BSは映るのに地デジが映らない!テレビのチャンネルにまつわるトラブル

アナログ放送を行っていた時代は、アンテナ線が接続できていて電源さえ入っていれば、テレビはチャンネルを合わせることで見られるものでした。しかし、テレビ放送がデジタル放送になったことを背景に、受信調整などを正確に行わないと映らなくなるケースが多くなっています。

・決して故障ではないのにテレビが見られない

・特定のチャンネルだけにノイズが入る

今回は上記のようなデジタル放送特有のテレビトラブルについてご紹介します。

テレビの電源を入れても画面が映らない

B-CASカード

電源を入れてもまったく画面が映らない場合には、以下の状態をチェックしましょう。

B-CASカードが挿入されているか

テレビでデジタル放送を視聴するためには、機器に付属しているB-CASカードがセットされていることが必要です。B-CASカードの種類は3種類あり、機器に合わせていずれかが付属しています。

・青(地デジ放送専用)

・赤(地デジ・BS・CS共用)

・橙(ケーブルテレビの受信用)

B-CASカードがテレビにセットされていないとエラー画面が出て、番組などを視聴することはできないため注意しましょう。

コンセントが差し込まれ、主電源がONになっているか

基本的なことですが、電源の入れ忘れやコンセントの差し込み忘れは意外に少なくありません。電源自体がきちんと入る状態になっていることと、停電やブレーカー落ちがないかどうかは必ず確かめてください。

地域に合わせたチャンネル設定はされているか

テレビを購入・設置したら、まずチャンネル設定を完了させなければ番組を視聴できません。自動で設定してくれる製品も増えていますが、基本的にはメニュー画面からチャンネル設定を行ってください。

また、他の人から譲ってもらったテレビや中古品を購入した場合、以前使用していた方の住所設定が残っている場合もあります。その際には、テレビのメニュー画面でご自宅の設定に変更しましょう。

テレビの視聴切替が「地上アナログ」などになっていないか

視聴切替

最近のテレビにはありませんが、数年前までのテレビには地上アナログの視聴切替の機能があります。地上アナログの視聴画面が表示されている場合は、もちろん現在は何も見ることはできません。リモコンで地上デジタルかBS、CSなどに切り替えましょう。

BSなどは受信できるが地デジだけが映らない

BSなどは見られるのに、地上デジタル放送は見られない、というトラブルが意外とあります。この場合は、以下の原因が考えられます。

アンテナの感度

 

アンテナの感度

地デジは受信状態の管理が非常にデリケートです。アンテナの受信感度が弱くても映らなくなりますが、受信感度が強すぎてもまったく映らなくなってしまうことがあります。特に、マンションなどの集合住宅の共同アンテナに多いケースが、後者の状況です。

この場合、まずテレビ側の設定画面に地上デジタルアッテネーター(信号のレベルを落とす装置)があるかを確認し、設定を「切→入」にしてください。テレビにアッテネーターの設定がなければ、分波器(テレビの受信信号を種類別に分ける装置)から地デジ端子までの配線経路にアッテネーターを取り付けることで、改善できる可能性があります。

それ以外の原因として、アンテナ自体の角度がずれていたり、アンテナが倒れてしまっていたりすることなども考えられます。こうなってしまうと自分で対策することは難しいでしょう。一戸建て住宅の場合はアンテナ業者に相談するか、集合住宅であれば管理者に問い合わせることをおすすめします。

室内環境

室内環境や配線

アンテナ側が正常であれば、室内のどこかに原因がある場合があります。

「テレビの向きを変えたり、模様替えをしたりしたタイミングで特定のチャンネルが映らなくなった」という場合は、配線が緩んだり抜けたりしていないかを確認しましょう。特に地デジは、少しの配線の緩みだけでも急に映らなくなることがあるため、移動させたときには十分気をつけましょう。

また、ケーブルやブースター、分配器などの部品が故障しているケースも考えられるため、その場合はそれらの配線や機器の交換・修理が必要になります。

「エラーコード:E202」と表示される

テレビ画面に表示される「E202」とは、テレビに電波が届かず、正常に受信できていない状況を表しているエラーコードです。地上デジタル画面がE202表示で、アンテナ側にトラブルがない場合は、ケーブルの接続がきちんとできているか確かめましょう。意外に接続部の緩みやケーブルの断線などが原因で、このエラーが起こるケースが少なくありません。

また、BS/CSの画面でE202が出るときは、上記の原因の他、アンテナの角度がずれたために受信感度が低下していることが考えられます。ご自分で角度調整できる位置にアンテナがあるなら調整し直しましょう。それが難しい場合は、建物管理者かアンテナ業者に相談してください。

「エラーコード:E203」が出る場合

テレビ画面に表示される「E203」は、放送局側の都合で放映がされていないという状況を表すエラーコードです。

まずは番組表を確認し、そのチャンネルが放送を休止していないか確かめましょう。もし、放送休止ではないのにE203表示がされる場合、E202のときと同じく受信状態が良くないことも考えられます。アンテナレベルを確認し、E202エラー時と同様にアンテナやケーブルの状態を見直してください。

また、E203エラーの場合は、チャンネル設定をやり直すことで正常に映ることもあります。テレビの電源を切ってコンセントを抜き、1分ほど待ってから再度電源を入れ、チャンネル設定を再度行うことも改善策の一つです。

BS・CS放送の特定のチャンネルが視聴できない

BS・CS放送の特定のチャンネルだけが見られないときは、アンテナ信号の受信レベルが著しく低い、あるいは「0」になっている可能性があります。この場合、信号を受信するためのケーブルの設定環境に問題があるかもしれません。自分でできる対処法としては、アンテナの方向を調整すると改善することがあります。これで解決しない場合は、販売店へ相談してみましょう。

また、有料放送の契約状況も確認しましょう。当たり前ですが、そもそも有料のチャンネルは、契約していないと原則として視聴することはできません。また、契約していても、受信料の支払いが滞っていれば、同様に視聴できません。受信料が未払いになっている場合は、払い込みを済ませると数時間程度で再び視聴できるようになります。

地デジの特定のチャンネルだけが映らない

地デジ放送で特定のチャンネルだけが映りにくい、ノイズなどが入って見づらいというトラブルも意外に多いものです。これには全体的に電波の受信感度が弱いか、一時的な電波障害などで一部の周波数帯域の電波が弱くなっていることが考えられます。

一時的な障害が発生している場合は改善されるまで待つしかありませんが、室内外でテレビに関する配線や接触部にトラブルが発生している可能性もあるでしょう。

どうしても解決しない場合

いずれの操作を試してもテレビが見られない場合は、メーカーや電気店に問い合わせてみましょう。

またアンテナなどの都合で、視聴トラブルを解消することが難しい場合、インターネット経由でのテレビ放送受信に切り替える方法もあります。インターネット回線さえ快適に接続できていれば、アンテナの受信状況に依存せずテレビ放送を楽しむことが可能です。

おわりに

今回は、テレビの視聴環境に関するトラブルとその原因についてご紹介しました。テレビが映らなくなるトラブルは、思った以上にストレスになるばかりか、生活リズム全体に障害が出てしまう事態にもなり得ます。早めに解決できるように、ぜひ対策をとりましょう。

転居や新築でテレビの位置や機種が変わったときにも起きやすいトラブルが多いため、お引っ越しされたなどのタイミングでテレビがうまく視聴できなくなった方も、ご紹介した対策をぜひお試しください。

リペアネットワークでは、テレビ以外にも家電のトラブルに関するさまざまな情報をお届けしています。ぜひ、他のコラムもご覧になってください。

液晶テレビで困った時は
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する