。

もし、この台数制限を超えていると、それぞれの機器で接続状況が悪くなります。家族で1台のルーターを利用している場合などは、たくさんの機器が一度に接続していることも考えられます。一般に、持ち運びのできるモバイルタイプのルーターよりも、据え置きタイプのほうが同時に接続できる台数が多くなります。たくさんの機器を接続する必要がある場合は、多くの機器を接続できるルーターに変更してみると良いでしょう。

ルーターの種類によっては、複数のアクセスポイントを使用することができる場合があります。アクセスポイントが複数使えると、それぞれの機器が別のアクセスポイントを使ってLAN接続するため、接続状況の悪化を防ぐことができます。確認や設定が多少難しいのですが、使っているルーターで複数のSSIDが利用できるかを確認して、可能であれば設定を試してみましょう。

ルーター自身の不具合の可能性も?

無線LANの不具合の多くはルーターとパソコンの間の電波によるものですが、ルーター自体が不具合を起こしている可能性もあります。

まず試していただきたい対策は、ルーターの電源を一度OFFにし、しばらく経ってから再度ONにしてみることです。再起動することによって、ルーターの不具合が解消することもあります。取扱説明書などにも再起動の方法は書かれていますので、説明書を参照しながら行ってみてください。

他には、ルーター内部の「ファームウェア」がアップデートされていないために接続に影響が出ていることもあります。ファームウェアのアップデート方法も取扱説明書を参照すれば方法が載っているはずです。ルーターの近くで使用するなどしても接続状態が改善しない場合は、試してみる価値があります。

また、ルーターは精密機器ですので、温度や湿気の影響を受けます。夏の暑い日などに、高温になる場所に設置してあるルーターなどは動作不良を起こす場合もあります。極端に寒い場所や暑い場所で使用している場合には、設置場所を見直すのも良いでしょう。

自宅の家電による電波干渉!?

自宅の家電が出す電波が、Wi-Fiの電波に干渉して接続不良を起こす場合も考えられます。この場合は、家電を使用しているときに接続がおかしくなるはずですので、回線状況が悪くなったときに電波干渉を起こしそうな家電を使用していないか確認してみましょう。

例えば、電子レンジやコードレスの電話を使用していると、Wi-Fiに干渉する電波を発することがあります。家電が原因である場合はその使用場所を変えたり、使用を控えたりするようにしましょう。

通常Wi-Fi接続は「2.4GHz帯」の電波を利用しています。同じ2.4GHz帯の電波を出す家電と干渉させないためには、ルーター側の設定で使用する電波の周波数帯を変更することもできます。やや設定が面倒ではありますが、試す価値はあるといえます。

BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WHR-1166DHP4 11ac 866+300Mbps 3LDK 2階建向け

BUFFALO WiFi 無線LAN ルーター WHR-1166DHP4 11ac 866+300Mbps 3LDK 2階建向け

11ac × Giga対応 INTERNET ポートで高速Wi-Fiインターネット

おわりに

Wi-Fiなどの無線LANは、さまざまな理由で接続が遅くなることがあります。予備知識がないと遅くなった原因が分からず、使い勝手の悪い状況を我慢するしかありません。

契約回線自体に問題がある場合などは仕方ありませんが、自分で工夫して接続を改善する方法はあるものです。今回ご紹介した方法を1つずつ試してみれば、快適な無線LAN接続に戻すことができるかもしれません。

ドクター・ホームネットでは、インターネットや無線LANを快適に利用する方法の他にも、さまざまなPCトラブルに関する便利な情報をお届けしています。ぜひ、その他のコラムもチェックしてみてくださいね。

パソコンやインターネットで困った時は
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する