デジカメを長く愛用しよう!カメラ本体とレンズのお手入れ方法&保管方法

デジタルカメラを気軽に持ち歩き、さまざまな場所で写真を撮ることを趣味としている方も多いでしょう。しかし、頻繁に携帯していれば汚れやホコリの付着も気になってくるものです。また、ご自宅で保管する場合にはその保管状況などにも気を配る必要があります。

今回は、お気に入りのデジカメを長持ちさせるためのカメラ本体・レンズのお手入れ方法と保管の基礎知識についてご紹介します。

デジカメのお手入れ・保管のために、これだけは準備しよう

 

 

クロスやブロアーを準備

デジカメといっても、レンズや本体の形状はフィルム式のカメラとさほど変わりないものです。そして、デリケートな精密機器である点も同様です。特にデジタルカメラの場合、さらに微細な部品が多用されているため、取り扱いには細心の注意を払う必要があります。

カメラをお手入れするときは、一般のお掃除用品とは異なる専用のお手入れ品を使用します。まずは、以下にご紹介するお手入れ品をそろえておけば安心でしょう。

クリーニングクロス

カメラ本体に付着したホコリや汚れを落とす、柔らかい布です。油分を除去する特殊な合成繊維で作られているものであれば、軽く拭くだけで皮脂なども落としやすくなり、おすすめです。

ブロアー

ゴムのポンプ状の部分を指で押すことで、空気が噴き出しホコリを吹き飛ばします。クロスでは落とせない溝の部分にたまった汚れや、レンズ表面についたホコリを除去するときに便利です。

レンズ専用ティッシュ

レンズを拭くとき、一般のティッシュはレンズに傷をつける可能性があるため、使用は控えた方が無難です。カメラ店で手に入るレンズ用ティッシュは傷をつけにくく、一般のティッシュより強度もあるため安心です。

レンズクリーナー

レンズ用ティッシュに染み込ませて使用する、液体状のレンズ用洗剤です。

綿棒

薬局などで手に入る、一般的なもので大丈夫です。細かい部分を掃除するときに便利です。

これらのお手入れ品をそろえて、デジカメを携帯するときにも一緒に持ち歩くようにしておくと便利です。自宅用と外出時用に分け、外出用の分はカメラバッグに収納しておけば安心です。

レンズの汚れはどうやって落とす?

レンズの汚れ

レンズが汚れると、撮影した画像にホコリや汚れが映り込んでしまう可能性があります。拭き取ろうにも、レンズに傷をつけてしまうことが心配でなかなか踏み切れないという方もいるかもしれません。

レンズを拭くときは、先に本体のホコリや汚れをハケやブロアーで落としておきましょう。それが済んだらレンズキャップ/カバーを外すか開けるかして、まずブロアーでレンズ表面のホコリを吹き飛ばします。その後、レンズ専用ティッシュにレンズクリーナー液を適量含ませて、力を入れずにレンズの汚れを拭き取ってください。

液晶モニター面が汚れたときは

液晶モニター面

ほとんどのデジカメには、液晶モニターがついています。モニター表面は指紋などで汚れやすいため、クリーニングクロスを使用してまめに拭き掃除を行いましょう。

また、液晶モニター表面に傷がつくことを防止するための「モニター保護シート」も販売されています。画面に合わせカットして使用する汎用品も多くありますが、さまざまな機種に対応した専用品も出回っていますから、ご自分の機種に合わせたものを選ぶと便利でしょう。ただし、タッチパネルとして使用できるモニターがついた機種に汎用品の保護シートを使用する場合、シートの種類によってはタッチパネルに対応していないことがあります。事前に、よく確かめてから購入しましょう。

デジカメ本体のお掃除のコツは?

デジカメ本体も、汚れやホコリを付着したままにしておけばトラブルの元になってしまいます。ここでは、複雑な形状のデジカメをきれいにお掃除するためのコツをご紹介します。

まず、本体周りにブロアーを吹いて大きなホコリを落としておきます。その後、クリーニングクロスで表面の汚れを丁寧に拭き取ります。クリーニングクロスが届かない細かい部分や、クロスで落としきれない汚れは綿棒で落としましょう。

1つ注意しておきたいのは、デジタル一眼レフのレンズを外した状態でお掃除するときです。その際、ブロアーの使用は慎重に行ってください。思い切りブロアー内の空気を噴出させてしまうと、レンズマウントの内部にある画像センサーにホコリがついてしまいます。こうなってしまうと、非常に落としにくくなりますので要注意です。

デジカメを長持ちさせるには、保管状態にも気を配ろう

デジカメの保管状態

デジカメを長く使うためには、保管の方法にも気をつけることが大切です。頑丈そうに見えるデジカメであっても、中身は非常にデリケートなもの。ただ、しまっておけば安心というわけではない点を頭に入れておきましょう。

デジカメの保管では、湿気とホコリにご用心!

デジカメの保管場所で気をつけたいのは湿度です。機械であるデジタルカメラに湿気がそれほど関係あるの?と思うかもしれませんが、デジタル一眼レフの場合は特に湿気の状態に気を配る必要があります。

カメラ好きなご親族やご親戚などが「レンズにカビが生えないように……」と言っているのを聞いたことがある方もいるかもしれません。デジタル一眼レフでも同じように、湿度が高い場所に放置しておけば、レンズにカビが生えてしまう可能性があるのです。特に、レンズ内部のカビは除去できませんから、一度生えてしまったら台無しということにもなりかねません。そのためプロのカメラマンなどは、湿度を管理するための「防湿庫」と呼ばれる保管庫にカメラを収納しているケースも少なくありません。

趣味でカメラを使う方なら防湿庫までは必要ないかもしれませんが、フードコンテナなどのシール容器の大きなものにカメラをしまっておき、乾燥剤を一緒に入れておくだけでもかなり確実な湿気対策が可能です。ただし気をつけたい点は、乾燥剤には使用期限があることです。使用期限が過ぎる前に、定期的に乾燥剤の入れ替えをすることを忘れないようにしましょう。なお、乾燥剤はカメラ店で比較的安価で手に入ります。

また、最近ではデジタル一眼レフ用に、数千円程度で入手できる簡易防湿ケースが多く出回るようになりました。扱いも手軽なため、初心者の方が湿度管理をするにはうってつけです。

おすすめしない保管場所、理想の保管方法は?

デジカメ保管でもう1点気をつけたいホコリですが、先にご紹介した大きなシール容器を選ぶことで、ホコリの侵入対策も同時にできます。

ちなみに、カメラをしまい込みがちな場所として「押し入れ」「物置」「タンス」が挙げられますが、これらの3カ所はいずれもデジカメ収納にはおすすめできかねます。押し入れは家の中でも特に湿気がこもりやすい場所ですし、物置やタンスは大抵の場合、衣類や寝具などと一緒に収納することになるため、それらに由来するホコリが舞いやすくなるからです。

理想的な保管方法は、大きなシール容器に乾燥剤と一緒に収納し、室内の冷暗所に置いておく方法。また、簡易防湿ケースに収納する方法。そしてカメラバッグを兼ねたトランクケースなどに乾燥剤と一緒にしまい、そのまま持ち出せる形で収納しておく方法でしょう。

Canon デジタルカメラ IXY 180 シルバー 光学8倍ズーム IXY180SL

Canon デジタルカメラ IXY 180 シルバー 光学8倍ズーム IXY180SL

約126gの薄型・軽量ボディー光学8倍ズームレンズ(28-224mm相当)を搭載

おわりに

今回は、デジカメを長持ちさせるためのお手入れ・保管の方法についてご紹介しました。デジカメは高額品ですから、維持や管理にも手間とお金がかかると考えていませんか?しかし実は、身近なものを活用することで、基本的なお手入れや保管は可能なのです。これを機会に正しいお手入れ方法を身につけ、末永くデジカメを大切に使っていきましょう。

リペアネットワークでは、最短であれば即日に出張修理などを行っております。お気軽にご相談ください。

デジタルカメラで困った時は
サポートご予約専用ダイヤルを見る 今すぐお電話で相談したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
サポートご予約専用ダイヤルを見る 今すぐお電話で相談したい方はこちらをタップ連絡先に追加する

サポートご予約専用ダイヤルは、パソコン修理と家電修理で異なります。
お間違えのないようご注意ください。

パソコン修理 家電修理
基本料金+環境・トラブル診断料金+作業料金が発生いたします。
0120-713-835
受付時間 9:00~21:00
(年中無休)
出張料金+診断料金+技術料金+部品代が発生いたします。(出張修理の場合)
096-380-1945
受付時間 9:00~18:00
(年中無休)