故障の原因になる?アルミホイルなど、電子レンジに入れてはいけないもの

私たちの生活に欠かせない家電といえば、電子レンジです。電子レンジさえあれば、白いご飯やゆで物、蒸し物、冷凍品などさまざまな食品の加熱・調理ができます。しかし、食材の中には電子レンジに入れてはいけないものもあるのです。それらの食品を温めたことにより、電子レンジの故障へつながりかねません。

そこで今回は、電子レンジに入れてはいけないもの、入れると危険なものについてご紹介します。安心して電子レンジを使用するためにも、ぜひ参考にしてください。

電子レンジに入れてはいけないもの【食器・容器編】

電子レンジで加熱してはいけないものとして知られているのは、金属容器アルミホイルではないでしょうか。アルミホイルなどの金属は、電子レンジが食品を温めるために放つマイクロ波(電磁波)を反射してしまう性質を持っています。この性質により、電子レンジ内にはマイクロ波が大量反射され、結果として放電を起こすのです。放電が起こると、電子レンジ内に火花が散ったりうまく温まらなかったりします。

他のキッチン容器や食器に関しては、「電子レンジ使用可能」と記載されているものもありますが、金属でなければあまり気にせず電子レンジに入れてしまう、という方も少なくありません。しかし、金属以外にも電子レンジに入れない方が良い食器や容器があるのです。以下に、具体的にまとめておりますのでぜひチェックしてみてください。

・金属容器

・ポリスチレン製のプラスチック容器(耐熱温度が低いため)

・アルミホイル

・低温で焼成された陶器類

・紙皿、紙コップなどの紙製品

・耐熱性のないガラス容器

・おわんなどの木製品

また、電子レンジで加熱できるものの、使用をおすすめできない容器があります。それは、ポリプロピレン製のプラスチック容器や発泡スチロールの容器です。プラスチック容器は、電子レンジで使用可能と記載されているものが多いのですが、加熱の際に微量の化学物質が発生する危険性が指摘されています。ただ、「電子レンジ使用可能」と明記された製品を用いた上で、加熱時間を厳守していれば問題はないでしょう。

ちなみに、安全かつ確実に食品を温めたい場合は、耐熱のガラス容器磁器シリコン容器の利用が適切です。

電子レンジに入れてはいけないもの【食品編】

先ほども少し触れましたが、電子レンジは食品を温めるためにマイクロ波を発しています。マイクロ波が食品内の水分を揺らし、熱を発生させることで食品の加熱をしているのです。

このような電子レンジの仕組みから、食べ物であればすべて温められる、というイメージを持つ方も少なくありません。しかし、実は食品の中にも電子レンジの使用を控えるべきものが存在します。電子レンジの加熱によって、食品が破裂したり発火したりする危険性もあるため、注意が必要です。

殻や被膜があるもの(卵、トマト、ウインナー)

「卵は電子レンジで加熱調理してはいけない」という話を聞いたことはありませんか?卵に限らず、電子レンジで加熱できない食品として「殻や被膜があるもの」が挙げられます。例えば、ぶどう、生のトマト、薄皮のあるウインナー、めんたいこ、皮をむいていない栗、殻のついた銀杏の実などです。このような、薄い皮や膜に包まれている野菜や果実を電子レンジで加熱した場合、破裂する可能性があります。

では、殻や被膜のある食品を温めたいときにはどのようにしたら良いのでしょうか。卵であれば、中身を耐熱容器に出しほぐしてから温めてください。トマトやウインナーなどの食品も、小さく切り分けたり穴を開けたりして蒸気の逃げ場を作っておけば、電子レンジの加熱による食品の破裂が防げます。

粘度の高い液体

粘り気のある、ソースのような液状の食品を電子レンジで温めることも危険です。どろどろした液体が電子レンジで一気に温まると、瞬間的に沸騰することがあります。この沸騰は突沸といい、液体が庫内に飛び散る要因にもなっているのです。

カレールーやホワイトソース、パスタソースを電子レンジで加熱する際は、温めすぎないように加熱時間を控えめに設定しましょう。さらに、温めるときにラップを軽くかぶせておくと、液体が電子レンジ内に飛び散る心配もありません。

いも類

いも類を電子レンジで温めると、ボロボロに干からびたり出火したりする危険性があります。なぜなら、いも類に含まれる水分が少ないためです。そこで、いも類を電子レンジで加熱するときは、耐熱容器に少量の水といもを入れましょう。いもを水と一緒に加熱することで出火のリスクも軽減され、何よりおいしく出来上がります。

厚みのある大きな肉

肉類は基本的に電子レンジで温められますが、塊状の肉(豚の角煮、鳥のもも肉)など、厚くて大きな肉は電子レンジでの調理に適しません。厚くて大きな肉は表面が先に加熱されてしまい、内部の圧力が急激に上がります。これにより、加熱ムラだけでなく破裂する恐れもあるのです。

鷹の爪やドライフルーツなどの乾物

あまり知られていませんが、「鷹の爪」と呼ばれる、干した唐辛子も電子レンジで加熱してはいけない食品です。唐辛子には、カプサイシンという揮発性のある辛み成分が豊富に含まれており、加熱によって発火が起こるといわれています。

そもそも、電子レンジで温められる食べ物は「水分を含むもの」です。よって、鷹の爪などの乾物は、異常過熱が発生するリスクがあるため、電子レンジでの加熱は不向きでしょう。

ドライフルーツも鷹の爪と同様、乾物に該当します。ドライフルーツを電子レンジで加熱しすぎると、出火の危険が伴うのです。中でもレーズンは、ぶどうと乾物が組み合わさった食品のため、特に注意してください。レーズンを電子レンジで温めると、煙が出てしまうケースもあります。

大量の辛いものや焦げたもの

先ほどご紹介した鷹の爪もこちらに該当しますが、辛み成分を多く含むものを大量に加熱することは避けましょう。辛いものを温めると、辛み成分が揮発して電子レンジ内に充満します。そうなると、電子レンジを開けて取り出すときに目への刺激が心配です。

一方、焦げて炭化した食品については、電子レンジで加熱すると発火する恐れがあります。「部分的に焦げているだけだから大丈夫」というわけでもなく、部分的に焦げた箇所から火が出る可能性もゼロではないのです。

その他、電子レンジの利用時に気をつけること

卵など、殻や皮のある食べ物を加熱すると、破裂の危険があると先に述べています。それと同様に、食べ物を容器のまま加熱する際には「密封した状態」で温めないようにしましょう。密封状態のまま加熱すると、容器のフタが勢いよく飛ぶ恐れがあります。密封容器に入った食べ物を温めたいときには、フタを外してラップを軽くかぶせる、フタを半開きの状態にする、などの対策を行ってください。

また、電子レンジ内が食品カスや油で汚れていると、発煙や発火の原因につながります。そのため、電子レンジの取扱説明書に従ってこまめに掃除をし、きれいに保ちましょう。

パナソニック 単機能レンジ 22L ホワイト NE-EH229-W

パナソニック 単機能レンジ 22L ホワイト NE-EH229-W

蒸気センサーによって、食品の分量にかかわらずワンタッチで簡単あたため

おわりに

電子レンジは短い加熱時間で簡単に食品を温められる、大変便利な家電です。しかし、電子レンジの使用方法や留意点を厳守しないと、食品の破裂や発火、食器が溶けるというトラブルになりかねません。安心・安全に電子レンジを使用するためにも、「殻や膜のある食べ物の加熱は避ける」「プラスチック容器は電子レンジ使用可能の注意書きを確認する」「金属類は電子レンジで温めない」などに気をつけましょう。

リペアネットワークでは、電子レンジだけではなく、さまざまな家電の修理を受けつけております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

電子レンジで困った時は
サポートご予約専用ダイヤルを見る 今すぐお電話で相談したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
サポートご予約専用ダイヤルを見る 今すぐお電話で相談したい方はこちらをタップ連絡先に追加する

サポートご予約専用ダイヤルは、パソコン修理と家電修理で異なります。
お間違えのないようご注意ください。

パソコン修理 家電修理
基本料金+環境・トラブル診断料金+作業料金が発生いたします。
0120-713-835
受付時間 9:00~21:00
(年中無休)
出張料金+診断料金+技術料金+部品代が発生いたします。(出張修理の場合)
096-380-1945
受付時間 9:00~18:00
(年中無休)