オーディオシステムの音質を向上させる簡単な方法

音楽鑑賞をする方なら、ご自宅のオーディオシステムの音質がもう少し良くなればいいのに、と思ったことがあるはず。「でも、オーディオにお金をかけ始めれば青天井だといわれているし、マニアともいえない自分が中途半端に手を出しても……」と、悩んでいる方も多いかもしれませんね。

そこで今回は、どなたでも簡単にオーディオの音質を良くすることができるテクニックについてご紹介します。できるだけお金を掛けずに、ちょっとした工夫でより高音質な音楽を楽しみましょう。

今ある設備で音質を上げられる、ゼロコストの裏ワザ集

現状のオーディオ設備に追加・改造などまったくせず、音質を向上させる「裏ワザ」のような手法は意外に数多くあるものです。しかも比較的難しくなく、どなたにでもできる方法ばかり。手間もあまり掛からないものが多いため、試す価値は十分にあるでしょう。

1.散らかっている部屋、ものが多い部屋は片付ける

散らかっている部屋

音響空間を整えておくだけでも、音質は変わります。部屋にものが多いと、良いスピーカーから出た音もそれらに吸収されたり反響したりして、音源を忠実に再現できていない音が耳に届くことになるのです。部屋が散らかっているなら、まず片付けをすることをおすすめします。

2.スピーカーの配線を接続する端子をしっかり締める

端子を締める

スピーカー端子とケーブルの接触状態によって、音質に差が出ることがあります。端子の締め方が緩ければ音がうまく伝達されないため、接続する機器の端子とともにスピーカーの締まり具合もしっかり確認しておきましょう。

3.アンプの電源コンセントは、できるだけ他の機器と共用しない

ご家庭にある電源コンセントには、2口以上のものが多いと思います。しかし、そこからオーディオ機器の電源を取る場合に、マルチタップなどで他の電化製品などと共用するとノイズを拾ってしまう可能性があります。可能であれば、電源コンセントは他の機器と共用しないようにしましょう。

4.配線が束にならないようにする

オーディオには、アンプの電源ケーブルの他、デジタル/アナログケーブルやスピーカー用のケーブルなどさまざまな配線があります。これらのスピーカー類を床の上などで束にして放置することは、音質劣化を招く原因です。特に、電源ケーブルとケーブルは離しておくように気を付けながら、それぞれの配線をできるだけ独立させて置くようにしましょう。

また、1本の配線を丸めたり束ねたりしておくことも好ましくありません。長さが余ってしまうときも束ねず、緩く曲げながら配線の1本1本を可能な限り接触させないようにして置くようにしてください。

5.蛍光灯の使用を避ける

蛍光灯の使用はその性質上、どうしてもノイズを発生させやすくなります。本来であればオーディオルームの照明には蛍光灯を使用せず、白熱灯などに切り替えることが理想的ですが、難しい場合は音楽を聴くときは蛍光灯を消すことが望ましいでしょう。もし、それも難しければ、蛍光灯とオーディオ機器の距離をなるべく離しておくことをおすすめします。

6.電源をONにしてすぐに音楽を聴き始めない

電源を入れてすぐの間は、音質も安定しないことが多くなります。音楽を聴く数分前~10分前に電源を入れ、しばらく待ってから音源を再生しましょう。より安定した音質で、音楽を楽しめるようになります。

7.スピーカーを床に直接置いたり、壁にじか付けにしたりしない

スピーカーを床や台の上に直接置いてしまうと、その材質によって音質も変化してしまいます。特にカーペットは、音を吸収し低音の響きを今1つにさせてしまう傾向があるため、気を付けましょう。

専用のインシュレーターがあれば理想的ですが、なければスピーカーの四隅に硬貨を挟むなど工夫すれば音質にメリハリを感じられます。また、同じ理由でスピーカーと壁の間にも隙間を空けてください。

8.まめに電源を入れて音を聴くようにする

電化製品はしばらく使用しない状態が続くと、本来の機能を発揮しにくくなります。1日に1回以上は電源をONにして、音を聴くようにしましょう。機器類の劣化を防ぎ、コンディションを安定させられます。

もうひと手間の音質向上策

先にご紹介した方法はすべて、お金と手間をほとんど掛けずに誰でもできる方法で、ご自宅のオーディオ機器の音質を向上させられるテクニックでした。ここでは、一歩踏み込んで少し手間を掛け、さらに音質を向上させる方法をご紹介します。

1.室内の湿度を最適な状態に調整する

質向上策の湿度調整

実は、スピーカーから出る音をより良い状態で楽しむためには、部屋の湿度が大きく関わっています。室内の湿度が高すぎることはもちろん好ましくありませんが、低すぎても音場空間としては適しません。

人が快適に過ごせる湿度と同じくらいの50%~60%ほどが、オーディオを聴くにも適した湿度といわれているため、オーディオルームは湿度の調整にもこだわってみましょう。

2.スピーカーケーブルを質の良いものに交換する

スピーカーケーブルの交換

若干コストは掛かりますが、スピーカーケーブルの交換は機器そのものを買い替えるよりは、格段に安価で確実に音質を向上させられる方法です。音響専門メーカーのオーディオコンポーネントなどは、製品に付属しているスピーカーケーブルでも比較的質の良いものが使われていますが、こだわる場合は社外品のスピーカーケーブルに替えても良いでしょう。

価格帯の目安としては、家庭用の機器なら1メートルあたり1,000円程度のケーブルでもかなり音質が向上したと感じることもあります。

3.電源プラグを正しく差し込む

コンセントには極性があることを気にされたことがあるでしょうか?

基本的には、左側(長い方)がマイナス極で右側(短い方)がプラス極です。一方、オーディオ機器の電源プラグも、よく見ると極性に合わせられるように記号や印などで指示されていることが確認できます。

ケーブル本体や差し込み口の部分に印が付けられている場合は、印がある側がマイナス極側(一般的には左側)になるよう、電源プラグを正しく差し込んでください。

4.機器本体やケーブル類はよく掃除し、ホコリや汚れの付着を防ぐ

基本中の基本かもしれませんが、オーディオ機器が常にホコリをかぶっているようでは機器本体も長持ちさせられません。こまめにホコリや汚れを落とすなど、基本のメンテナンスを忘れず行っておくようにしましょう。

また、機器本体だけではなくケーブル類もホコリや汚れが付いたままにならないよう、まめにハタキをかけたり拭き掃除をしたりするなど、意識してしっかりお手入れをしておきましょう。

おわりに

今回は、ご家庭のオーディオ機器の音質をできるだけ簡単に向上させられる方法についてご紹介しました。

オーディオ機器はさらにこだわり出すとキリがありませんが、それほどお金や手間暇を掛けなくても、決して難しくない工夫1つでぐっと音を良くできることもあります。もっと良い音を楽しむためにオーディオ機器の買い替えを検討している方は、ここでご紹介した方法から先に試すことがおすすめです。部屋の片付けや掃除、端子の確認やケーブルの交換など、すぐにでもできる簡単な工夫をして、今より格段に上質な音を聴いてみませんか?

テクニカル九州では、オーディオ機器以外にもさまざまな家電に関する情報を掲載しています。ぜひ、他のコラムもチェックしてみてください。

アンプ・オーディオ機器で困った時は