パソコンを使っていたら急に電源が落ちる原因と対策を徹底解説

パソコンを使っていたら急に電源が落ちる原因と対策を徹底解説

パソコンを使っていて急に電源が落ちた経験はありませんか?急に電源が落ちるのには、いくつかの原因があります。この記事では、パソコンを使っていて急に電源が落ちる原因と、落ちないようにするための対策方法を徹底的に解説します。

パソコンの電源が急に落ちる場合に考えられることとは

パソコンの電源が急に落ちる場合に考えられることとは?

パソコンの電源が急に落ちるのには、大きく3つの要因が考えられます。ここでは、それぞれの要因について詳しく解説していきましょう。

環境的な要因の場合

はじめの要因は電源や熱といった環境的な要因です。

パソコンが高熱になってしまう

当然ながらパソコンは精密機器です。精密機器というのは熱に弱いという特性があるため、パソコンが高熱になってしまうことが原因で電源が急に落ちたり、予期せぬ動作を起こす可能性があります。

なぜパソコン内に熱がこもってしまうのでしょうか?それは、パソコンの内部にある冷却ファンが関係しています。

冷却ファンというのはパソコン内部にあり、名前の通りパソコンを冷却するためについているものです。この冷却ファンが正しく作動しなくなってしまうと、パソコンが冷却されずに高熱になってしまうケースがあります。

冷却ファンは、ゴミやホコリが溜まりやすいため、こまめにメンテナンスしてあげることが重要です。ゴミやホコリが溜まっているとうまく動作できなくなってしまい、パソコン内部に熱を溜めることになってしまいます。

ゴミやホコリをとっても解消されない場合には、冷却ファンの交換も必要です。

充電が足りていない(ノートパソコンの場合)

ノートパソコンの場合は、使用中にバッテリー残量が少なくなって強制的に電源が落ちてしまうケースがあります。ノートパソコンは、バッテリーに充電することで必要な電力が供給され、電源につなげなくても利用可能です。

例えば、スマートフォンを使っている人であればわかると思いますが、充電をし忘れて電源が起動できなくなってしまった経験はありませんか?ノートパソコンでも同様で、バッテリー残量がなければ電源はつきません。

ノートパソコンを使っていて電源が急に落ちた場合は、バッテリー残量が十分であったかという点を確認してみましょう。

バッテリーの劣化(ノートパソコンの場合)

先ほど充電が不十分だと電源が急に落ちる原因になると説明しました。では、バッテリー残量が十分であるにもかかわらず電源が落ちてしまった場合には、どのようなことが考えられるでしょうか。

それは、バッテリーの劣化によって電源が急に落ちてしまったと考えられます。

バッテリーは使用していると必ず劣化していくものです。スマートフォンを利用している方であればわかるかもしれませんが、購入した当時はバッテリー残量も長持ちします。しかし、何年間か使用を続けていくうちにバッテリー残量の減りが早いなあと感じることはありませんか?

前までは充電しなくても二日持っていたのが、一年後には一日でバッテリーが持たなくなってくると思います。使っている機種によっては、バッテリー交換を無料でできることもあるので、バッテリーの持ちが悪いときはバッテリーの交換をすると解消されるでしょう。

ではなぜバッテリーの減りが早くなってしまうのでしょうか?バッテリーの減りが早くなるのはバッテリーの劣化によるものです。何度も充電を繰り返したり、充電器をつないだまま負荷の高いアプリを起動していると、それだけバッテリーの劣化も早くなります。

これはパソコンに関しても同じで、特にノートパソコンの場合は充電を続けていくことで自然とバッテリーが劣化していきます。バッテリーの状態が悪くなってしまうことで、起動後に電力が足りなくなり電源が落ちてしまうのです。

ノートパソコンを使用している方であれば、普段から充電が終わったら電源ケーブルを外し、バッテリー残量が減ってきてから充電しなおすような使い方をすると劣化のスピードもおさえられます。

電源プラグに問題がある

電源プラグといってもいくつかの原因が考えられます。まずはパソコン本体の電源ユニット部分のケーブルです。しっかりと差し込んでいるから抜ける心配はないだろう、と思っている方もいらっしゃると思います。意外と忘れがちな部分なので、確認の意味を込めて見ておきましょう。

次に、パソコンの電源ユニットからコンセントに挿している部分です。ここも先ほどと同様に、何かのきっかけで不意に抜けてしまう場合があります。最後に、電源を壁に取り付けている電源から取っている場合は、壁のコンセントが抜けていないかも確認しましょう。

これらのケーブルは、普段から挿しっぱなしにしているケースが多いと思います。普段から意識していないため、いざ電源がつかないときに気付きにくいポイントの一つです。こういった初歩的な部分でつながらないケースが多くみられるので、電源がつかないときには確認するようにしましょう。

電力不足

パソコンに電力が供給されていたとしても、多くの電力を使用している場合は電力不足によって電源が急に落ちてしまうことが考えられます。

多くの電力を使用することとしては、オンラインゲームのようなグラフィックを使用した重い処理を実行すると電力消費につながります。

特に自作パソコンやBTOパソコンを使っている人の場合、グラフィックボードの増設やメモリの増設によって電源容量が不足するケースが多いです。

ハードウェアが原因の場合

ハードウェアとは、パソコンを構成している部品のことです。ディスプレイ、ハードディスク、メモリ、マザーボードなどがあげられます。パソコンと一言で言っても、内部では多くの部品によって構成されているのです。

ハードウェアはパソコンを起動する上で必須のものです。不具合が起きていると当然ながらパソコンの起動にも悪影響が出てしまいます。

メモリの不具合

メモリはパソコンのファイルを一時的に記憶する役割があります。メモリの容量が大きいと、それだけパソコン内で多くの作業ができるのです。

メモリは、作業場のようなものだと思ってください。例えば、机の上で作業をするとしましょう。そうすると、机の上は広い方が多くのものを置けるためそれだけ作業効率が上がります。

メモリにおいても、パソコン内における作業場のようなものだと覚えておきましょう。つまり、メモリ不足とは、作業場に多くのものが置かれていて狭くなっている状態を指しています。

作業場が狭くなってしまうと、それだけ作業が進みづらくなってしまうためパソコンの動作に影響が出てしまうのです。他にも、メモリ不足によってファイルやアプリが開けないことがあります。アプリケーションを開くときにもメモリの容量を必要とするためです。

メモリに不具合が起きていると、パソコンの動作が不安定になったり、キーボードやマウスが正常に使えなくなったり、強制的に電源が落ちることがあります。

ハードディスクの損傷

ハードディスクというのは、パソコン内部のデータやファイルを保存しているものです。実はOSファイルも、ハードディスク内に保存されています。パソコンが急に落ちてしまうというのはOSが原因の可能性があるため、ハードディスクが故障している可能性も考えられるのです。

OSが呼び出されるときにはハードディスクのOSシステムファイルが呼び出されます。ここでうまく呼び出されなければ、当然ながらOSは立ち上がりません。

パソコンはハードディスクとOSファイルが正常でないと起動できないのです。

ソフトウェアが原因の場合

CPUに大きな負荷をかけている

CPUとは、パソコンの中でも頭脳と呼ばれている部分で、マウス、キーボード、ハードディスク、メモリー、周辺機器などからデータを受け取りコンピューター内の制御・演算を担当します。

CPUはパソコンの中でも特に負荷がかかりやすく、CPUへの負荷が高いとパソコンの電源が急に落ちることがあります。

ウイルス感染

ウイルス感染により、パソコンが予期せぬ動きを起こすケースがあります。ウイルスは、いついかなるときに混入するかわかりません。

USBを使ってデータを吸い上げたときに、USBがすでにウイルス感染していればそのパソコン内にウイルスは混入してしまいます。他にも、悪意のあるサイトやメールを開いたときに感染するケースもありますし、ソフトウェアをダウンロードしたときに感染することもあります。

ウイルスの混入を防ぐためにも、セキュリティソフトの導入やOS・ソフトウェアのバージョンアップは頻繁に実施しておくのがおすすめです。

お問い合わせはこちら

電源が急に落ちる場合に実施したい対策

パソコンの電源が急に落ちる場合に実施したい対策

電源が急に落ちる原因について分かったところで、電源が落ちた場合に実施したい対策が知りたいところです。ここでは、パソコンの使用中に急に電源が落ちた場合に実施したい対策をご紹介します。

電源プラグを見直す

電源が落ちるときには、しっかりと電源がパソコンに供給されているのかを確認しましょう。タコ足配線になっている場合、電力がうまく供給されないケースがあるので、直接壁から電源をとるなどを対策が必要です。

デバイスを全て外して時間をおく

電源が落ちていることを確認したら、デスクトップパソコンの場合はACアダプターまたは電源コードを抜きます。ノートパソコンの場合は、バッテリーを取り外しましょう。

次に、パソコンにつないでいるマウス、キーボード、USBなどの外部デバイスや周辺機器を全て外します。その後しばらく時間をおきましょう。

他にも、増設したパーツがある場合にはそれらを全て外す必要があります。こうすることで不要な電力が放電されて、クリアな状態で電源を立ち上げることができるのです。

ハードウェア診断を実行することで、ハードウェアのどの部分に原因があるのかを特定できます。

ハードウェア診断を実行するには、購入したパソコンメーカーのロゴマークが出る画面でBIOSを立ち上げます。BIOSが立ち上がったら、Diagnosticsというのを実行するとハードウェアの診断が開始されるのです。

BIOSとは、ハードウェアや周辺機器の制御をおこなっているソフトウェアのことで、パソコンが起動されるとまず始めに実行されます。

このBIOSを起動して診断をすることで、ハードディスクに障害があるのがわかったり、メモリに問題があったり、CDドライブに問題があることがわかります。

特に多くみられるのが、ハードディスクの故障かメモリの故障です。ハードディスクにはOSの情報が入っているため、当然ながら故障しているとOSを呼び出せないためパソコンも立ち上がりません。

メモリに関しても、パソコンを起動すると一時的にファイルが置かれます。ここが故障していては、ファイルの置き場所がなくなってしまうためパソコンが起動しないのです。

ハードウェア診断を使って原因を特定したら、その部品の交換をおこないましょう。部品の交換については、慣れている人であれば自分で部品を購入しておこなっても構いません。しかし、普段はただパソコンを使っているだけだという人の場合は、修理業者に依頼して部品の交換をおこなった方が確実です。

OSの再インストールを行う

電源が急に落ちる場合は、OSファイルに問題があるケースも考えられます。OSの再インストールをすることで解消する場合もあるのです。

ただし、OSの再インストールをする場合には、必ずデータのバックアップを取ってからおこなうようにしましょう。OSの再インストールにより、ハードディスク内に保存しているファイルやデータに影響が出る場合があります。

パソコンの電源が落ちる場合はこちら。ドクター・ホームネットにお問い合わせ。

パソコンの電源を守るために普段から実施したいこととは

パソコンの電源が急に落ちる場合は、普段のメンテナンスが不十分であることが多いです。ここでは、普段から実施したいメンテナンス方法についてご紹介します。

パソコン内部のゴミやホコリを定期的に取り除く

パソコン内部のゴミやホコリは、熱をこもらせる要因となってしまうため定期的に取り除く必要があります。特に、ゴミやホコリがある場合には冷却ファンがうまく機能しなくなる可能性があるため、定期的に清掃しておきましょう。

パソコンを使用する部屋の温度を調節する

パソコンは電子機器のため温度の変化に弱いです。暑すぎたり、逆に寒すぎたりする環境ではパソコンが正常に動作しない場合があります。

エアコンを使うなどして部屋の温度をちょうど良い温度に保つようにしましょう。

パソコンを使っていて急に電源が落ちる原因とそのときの対応策

パソコンを快適に利用するために普段から気をつけよう

今回は、パソコンを使っていて急に電源が落ちる原因と、そのときの対応策について解説しました。

パソコンの電源が急に落ちる場合、電源がうまく供給されていない、またはハードウェアやソフトウェアに問題があります。どこに問題があるのかをしっかりと切り分けることで取るべき対応策が異なります。まずは原因がどこにあるのかを明確にすることから始めましょう。

パソコンの電源が落ちる原因を自分では見つけられない場合は、パソコン修理の専門会社に相談してみましょう。メーカー修理が可能な場合もありますが、メーカー修理のほうが費用や時間が余計にかかることは多々あります。

おすすめの修理会社は「ドクター・ホームネット」です。電話1本で最短当日中に駆けつけてくれ、土日祝日でも営業しているので困ったときにすぐに相談ができます。故障なのかどうなのか判断できない場合でも相談に乗ってくれるため、パソコンのことで困ったときは気軽に連絡してみましょう。

パソコンの電源が落ちるなど動作不良で困ったら相談する
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
24時間受付 Webで申し込む
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する