キレイに保とう♪IHコンロや卓上IHなど、IH調理器具の掃除方法

ビルトインタイプのIHコンロや卓上IH調理器などのIH調理器具は、ガラストップで汚れのこびりつきが少なく、お掃除が楽なことが利点の一つです。

しかしこれは、IH調理器具は汚れがまったくつかない、ということではありません。焦げつきや、こびりついた油汚れを長い間放っておけば、ガンコで落ちにくい汚れになってしまうことも。

今回は、IH調理器具のお掃除をさらに楽にするお手入れ方法についてご紹介します。簡単なお手入れで日頃からキレイな状態を保ち、清潔で快適なIHライフをスタートさせましょう。

日頃のお手入れに大活躍するのは、住まいのお掃除でもおなじみの……

IH調理器具だからといって、普段とは違う特別なお掃除用品を準備する必要はありません。IHコンロなど、ガラストップの汚れ落としにおすすめのアイテムは、「重曹」です。今ではキッチン周りのお手入れに欠かせないという人も多いのではないでしょうか。

キッチンや、食卓周りのお掃除に重宝する重曹ですが、口に入っても安全なので、IHコンロのお掃除にも最適です。

使用法は、小さじ1の重曹粉末につき100mlの水で薄めた溶液を作り、スプレーボトルに詰めてIH調理器のガラストップに吹きつけ、拭き取るだけ。落ちにくい汚れの場合は、少し時間を置いてから拭き取るとさらに良いでしょう。

IH調理器を使用するたびにこのお手入れを行っておけば、ガンコな汚れのこびりつきも防止できます。使い終わった後のひと手間を、早速今日から始めましょう。

うっかりガラストップに焦げつきを付着させてしまったら

IHコンロのお手入れをつい後まわしにしていたら、いつの間にかガンコな焦げつきができてしまった、という経験がある人も多いと思います。ではそうなってしまったら、どのようにして汚れを落とせば良いのでしょうか。

特殊な洗剤や道具を使わなくても、キレイに焦げつきを落とせる方法をご紹介します。

【用意するもの】

・アルミホイル(使わなくなったプラスチックカードなどでも可)

・クリーム状クレンザー

・キッチンペーパー

・食器用洗剤

・水

・布巾

【手順】

IH調理器の電源を落とし、コンセントを使っている場合は抜いておく

1.調理後などで本体に触れられないほどガラストップが熱くなっている場合は、冷めるまで待ちましょう。

2.布巾を食器用洗剤と水で薄めたもので浸したら絞って、ガラストップの全体を水拭きして大まかな汚れを落としておく

3.焦げつき汚れの部分を中心に、IH調理器のガラストップ面にクリームクレンザーを適量塗る

4.アルミホイルを丸めたもので、焦げ付きの部分を円形にこすって汚れを落とす

この際は、ガラストップを傷つけないよう気をつけながら、できるだけ軽くこするようにしましょう。力を入れなくても、汚れが徐々に落ちていくはずです。

アルミホイルが準備できないときは、使わなくなったクレジットカードなどのプラスチックカードをへらのように使って、焦げつき汚れをこそげ落とします。

5.クレンザーが茶色っぽく変色し、汚れが落ちたらしっかりと水拭きをしてクレンザーを落とす

6.クレンザーが落ちたら、キッチンペーパーでから拭きをして仕上げる

【補足】

クリームクレンザーが家にない場合やすぐに手に入らないときは、重曹粉末とその重曹粉末の半量の水を溶いてペースト状にしたもので代用できます。クリームクレンザーの方が若干汚れ落ちは良いかと思われますが、ガラストップ上の焦げつき汚れ程度なら十分に落とせるはずです。

軽い焦げつき汚れを落とすには

家にあるものでできるとはいえ、汚れがつくたびにクリームクレンザーとアルミホイルを用意することは、手間がかかります。

それほどしつこくない焦げつき汚れなどには、普段レンジの油汚れ用に使用しているアルカリ性洗剤を使えば問題ありません。汚れにスプレーし、しばらく置いてから拭き取ると大抵の焦げつきは落とせるでしょう。それでも落ちない汚れがあるときは、クリームクレンザーの出番です。

なお、アルカリ性の洗剤は肌への刺激が強いため、使用時にはゴム手袋や使い捨てのポリ手袋を使用するなどして、手肌をガードすることも忘れずに。

市販の研磨シートを使用する方法も◎

「クリームクレンザーを使用する方法は、道具をたくさん用意しなければならず面倒……」という方には、簡単なお掃除グッズを使ったお掃除方法もあります。

市販されている、洗剤と研磨成分を配合したお掃除シートを活用すれば、落ちにくい焦げつきも簡単に落とせる場合があります。

使用方法は、お掃除シートを水でぬらして、IHコンロのガラストップ面を軽く拭いてから少し時間を置き、焦げつきの部分をシートでこすります。その後は、雑巾や布巾で残った洗浄成分を水拭きすればOKです。

お掃除シートの中には、水回りにつけていた水あかや金属部品の曇り汚れなどを落とす効果を持ったものもあります。

IH調理器用に一つ常備しておけば、さらに便利になるはずです。

汚れ落としも大切ですが、汚れを日頃から予防しておくことも重要

ガラストップに汚れがついてからお掃除しても良いのですが、やはり汚れがつかないよう日頃からガードしておくことも大事。IH調理器のガラストップに汚れがつかないよう、防止策も加えて行っておけばより効果的です。

シリコン製などのガラストップ保護マットが市販されていますから、それらを活用しましょう。IH調理器と鍋やフライパンの接触時の衝撃を緩和し、ガラストップの傷や破損を防ぐ効果もあります。

ただし、保護マットを使用することで、場合によっては発火を招いたりする可能性も指摘されています。

保護マットはIH調理器を使用しないときにだけかぶせるか、調理中に使用するときは、過熱の状態を確認しながら使用するなどして、危険を回避するよう心がけましょう。

焦げつき予防には、やっぱり日頃のお手入れが大切

日々の調理の必需品であるIH調理器ですから、毎日の使用に伴って汚れがついてしまうことは避けられません。

多少の噴きこぼれや油はねによる汚れは、なんといっても「すぐに拭き取ること」が大切です。小さな汚れも積み重なれば、よりガンコな汚れとなって落としにくくなりますし、汚れていないように見えても意外と多くの汚れが付着している場合もあります。

汚れが見て確認できる・できないにかかわらず、IH調理器を使用した後には必ず重曹液などで軽く拭き取る癖をつけておきましょう。汚れが落ちなくて困ることも少なくなるはずです。

ガスレンジやグリルで火を使った後に吹きこぼれや油汚れの掃除をすることと同様、IHも流しと一緒に掃除しておくことを習慣にすると良いでしょう。

おわりに

今回は、IH調理器具の日頃のお手入れ方法から、ガンコな焦げつき汚れの落とし方についてご紹介しました。

諦めがちなガラストップの汚れですが、日々の家事の中にガラストップの掃除を簡単に取り入れれば、汚れの蓄積はなく、比較的楽にガラストップのお掃除ができそうですね。

ただし、電気製品であるIH調理器は、内部の構造も非常にデリケートです。

お掃除のときは必ず電源を落とす・コンセントを抜くなどして、極力電装部分には水分を付着させないよう、感電に気をつけながらお掃除するようにしましょう。

しっかり汚れを落とし、キレイな状態を保っておけば、毎日IH調理器でお料理することも、さらに楽しくなるでしょう。

リペアネットワークでは、IHコンロの出張修理も承っております。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

家電の故障・不具合で困った時は
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-713-835 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
今すぐお電話で相談したい方はこちらをタップ 0120-713-835連絡先に追加する