作業を効率化しよう!Mac(マック)の便利なショートカットキー

作業を効率化しよう!Mac(マック)の便利なショートカットキー

「ショートカットキー」は、通常ならマウスやトラックパッド(指でなぞることでカーソルを動かす装置。ノートパソコンに搭載されています)が必要な操作を、キーボードだけの操作で行えるという大変便利な機能です。パソコンのキーボード上のキーを複数組み合わせて押すことで、パソコン作業の効率を図ることができます。日常的に使う主要なショートカットキーをはじめとして、自分に必要なものから覚えていくと良いでしょう。

そこで今回は、Mac(マック)のショートカットキーについてご紹介します。

Macで使われる、一般的なショートカットキー

まずは、一般的によく使われているショートカットキーをご紹介します。これらはどのアプリケーションでも大体共通するので、大変便利です。

ものによっては「command」+「C」はコピー(Copy)など、その意味を表す単語の頭文字が使われていることがあるので、それを覚えると早いかもしれません。

  • 【コピー】「command」+「C」:選択中の項目をクリップボードにコピーします。
  • 【ペースト】「command」+「V」:現在の書類またはアプリケーションにクリップボードの内容をペースト(貼り付け)します。
  • 【切り取り】「command」+「X」:選択中の項目を切り取って、クリップボードにコピーします。
  • 【すべて選択】「command」+「A」:ページ内の項目をすべて選択します。
  • 【取り消し】「command」+「Z」:直前の動作を取り消します。
  • 【「取り消し」の取り消し】「command」+「shift」+「Z」:動作の取り消しを行った直後に、その「取り消し」自体を取り消すことができます。
  • 【最前面のウインドウを閉じる】「command」+「W」:最前面のウインドウを閉じます。
  • 【アプリケーションの終了】「command」+「Q」:アプリケーションを終了します。
  • 【すべて終了】「command」+「option」+「W」:アプリケーションのウインドウをすべて閉じます。

Finder(ファインダー)を操作中によく使うショートカットキー

Macを使う上で基本となるアプリケーションが、「Finder(ファインダー)」と呼ばれるものです。

そのFinderの操作中に知っているととても便利なショートカットキーをご紹介します。

  • 【検索する】「command」+「F」:FinderウインドウでSpotlight検索を開始します。
  • 【情報を見る】「command」+「I」:選択中のファイルの「情報を見る」ウインドウを表示します。
  • 【ファイルのコピー】「command」+「D」:選択中のファイルを複製します。
  • 【ファイルを開く】「command」+「O」:選択中のファイルをアプリケーションで開きます。
  • 【ゴミ箱に移動】「command」+「delete」:選択中のファイルをゴミ箱に移動させます。

コンピューターやアプリケーションの終了や、再開に関するショートカットキー

システムやアプリケーションを終了させるときに使うショートカットキーをご紹介します。コンピューターやアプリケーションがフリーズしてしまったときなどに覚えておくと、いざというときに助かります。

  • 【コンピューターを終了】「command」+「control」+「option」+メディア取り出しキー:コンピューターを終了します。
  • 【アプリケーションを終了】「command」+「option」+「esc」:アプリケーションを選択して強制終了します。
  • 【終了ダイアログの表示】「control」+「メディア取り出しキー」:終了ダイアログを表示します。
  • 【スリープモード】「command」+「option」+「メディア取り出しキー」:スリープモードにします。
  • 【再起動】「command」+「control」+「メディア取り出しキー」:コンピューターを再起動します。

書類作成中に使うショートカットキー

次にご紹介するのは、書類作成をしたり、Web上で文章を書いたりするときなど、テキスト編集の際に役立つショートカットキーです。下記のショートカットキーを覚えておけば、キーボードとマウスの両方を使って行う操作を簡略化することができるようになるでしょう。

  • 【カーソル右側の文字を削除】「control」+「D」:カーソルの右側の文字を削除します(「fn」 + 「delete」と同等です)。
  • 【カーソル左側の文字を削除】「control」+「H」:カーソルの左側の文字を削除します(「delete」と同等です)。
  • 【行を挿入】「control」+「O」:カーソルの後ろに1行挿入します。
  • 【行または段落の削除】「control」+「K」:カーソルの右側の文字から、行または段落の末尾までを削除します。

テキスト入力時に便利なショートカットキー

次は、 カーソル移動が多い作業をするときに役立つショートカットキーをご紹介します。

もちろん矢印キーを使うこともできますが、今回のテーマは「作業の効率化」です。効率化の観点からすると、マウスまで毎回手を伸ばして少しずつ時間を取られるよりも、移動操作を削って時間短縮を図ることをおすすめします。

  • 【コピー】「command」+「C」:選択中の項目をクリップボードにコピーします。
  • 【ペースト】「command」+「V」:現在の書類またはアプリケーションにクリップボードの内容をペースト(貼り付け)します。
  • 【切り取り】「command」+「X」:選択中の項目を切り取って、クリップボードにコピーします。
  • 【すべて選択】「command」+「A」:ページ内の項目をすべて選択します。
  • 【取り消し】「command」+「Z」:直前の動作を取り消します。
  • 【「取り消し」の取り消し】「command」+「shift」+「Z」:動作の取り消しを行った直後に、その「取り消し」自体を取り消すことができます。
  • 【最前面のウインドウを閉じる】「command」+「W」:最前面のウインドウを閉じます。
  • 【アプリケーションの終了】「command」+「Q」:アプリケーションを終了します。
  • 【すべて終了】「command」+「option」+「W」:アプリケーションのウインドウをすべて閉じます。

その他、覚えておくと便利なショートカットキー

ここまでご紹介してきたショートカットキーのほかにも、覚えておくと便利なものはたくさんあります。Macの使用方法によっては日常的に使うことが少ないかもしれませんが、ここではその一部となる、その他の便利なショートカットキーをご紹介します。

  • 【縮小】「command」+「shift」+「マイナスキー」:選択中の項目の表示サイズを縮小します。
  • 【拡大】「command」+「shift」+「プラスキー」:選択中の項目の表示サイズを拡大します。
  • 【サイズを元に戻す】「command」+「0」:表示を元の(実際の)サイズに戻します。
  • 【太字】「command」+「B」:選択中のテキストを太字にします。
  • 【下線】「command」+「U」:選択中のテキストに下線を引きます。
  • 【スクリーンショット】「command」+「shift」+「3」:表示されている画面のスクリーンショットを撮ります。

Macの操作方法でお困りですか?

今回は、仕事の作業効率化に役立つショートカットキーや、一般的な作業にも役立ちそうなショートカットキーの中から、35個を選んでご紹介しました。これらのショートカットキーを自然に使いこなせるようになれば、シーンを選ばずにパソコンでの作業時間を短縮することも可能です。この記事を参考に、ぜひMacのショートカットキーを覚えてみてくださいね。

ドクター・ホームネットでは、Macの操作方法に関するレッスンも承っております。ご希望の方はお気軽にご依頼ください。

Macの操作方法のレッスンをドクター・ホームネットに依頼する
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
上部へ
戻る
自分のパソコントラブルが「解決可能か」確認する連絡先に追加する
上部へ
戻る