どう違うの?オーディオにおけるプリアンプとパワーアンプの役割・違い

オーディオ機器が良い音を出すために、欠かせない装置がアンプです。家庭用のオーディオコンポーネントや一体型オーディオシステムなどの製品では、このアンプを機器に内蔵しているものも多数あります。しかし、より自分好みの音響にこだわりたい方の中には、アンプを単体で購入して他の機器と組み合わせたシステムを考えている方もいるでしょう。

今回は、音にこだわってオーディオ機器を選びたい方のための、アンプに関する基礎知識をご紹介します。特に最初に迷いやすい、プリアンプとパワーアンプの違いについて主に取りあげます。この違いが分かっていれば、アンプ選びもスムーズになるでしょう。

アンプの役割

アンプの役割

アンプ=amplifierの、元々の意味は「電気信号の増幅器」のことを指します。プレーヤーから機器に伝わる音の電気信号は非常に小さいため、アンプが電気信号を増幅することで、スピーカーから大音量で快適に聴ける音にする必要があるのです。

プリアンプとは

プリアンプは、日本語に直訳すると「前置増幅器」です。スピーカーで再生できるレベルまでの信号の増幅は行っていませんが、その前段階で音源のソース(CD、チューナー、アナログレコードなど)の選択をはじめ、左右のスピーカーのバランス調整や音量、音質の調整などの機能を持っています。

パワーアンプとは

パワーアンプとは

パワーアンプは、プリアンプから送られてくる電気信号をさらに増幅させ、スピーカーから再生できるレベルにすることが役割です。電気信号は、「ピックアップ→プリアンプ→パワーアンプ」の順に送られる過程で、スピーカーで聴取できるレベルにまで増幅されます。

プリアンプ+パワーアンプ=プリメインアンプ

プリアンプとパワーアンプは本来別々の機器ですが、この2つのアンプの機能を1つにまとめた「プリメインアンプ」と呼ばれる、いわゆる複合型のアンプが増えています。オーディオの音質にはある程度こだわりたいが、掛けられるコストや設置場所の面で制限がある方などには選択しやすい点が特徴です。

また、最近人気が高まっているハイレゾ音源にも対応する機種が増えています。プリアンプとパワーアンプの知識に乏しい場合でも使いやすいため、オーディオ初心者の方にもおすすめできるものがプリアンプです。

ただし、オーディオ機器や音質に深いこだわりを持つ方たちの間では「プリアンプとパワーアンプは別々で選んだ方が音質を良くできる」という意見が根強くあります。

そのため、プリメインアンプの中でも、プリアンプ部とパワーアンプ部をそれぞれ単独でも使用できるタイプ(セパレートタイプ)が人気です。セパレートタイプの場合、使い始めの段階では一体型のプリメインアンプとして手軽に使用でき、よりハイレベルな音を求めたくなったときに、さらなる需要にも対応できます。

これらの機種はプリアンプかパワーアンプのいずれかを単体で増設することで、さまざまなカスタマイズが楽しめるため、将来的にコツコツ機器をそろえていきたい方にもおすすめです。

プリアンプとパワーアンプを分離させるメリット

便利で手軽なプリメインアンプでも十分な機能を果たしますが、プリアンプとパワーアンプを別々に選択する意義はどこにあるのでしょうか?

1.繊細な調整を各アンプで行え、性能を最大限に発揮できる

一体型のプリメインアンプでは、プリアンプとパワーアンプそれぞれの機能を最大限に引き出すことが難しくなります。分離・独立させることで、それぞれの役割を存分に発揮させられるのです。

2.プリメインアンプは電源容量や回路の機能に制限が生じる?

プリメインアンプは、2つの異なる機能を同時に使用しなければならない以上、電源系統は1つに集約されることになります。そのため、それぞれの機能・性能に見合った十分な電源容量が確保できていない可能性があるのです。また、まったく別の機能を同じ箱の中で同時に働かせることによって、ノイズを拾いやすくなる傾向もあります。

3.さまざまなメーカーの機種同士を組み合わせて楽しめる

オーディオ機器にこだわる方が、セパレートアンプを好む大きな理由の1つに、プリアンプ・パワーアンプを好みで組み合わせられるという点があります。プリアンプとパワーアンプそれぞれにさまざまな種類があり、こだわる方は好きなメーカーや音の傾向があるため、理想的な音の組み合わせを追求したくなる方も多くいるのです。

映像機器を組み合わせる場合はAVアンプもアリ

AVアンプ

オーディオ専門店でアンプを探していると、AVアンプと呼ばれる機種も多く選べるようになっています。なお、AVアンプとプリメインアンプを同じもの、似たようなものと思っている方もいると思いますが、実はこれらはまったく別物です。具体的には、以下のような違いがあります。

プリメインアンプ

プリメインアンプは、あくまで音に関するコントロールのみを行う機器です。

AVアンプ

AVアンプは、プリメインアンプの機能の他、映像機器へ信号を分配する機能(AVセレクタ機能)や、音場空間をさまざまな映像や音源に合わせて調整する機能を併せ持つ機器です。

最近のAVアンプには、自動音場補正機能を搭載している機種もあり、それらは再生する音源や映像に合わせて適正な音質に自動で調整を行ってくれます。

あくまで音楽を鑑賞するためのオーディオ機器を求めている方なら、プリメインアンプやセパレートアンプを選択することがおすすめでしょう。しかし、DVD・ブルーレイ機器を組み合わせてテレビやプロジェクターでの映像も同時に楽しみたい場合は、AVアンプが適しています。

レトロな真空管アンプが人気である理由

真空管アンプ

一般的に現代のアンプでは、トランジスタという部品によって音源信号の増幅が行われています。しかし一昔前までは、真空管という部品が増幅の役割を受け持っていました。取り扱いが手軽でコストが低く済むことなどから、真空管に代わりトランジスタが採用されるようになり現在に至りますが、近年では真空管タイプのアンプが再び人気を集めているのです。

真空管アンプは、トランジスタによって作られた音よりも温かみや柔らかさのある音が楽しめることに定評がある他、そのレトロ感や高級感のある外観も支持を集めるポイントとなっています。真空管アンプは、現状ではトランジスタタイプのアンプよりかなり高価で希少ですが、自分の理想的な音を求めていたら真空管にたどり着いたという方もいるほどです。

おわりに

今回は、これからオーディオシステムを構築しようと思っている方のために、プリアンプとパワーアンプの違いやそれぞれの役割、またプリメインアンプやAVアンプの機能・性能などについてご紹介しました。

オーディオ初心者の方が、いきなり高性能で高価な機器を選ぶことはハードルが高いかもしれません。しかし、そのような方のために、初めは便利で手軽に使用できる機種から、後にハイレベルな音響効果を求めるようになることを想定して拡張性を持たせている機種など、手を出しやすいものも増えています。

分からないことがあれば専門店のスタッフに相談し、自分の求める音に近いアンプ選びをしましょう。

テクニカル九州では、オーディオアンプ以外にもさまざまな家電や電化製品に関する情報を掲載しています。ぜひ、他のコラムもご覧になってみてください。

アンプ・オーディオ機器で困った時は