IT×金融で決済の仕組みが変わる!今注目のフィンテックとは

最近、「フィンテック」という言葉をニュースや新聞などで目にする機会が増えました。ただ、フィンテックは金融業界に関係する言葉のため、一般的には深く知られていないケースが多いかもしれません。しかし、フィンテックの意味をよく知らなくても、フィンテックを利用したサービス自体は私たちの生活に密接しているのです。

今回は、フィンテックの意味や、フィンテックが私たちの生活にどのように関わっているのかについてご紹介します。 

「フィンテック」ってどういう意味?

フィンテックは英語で「Fin Tech」と表記しますが、もともと存在していた言葉ではありません。フィンテックは金融を意味する「Finance(ファイナンス)」と、技術を意味する「Technology(テクノロジー)」を組み合わせて作られた造語です。日本語では、カタカナ読みでフィンテックと呼ばれる以外に、「金融IT」や「金融テクノロジー」とも表されます。

フィンテックは、金融にIT技術を導入し、私たちの経済活動を便利にしていくサービスや、それらのサービスを提供する企業のことを指します。フィンテックが私たちの生活に身近である理由として、金融が利用するIT技術が進化を続けていることと、スマートフォンの爆発的な普及が関係していることが挙げられます。さらに、投資家やトレーダーたちもフィンテックの分野に注目しています。世界的に見てもここ数年でフィンテックへの投資額は飛躍的に伸びており、今後も急速に発展していくことが予想されています。

ちなみに、フィンテックのサービスに関してはアメリカが先行しており、決済や口座管理、資産運用などにIT技術が応用されています。このように、フィンテックから派生した便利なサービスが、続々と展開しているのです。

フィンテックによる決済の仕組み

1.スマートフォンでの決済

スマートフォンでの決済

それ では、フィンテックが実際に適用されているサービスをいくつかご紹介します。私たちになじみのあるサービス事例は、「モバイル決済」ではないでしょうか。

「モバイル決済」は、普段持ち歩いているスマートフォンを決済端末にかざすだけで簡単に決済ができる仕組みです。これによって、財布の中からわざわざクレジットカードを探さなくてもよくなりました。このようなモバイル決済の仕組みは、金融とITを組み合わせたフィンテックの分かりやすい事例といえるでしょう。

今まではクレジットカードを忘れてしまった場合、仕方なく現金で支払うか、買い物を諦めるケースもあったかもしれません。しかし、スマートフォンでのモバイル決済ができるようになり、消費者がクレジットカードを持ち歩く必要がなくなりました。出かける際に必ずといって良いほど携帯しているスマートフォンがあれば、購入するタイミングを逃すことはありません。

さらに、モバイル決済は消費者だけではなく、店舗側にも恩恵があります。これまでのクレジットカード決済では、クレジットカードの決済機器を購入して電話回線などを利用しなければ設置できませんでした。ところが、モバイル決済であれば簡単な機器をスマートフォンに取りつけるだけで決済可能なため、最小限の準備をするだけで済むのです。

さらに、モバイル決済の実施環境を整えることで消費者の利用が増えれば、店舗の売り上げアップにも期待が持てるでしょう。

2.ユニバーサルクレジットカードで、クレカを1枚に

クレジットカードやキャッシュカードを何種類か所持している方は多いと思います。しかし、すべてのカードを持ち歩こうとすると財布がいっぱいになってしまうことも。フィンテックなら、このような事態も回避できます。

その回避方法が、手持ちのカードを1枚にまとめる「ユニバーサルカード」という方法です。ユニバーサルカードを利用すれば、カードの使い勝手は格段に便利になります。例えば、クレジットカードを紛失してしまったとき、カード会社に連絡をしてカードを停止してもらう必要がありますが、ユニバーサルカードでは遠隔操作でカードそのものを止めることが可能です。

3.指紋認証で「手ぶら決済」

指紋認証で手ぶら決済

フィンテックの可能性はモバイル決済にとどまりません。今や、指紋認証を利用して決済を行うところまで進んでいるのです。

指紋認証の仕組みは銀行のATMなどでも導入されていますが、さまざまなベンチャー企業が開発を進め、さらに高性能な認証の仕組みができつつあります。

指紋認証で決済が可能になれば、現金やクレジットカード、スマートフォンさえも持たずに買い物ができるようになるかもしれません。

仕組みの例としては、まず指紋を読み取る装置に自分の指紋を記憶させ、スマートフォンの番号と結びつけておきます。そして買い物をしたときに自分の指紋で決済を行えば、振り込みの案内などが自分のスマートフォン宛てに送られてくる、というものです。

このような仕組みを利用し、自分の指紋と結びつける情報をもっと増やせば、指紋1つでさまざまなことが実現できるようになるでしょう。例えば、指紋とパスポートの情報を連携しておけば、海外でホテルのチェックインを指1本で済ませることができるかもしれません。また、各種のクーポン券などの情報も登録可能になれば、さらに利便性は増すと考えられます。

4.家庭や企業のお金の管理を自動化

フィンテックは、企業の資金管理のほか、家計簿をつけるときにも役立ちます。

企業の会計管理をサポートするツールは、すでにいろいろと提供されています。これらのツールは、会計に関する入力作業をサポートするだけではなく、分析レポートを自動で作成してくれるなど、とても有能なツールです。このツールを活用すれば、人件費の節約はもちろん、業務効率化も果たせるようになります。場合によっては、経営判断補佐の役割を任せることもできるでしょう。

一方、家計簿もフィンテックを活用すれば簡単にまとめることができます。自分のカード情報や銀行口座の情報を登録しておくだけで、お金の入出記録が自動で収集されるのです。領収書や請求書を確認しながら自分で家計簿をつけるとなると、大変な時間と手間がかかりますよね。しかし、フィンテックで実現する管理の仕組みを利用することで、簡単に残高や食費の合計などを把握できるのです。

さらに、これまで家計簿をつけるのに使用していた時間を、趣味や他の家事に割り振ることが可能になれば、生活全体がより豊かになるかもしれません。

フィンテック (日経文庫)

フィンテック (日経文庫)

この1冊ですべてがわかる!

おわりに

フィンテックという用語自体は難しそうでも、実際に活用されているのは私たちの身近なところばかりです。

フィンテックは、私たちの経済活動をより簡単・便利にしてくれる便利なテクノロジーです。電子マネーやインターネットバンキング、指紋認証など、今後もさまざまな金融関係のサービスが発展していくことでしょう。

また、仮想通貨の「ビットコイン」もフィンテックが深く関わっています。すでに世の中が利便性にあふれていることを実感している、という方もいるのではないでしょうか。今後も多くの金融機関とフィンテックが連携されれば、より高度なサービスの提供が受けられるようになります。フィンテックの発展によって、さらに便利な世の中になっていくことが期待できるのです。

ドクター・ホームネットでは、ITに関わるさまざまなコラムを多数掲載しています。他のコラムも、ぜひご覧ください。

パソコンやインターネットで困った時は
サポートご予約専用ダイヤルを見る 今すぐお電話で相談したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
サポートご予約専用ダイヤルを見る 今すぐお電話で相談したい方はこちらをタップ連絡先に追加する

サポートご予約専用ダイヤルは、パソコン修理と家電修理で異なります。
お間違えのないようご注意ください。

パソコン修理 家電修理
基本料金+環境・トラブル診断料金+作業料金が発生いたします。
0120-713-835
受付時間 9:00~21:00
(年中無休)
出張料金+診断料金+技術料金+部品代が発生いたします。(出張修理の場合)
096-380-1945
受付時間 9:00~18:00
(年中無休)