パソコンの初期化をするにはどうすればいい?データの初期化方法と注意点

パソコンを使用していると、いろいろなトラブルに遭遇することがあります。そして、それらのトラブルを解決する際の最後の手段として覚えておきたいのが、パソコンの初期化です。

パソコンがコンピューターウイルスに感染して動かなくなってしまった時や、誤って重要なシステムファイルを削除してしまい、パソコンが正常に動作しなくなってしまった時などに改善が期待できます。

初期化するとパソコンのデータはすべて削除され、購入時の状態に戻すことができます。あくまで最後の手段ですが、緊急時に備えてパソコンの初期化方法は覚えておきたいところです。今回はこのパソコンの初期化方法についてご紹介します。

パソコンの初期化方法について

一口にパソコンの初期化と言っても、複数のやり方があります。よく用いられる初期化方法は以下の3つです。

リカバリー領域から初期化

市販されているパソコンの多くには、何かトラブルが生じた場合に備えて、HDDなどの記憶媒体にパソコンの初期化を行うための情報が書き込まれた領域が用意されています。これを「リカバリー領域」と言います。

リカバリー領域を利用することで、パソコンの初期化を行うことができます。リカバリー領域の利用は、パソコンの初期化方法の中で最もスタンダードな方法です。リカバリー領域を使った初期化は、他の初期化方法に比べて、初期化完了までの作業スピードが速いというメリットもあります。

ただし、HDDそのものに異常が発生していて、HDDが読み込めなかったりする場合や、リカバリー領域を誤って削除してしまっていたりする場合、初期化できなくなってしまうというデメリットがあります。

リカバリーディスクを使用して初期化

次によく使われる方法が「リカバリーディスク」を使用して、パソコンを初期化する方法です。リカバリーディスクとは、その名の通りパソコンをリカバリーするディスクのこと。パソコンを購入する際に付属していることもありますが、最近ではリカバリー領域がHDDに内蔵されていることが多いため、リカバリーディスクが付属していることは少なくなっています。

そのため、リカバリーディスクは、パソコン購入時に自分で作成しておく必要があります。リカバリーディスクの作成方法は、パソコンのメーカーやOSの種類によって異なります。各メーカーでリカバリーディスク作成用のツールが用意されていることが多いので、パソコンの説明書をよく読み、作成しておくことがおすすめです。リカバリーディスクを作成しておけば、万が一、パソコン内のリカバリー領域に不具合が生じた場合でも、パソコンの初期化を行うことができます。

インストールディスクを使用して初期化

「インストールディスク(ソフトウェアをパソコンにインストールするためのCD-ROMやDVD-ROM)」を使用して初期化する方法もあります。

自作のPCを使用していて、リカバリー領域やリカバリーディスクがそもそもない場合や、HDDの不具合でリカバリー領域を使用することができず、リカバリーディスクも準備していなかった場合などに取られる方法です。

パソコンを初期化する際の注意点

パソコンを初期化する際に、以下の注意点を必ず確認してください。

データのバックアップを取っておく

データのバックアップ

使用しているOSにもよりますが、パソコンの初期化を実行すると、基本的には自分でインストールしたアプリケーションや写真、テキスト、文書ファイルなどのデータがすべて消去されてしまいます。

OSによっては、完全初期化するのではなくデータを残したままパソコンをリフレッシュする機能がある場合もありますが、それでも万が一ということもありますので、パソコンの初期化を行う前には、バックアップを取っておくのが安全です。

解決策として初期化が適しているか確認

初期化は最適な解決策かを確認

パソコンの初期化を行う場合、パソコンに何かしらの不具合が起きていて、それを解決するために初期化を行うケースが多いかと思いますが、不具合の原因が本当に初期化で改善されるのか調べてみることも大切です。

というのも、ソフトウェア系の異常はパソコンの初期化で直ることが多いですが、ハードウェアに異常がある場合は、初期化しても改善されないことがあるからです。

パソコンのHDDが故障していたり、CPUやマザーボードなどに不具合が生じていたりする場合には、初期化を行ってもあまり意味がありません。ハードウェアの異常の場合は、修理パーツ交換が必要になってきます。

時間を十分確保しておく

パソコンの初期化には時間がかかる場合がありますので、スケジュールに余裕のある時に行うようにしましょう。

外出する予定がある時などに初期化作業を行うと、時間が来ても終わらず、初期化作業中に電源を落とさなければならないという事態にもなりかねません。パソコンの初期化作業中に電源を落とすと、正常に処理が終了せず、パソコンの状態をさらに悪化させてしまうことにもつながります。

電源コードを使用する

デスクトップパソコンの場合は関係ありませんが、ノートパソコンの初期化を行う場合は、必ず電源コードを使い、バッテリーが切れないようにしておきましょう。パソコンの初期化作業中に、バッテリー切れを起こしてしまうと、初期化がきちんと完了せず、症状がかえって悪化してしまうかもしれません。

パソコンの初期化方法、具体例(Windows8.1、Windows10)

ここでは、リカバリー領域を使用した、Windows8.1でのパソコンの初期化方法をご紹介します。

1.まず、画面左下にあるWindowsの「スタートボタン」をクリックします。

スタートボタン

2.スタートメニューが開いたら、マウスカーソルを画面右端に移動し「チャームバー」を表示させます。

チャームバー

3.チャームバーの中から[設定]のボタンをクリックします。

設定

4.[設定]のメニューが開きますので[PC設定の変更]をクリックします。Windows10の場合は、設定から更新とセキュリティをクリックします。

PC設定の変更

5.PC設定のウィンドウが起動しますので、メニューの中から[保守と管理]をクリックします。Windows10では、左側にある回復をクリックします。

保守と管理

6.[保守と管理]の画面が開きますので、メニューの中から[回復]をクリックします。すると、パソコンの初期化に関するボタンが表示されますので、行いたい初期化の種類を選択します。完全な初期化を行いたい場合は[すべてを削除してWindowsを再インストールする]を選びます。自分の状況に応じて、適切なメニューを選ぶと良いでしょう。ここからはWindows10も

一緒です。

回復

7.あとは、画面の指示に従って手順を進めていけば、パソコンの初期化は完了です。

おわりに

パソコンの初期化は、パソコンの論理的な障害を修復する際に役立つ方法です。ですが、初期化の作業には手間も時間もかかります。バックアップしておいたデータの復旧やインストールしていたアプリケーションの再インストール・再設定、パソコンのパスワードの再設定、ネットワークの再構築など、やり直さなければならないことがたくさん発生します。

ですので、パソコンの調子が悪くなったからといって、すぐに初期化をするのではなく、きちんと原因を調べ、解決方法が初期化以外にないと決まった時点で初めて実行することをおすすめします。パソコンの初期化は、どうにもならなくなった場合の最後の手段として、認識しておくと良いでしょう。

ドクター・ホームネットでは、パソコンの初期化方法だけではなく、さまざまな電化製品に関するトラブル解決についてコラムを掲載しております。ぜひ、その他のコラムもご覧になってください。

パソコンやインターネットで困った時は
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-713-835 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
今すぐお電話で相談したい方はこちらをタップ 0120-713-835連絡先に追加する