人気の職業YouTuberとは?収入の仕組みとYouTuberになる方法

人気の職業YouTuberとは?収入の仕組みとYouTuberになる方法

インターネットが普及してから、エンターテインメントの場も大きく変化しています。映像での娯楽と言えばテレビや映画などが主流でしたが、現在ではインターネット上で視聴できる動画が多くの方から人気です。テレビの場合は放送局が限られているため、視聴者は放送局からの一方的なコンテンツを受け入れるしかありませんでした。テレビ局によって特徴はあるものの、一定の範囲内での多様性しか持ち得ない状態だったのです。

しかし、インターネット上の動画は、作成者が好きなように作成することができます。動画の視聴者も、自分の興味や好みで選択可能なため、動画コンテンツに対する嗜好(しこう)はどんどん多様化しているのです。今では決まったメインストリームに流されない、独創性のあるコンテンツが多く排出されています。

近年では、このような動画配信を生活の糧にする、YouTuberが登場しており、YouTuberも収入を得る仕組みを持つため、人気の職業と言われています。今回は、YouTuberの収入の仕組みとYouTuberになる方法についてご紹介します。

1.YouTuberとは?

YouTuberという言葉に厳密な定義はありません。一度動画をアップロードしただけでも、自分でYouTuberと名乗ればその方はYouTuberです。しかし、一般的にはYouTubeへの動画投稿により得られた収入で、生活している人物をYouTuberと呼んでいます。YouTuberは、オリジナルの動画を矢継ぎ早に公開して多くの視聴者を獲得し、それによって収入を得ています。動画作成を仕事にしていると言っても良いですが、動画を多くの方に見てもらわないと収入は得られません。

1-1.そもそもYouTubeって?

YouTubeとは、Googleが提供している動画の投稿・閲覧サービスです。動画を見るだけであれば、YouTubeのサイトに移動し好きな動画を選択するだけで、さまざまなジャンルの動画を楽しむことができます。

YouTubeは動画を閲覧するだけではなく、自分で作成したオリジナルの動画を公開できることをご存じでしょうか。動画の公開を行うには、Googleのアカウントを取得し、YouTubeにログインする必要があります。YouTubeにログインすると、取得したアカウントで利用できる「マイチャンネル」というページがあり、そこから動画を公開(アップロード)する仕組みです。

スマートフォンでYouTubeの動画を閲覧する場合は、Webブラウザからでも閲覧は可能ですが、動画アプリをダウンロードして閲覧するのが便利です。

1-2.誰でもYouTuberになれるチャンスがある

小中学生や若い世代を中心に、YouTuberをやってみたいという人が増えてきています。実際、小学生で多数のチャンネル登録者数を持つYouTuberも存在します。たとえ小学生であっても、YouTuberとして活躍できることがYouTuberの魅力といえるでしょう。

2020年には、アメリカに住む日系人の少年が8歳で年収28億円を稼ぐなど、大人も含めて世界一稼ぐYouTuberとして話題になりました。そのような背景もあり、近年では小学生の男の子がなりたい職業にYouTuberがランクインするほど注目度が高まっています。

小学生のYouTuberには、大人顔負けの音楽を演奏して話題になる子も多いです。大人であれば、ある程度の技術がある人ならできると思われることでも、子供がそれをできてしまうと驚きも大きいため話題になりやすいのが理由と考えられます。

しかし、これらキッズYouTuberの規制を実施する国も出てきています。基本的に、YouTubeは13歳未満の子供の利用を想定していなかったため、子供が視聴するのは問題がある動画も少なくありません。また、YouTuberには再生回数を稼ぐために過激なことをする人も少なくないため、規制が強化される可能性もあるなど、今後YouTuberに関する法律が増えることが予想されます。

お問い合わせはこちら

2.YouTuberになる方法

YouTubeに動画をアップロードするまで、実際どのような作業が行われているのでしょうか。主な行程としては、以下の3つです。

2-1.コンテンツを決める

YouTubeでアップロード可能な動画は、暴力的なものやスパム、著作権侵害をしていないものなどなければ特に制限がないため自由に公開できます。しかし、再生数を確保するためには、多数の方が「おもしろい」と思うコンテンツでなければなりません。動画投稿だけで、十分な収入を得るYouTuberになるには、インターネット上でどのような内容の動画を流せば良いかを見極め、最新のトレンドやニーズを把握する情報収集能力が必要です。

たくさんの方に反響がありそうなコンテンツを準備したら、それを魅力的な動画にする演出能力も大切でしょう。動画に自分の個性やエンターテインメント性を取り込み演出することで、より多くの方を惹きつける魅力的なコンテンツが完成するのです。

YouTubeのユーザーには、ユーザー登録やチャンネル登録を行っていない人もいるため、検索で興味のある動画を探す人も多いです。そのため、動画のタイトルや説明文を見て、ユーザーが検索してきそうなワードが入っているのかどうかもチェックしましょう。また、ユーザー登録していなくてもYouTubeでは過去の閲覧履歴などでおすすめの動画が表示されるため、質の高い動画を増やすことでより多くの方に視聴されるコンテンツに成長していきます。

2-2.撮影・編集する

YouTuberは、動画を作成しなければなりませんが、いきなり高価な撮影用カメラを導入するのは難しい部分もあるでしょう。そこで、おすすめなのがiPhoneやAndroidなどのスマートフォンでの動画撮影です。YouTubeには、撮影用カメラで撮った動画だけではなく、スマートフォンで作成したコンテンツもアップロード可能になります。スマートフォンでの動画投稿に慣れてきて、もっと本格的な動画を作りたいと思うようになったあと、機材をそろえると良いでしょう。また中古でもそれなりに高いスペックで多機能な機材も多いため、録画や編集などの使い方を覚える目的で安価な機材を使うのも良いでしょう。

撮影しただけの動画をYouTubeにアップロードしてもOKですが、動画の途中で編集を加えるとさらに見ごたえある動画に仕上がります。いくつかの動画をつなぎ合わせたり、字幕を入れたり、少し工夫するだけで魅力的な動画になるのです。このような編集作業を行うときは、専用のアプリケーションとパソコンが必要になります。簡単な編集であれば普通のパソコンで十分ですが、凝った作業をする場合は性能の良いパソコンが良いでしょう。

Windowsを使用する方であれば、パソコンに標準で搭載されている「Windows Live ムービーメーカー」というアプリケーションがおすすめです。Windows Live ムービーメーカーは簡単な編集に十分対応できるアプリケーションのため、編集作業に慣れるまでの練習も兼ねて使用すると良いでしょう。Windows Live ムービーメーカーは無料ですが、専門的な編集作業ができる有料のアプリケーションも販売されています。これらは、必要に応じて購入を検討してください。

2-3.動画のアップロード

動画を作成したら、YouTubeのアップロード画面から動画を公開しましょう。Googleのアカウントを取得してYouTubeにログインし、自分自身の「チャンネル」と呼ばれるページを作ります。アカウントの作り方は簡単で、ユーザー名とパスワード、メールアドレスなどを入力して行います。「チャンネル」とは、自分専用の放送局のようなものです。チャンネルが完成したら、YouTubeにあるジャンルから投稿したいジャンル選び、チャンネル用のアイコンを決めます。アイコンは自分の個性を表現したり、自分のチャンネルを「ブランド化」したりするために便利です。そのため、視聴者の目にとまる特徴的なアイコンを設定し、印象に残るようにしてください。

動画の撮影からアップロードまでこだわりを持って取り組めば、多くの方に動画を視聴してもらうことにつながり、人気のYouTuberも夢ではありません。

ただし、YouTuberにもさまざまなタイプが存在し、迷惑系YouTuberと呼ばれる人たちもいます。2020年に話題になった迷惑系YouTuberは、新型コロナウイルスに感染した状態で日本各地を巡ったり、お店の商品が偽物だと言うなど好き勝手している様子をYouTubeにアップロードして批判を浴びました。彼らはネット用語で炎上と呼ばれる批判コメントが相次ぐ状態を起こして再生回数を稼ぐのが目的で、そのためにあえて迷惑行為を繰り返し行います。これらの行為は犯罪かそうでないかのギリギリのラインで行われることが多いですが、あまりにも悪質な場合は動画自体が削除される場合もあります。

動画は単にアップロードするだけではなく、ライブ配信を行うことも可能です。ただし、スマートフォンからライブ配信を行う場合は、チャンネル登録者数が1000人以上いる必要があるため、ライブ配信を行うにはそれなりの知名度が必要と言えそうです。

ドクター・ホームネットでは、YouTube撮影で使用するマイクやキャプチャーボードなど周辺機器やパーツの設定サポートも可能です。こちらから、お気軽にご相談ください。

3.YouTuberの収入の仕組み

ところで、YouTuberはどのようにして収入を得ているのでしょうか?動画が話題になり多くの方に見てもらえれば、その分収入が増えます。しかし、実際にどこからお金が入ってくるのか知らない方も少なくありません。

3-1.YouTuberは、「広告」で収入を得ている

YouTuberは自分でアップロードした動画に広告を入れ、その広告がどのくらい視聴されたかによって、得られる金額が異なるのです。YouTubeの動画を見たことがある方はお分かりかと思いますが、動画を視聴すると最初に広告の動画が流れます。広告の動画は途中でスキップすることもできますが、一定時間以上その広告が流れると、YouTuberに広告収入が発生するのです。

また、動画再生の途中で下の方に帯状の広告が出てくることもあります。これは「オーバーレイ広告」と呼ばれるもので、視聴者がオーバーレイ広告をクリックすることでYouTuberに広告収入が入るシステムです。

このように、テレビのコマーシャルと同様、広告を視聴者に見せることによって、YouTuberは自身の収入につなげています。広告が再生される回数に比例して収入が大きくなるため、YouTuberはできるだけ多くの方に見てもらえる動画を作っています。

3-2.誰でもYouTuberとして成功できるわけではない

一見するととても華やかで夢のあるような職業に見えるYouTuberという職業。

しかし、YouTuberとして知名度を上げるためには、できるだけ毎日動画をアップし続けなければなりません。また、動画を撮影して編集するとなると結構な時間がかかります。3分から5分の動画の撮影に30分から1時間、もしくはそれ以上かかることも珍しくありません。さらに、撮影した動画を数時間、場合によっては半日近くかけて編集していくことになります。

頑張って動画を作ったとしても再生数が伸びるとは限りません。それでもめげずに動画をアップし続けていかないと、知名度を上げることはできないのです。

それでも人気YouTuberになると、芸能人並かそれ以上にテレビで取り上げられる人もいます。2020年には自身の名前が流行語大賞トップ10入りしたフワちゃんなど、芸能人としても活動しているYouTuberも出てきています。

逆に、芸能人がYouTuberとしても活動している例も増えており、テレビでは放送できないような過激なことをしたり、自身の趣味や特技を活かした動画を配信している人もいます。中にはテレビでの活動よりもYouTuberとしての収入が上回る人も出てきており、メインの活動の場をYouTubeに変えるなど芸能界にも大きな影響を与えています。また、最近ではYouTuberが芸能人と結婚する例も増えています。

人気ができるかは本人次第です

小中学生や十代に人気の職業であるYouTuber。将来なりたい職業としてYouTuberを上げる小学生も少なくありません。その一方で、作った動画がまったく視聴されなければ広告収入は入りません。YouTuberとして人気が出るかどうかは、本人次第という厳しさがあることも、YouTuberという職業の特長であり、魅力です。

最後に、ドクター・ホームネットでは、パソコンやインターネットに関するさまざまなコラムを多数掲載しています。ぜひ一度ご覧ください。

パソコンやインターネットの悩みをドクター・ホームネットに相談する
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
24時間受付 Webで申し込む
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する