フルHDや4Kとは?テレビ選びのポイントのひとつ、画素数について

地上デジタル放送が開始されて以降、テレビの画質は向上の一途をたどっています。「フルHD」が当たり前になり「4K」が登場し、最近では「8K」という言葉を見聞きする機会も増えてきました。

「映像がどんどんきれいになっている」程度の想像はできるものの、具体的にどれだけ画質が良くなっているか、詳しく知らない方もいるのではないでしょうか?

今回は、テレビの画質に大きく関わる「画素数」についてご紹介します。

そもそも「画素数」とは何を指すのか

「画素数」を、デジタルカメラやスマートフォンなど、カメラ機能の性能を示す単位として頭に入れている方もいるでしょう。「画素数が大きいほど、写真をきれいに撮れる」と認識している方も多いはず。

厳密に言えば、画像や映像の美しさは画素数だけに左右されるものではありません。しかし、画素数が静止画・動画の表現力に大きく関わってくることは確かです。それがカメラの場合は「記録可能な画素数」であり、テレビなどのディスプレイなら「画面上で表現可能な画素数」ということになるのです。

画素数の「画素」とは、デジタル画像・映像を表現する際の「点」を指します。単位は「ピクセル」で表され、高画質化が進むにつれて、100万画素を「メガピクセル」と1単位のように表す機会も増えています。

デジタル画像は、小さな色付きの「点」が集まって構成されています。この点=画素がより多く集まって表現される画像ほど、人の目にはなめらかで精細に見えるというわけです。カメラなどの撮影機材が高画質化していることに伴い、それらの機材で制作したデータをより完全に表現するため、テレビなどのディスプレイの高画質化も進んでいると言えるでしょう。

また、よく使われるディスプレイの「解像度」とは、テレビ画面の「横のドット数×縦のドット数」を表します。つまり、ディスプレイの解像度が「1,024×768」の場合、画素数は「786,432画素」となり、約0.8メガピクセルということになります。

4Kとは?フルHDって何K?

最近の高性能なテレビの広告で、「4K」と表示されているのを見たことはありませんか?「4Kの表現力」などの謳い文句から、画質が良くなったことは推測できますよね。では、具体的に「4K」が何を表しているのか、確認していきましょう。

「4K」とは「4,000」を意味する表現で、テレビ画面の横のドット数が約4,000あることを指しています。正式には「4K2K」と呼び、横方向は約4,000画素、縦方向は約2,000画素となるテレビの規格を略して「4K」と呼んでいます。つまり、4Kテレビの画素数は、4,000×2,000で「約800万画素」となります。

徐々に主流になりつつある4Kテレビですが、「それなら4Kの前は何K?」と思う方もいるかもしれませんね。4K以前の「フルHD」と呼ばれていたデジタルテレビは、横のドット数が約2,000ということから、「4K」と比較して「2K」と呼ぶことが増えてきています。フルHDの解像度は1,920×1,080のため、「約200万画素」となります。

デジタルテレビの画素数は、ハイビジョン(1,366×768)の約100万画素から、フルHD(1,920×1,080)の約200万画素、そして4K(3,840×2,160)の約800万画素まで進化してきました。さらに次世代のテレビとして、約3,200万画素を誇る8K(7,680×4,320)も発表されています。デジタル放送以前のアナログTV放送が、640×483の約30万画素だったことを考えると、数十年前では想像もできなかったほど鮮明な映像を楽しめることが分かりますね。

ちなみに海外では、4Kと8Kを合わせて「Ultra High Definition Television」、略して「UHDTV」と呼ぶのが一般的なようです。

実際にこれからテレビを選ぶなら、4K?8K?フルHD?

これから新たにテレビを購入する方であれば、フルHDか4Kテレビの購入を考える方が大半かと思います。一方で、スーパーハイビジョンとも呼ばれる、8Kテレビの発売が本格的になってくることを考え、8Kテレビが普及するまで待ったほうが良いのでは、と迷っている方もいるかもしれませんね。

実際に一般家庭でテレビを視聴するレベルであれば「4Kで十分」と、今のところは考えて良いでしょう。まず、8K放送に対応する家庭用テレビはかなり高額になる見込みで、家電購入の選択肢としてあまり現実的ではありません。また、8Kと4Kとの差を目で見て実感するためには非常に大きな画面が必要なため、家庭用のテレビの大きさであれば4Kの画質で十分という声もあります。専門家の意見もおおむね同じで、数年以内にテレビを買い替える予定があるなら4Kを選んでも損はしない、という考え方が現状の共通認識と言えそうです。

とはいえ、4K放送の本格実用化もまだこれからという段階ですし、この先も、しばらくはテレビ放送の主流が4Kに移行する時期であると考えて良いでしょう。フルHDか4Kか悩んでいる場合は、「テレビに何を重視するか」を今一度考えてみてください。価格、画質、どちらを選ぶにせよ、緊急でなければ、もう少し様子を見たほうがお得に買い替えできる可能性はあるかもしれません。

4Kテレビがあれば、2020年のオリンピックは見られる?

2020年の東京オリンピックの際には、2018年に4Kの実用放送が予定されている「BS衛星放送」によって、主要な中継が行われるのではないかと言われています。このため、オリンピックを4K画面で見ようと、これからテレビの買い替えを検討している方も多いかもしれません。

注意したいのは、現在発売されている4Kテレビの多くは、そのままではBSの4K放送を視聴できない「4K対応テレビ」である、ということです。

それらのテレビでBS衛星放送による4K放送を視聴するためには、専用のチューナーの追加、4K放送に対応したBSアンテナへの交換などが必要になります。もちろん、4K対応に必要な端子はそれぞれの4K対応テレビに備えられているため、それほど大がかりな準備が必要というわけではありません。しかし現在発売中の4Kテレビ単体では、すべての4K放送が見られるわけではないと覚えておく必要はあるでしょう。

これから4K放送を本格的に楽しもうと4Kテレビを購入する方は、将来的に、チューナーやアンテナを別途購入することを見据えて選択するのがおすすめです。また、2Kに相当する地上デジタル放送の映像であっても、4K対応テレビに内蔵されている解像度変換機能によって、4K相当の画質に変換して映してくれます。そのため、BS放送にこだわらないのであれば、そこまで気にしなくても良いかもしれません。

画素数が多ければ、誰でも確実に美しく見えるのか

フルHD(2K)より4K、4Kよりも8Kが高画質であると理解してもらえたでしょうか。しかし、4K対応テレビで4K放送を見れば誰でも確実に美しい映像を楽しめるのかと言えば、そうとは言い切れない部分もあります。

テレビの画素数が増えると画面上で表現可能な情報量は多くなりますが、テレビ画面の見え方は、画像処理エンジンの精度やバックライトの性能・特徴などによっても左右されます。また画面上での色の出し方も、メーカーによって個性があると言われています。

場合によっては、4Kテレビで見る映像よりも、2Kテレビの映像のほうが好みだという方もいるかもしれません。テレビを選ぶ際は必ず実際に映像を見て、明るさや色合いが自分に合っているかどうか確認した上で決めると良いでしょう。

ハイセンス 43V型 4K対応 液晶 テレビ HJ43N3000

ハイセンス 43V型 4K対応 液晶 テレビ HJ43N3000

明暗部による色ムラの少ない、発色豊かな映像を再現

おわりに

今回はテレビの画素数についてご紹介しました。画素数が多いほど、より精細な映像を映し出すことができます。4KはフルHDの4倍もの画素数があるため、その高画質な映像に満足できるはずです。現在のテレビ形式の最終形は8Kであるとも言われていますが、4K放送でも十分にハイレベルな映像が楽しめるでしょう。

現在はフルHDから4Kへと移行する過渡期と言えます。4Kテレビは今後さらに普及が進み、一気に購入しやすくなることも考えられます。すぐに必要でなければ、現在使用中のテレビにもう少し頑張ってもらって、しばらく様子を見ても良いかもしれません。

リペアネットワークでは、液晶テレビやプラズマテレビの修理も承っております。出張修理はもちろん、持ち込みでの修理や、32インチ以下であれば宅配での修理にも対応しています。まずはお気軽にご相談ください。

家電の故障・不具合で困った時は
住宅設備機器をネット注文!工事までお任せ!
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する