シーズン前にチェック!エアコンの動作確認と使用開始前のお掃除方法

「エアコンなしでは夏を過ごせない」という方も多いのではないでしょうか。熱中症対策の一環としても、エアコンは日本の夏には欠かせないアイテムです。暑い季節を迎えてからエアコンの不調に気づいて大慌てする前に、早めにエアコンを本格稼働させるための準備を行っておきましょう。

今回は、夏本番前にチェックしておきたいエアコンの動作確認と、使い始める前にできるエアコンのお掃除方法についてご紹介します。

エアコンを本格的に使う前の動作確認

動作確認

夏が近づいてくると暑さを感じる日も多くなり、5月の大型連休が終わった頃からエアコンを使いたくなる日が増えてきます。そこで、4月の終わりや5月の連休中などを利用して、エアコンが今シーズンもしっかり動いてくれるかどうかを確かめておきましょう。

【1】室内機のお手入れ

エアコンのスイッチを入れてみる前に、自分でできるお手入れを行っておきましょう。まず電源プラグをコンセントから抜き、プラグ周りのホコリなどをしっかり落としておきます。

もちろん、室内機周りにもホコリがついている場合があるので、ハタキやハンディタイプのダストワイパーなどでしっかり落としましょう。その後、取扱説明書やメーカーのWebサイトなどを参照しながらフィルターを外して、汚れを清掃します。

【2】室外機のお手入れ

室外機のお手入れ

エアコンは室内機と室外機で一対となっています。室内機だけでなく、室外機周りの様子もしっかり見ておきましょう。室外機の周囲に物が置かれている状態では、エアコンの動作に支障をきたすことがあります。室外機近くの物は移動させ、雑草やごみなどがあれば除去してください。

また、室外機下部には、室外機内部に水がたまることを防ぐための小さな穴(水抜き穴)が設けられています。水抜き穴にごみなどがたまると、室外機が故障する可能性があります。水抜き穴を確認し、ごみが詰まっている場合は取り除きましょう。

【3】継続して動作するかを確認

ただエアコンのスイッチをONにして、電源が入ったというだけで安心してはいけません。しばらく動作させてみて、異常や悪臭なく冷風が出るかどうか確かめましょう。電源は入ったものの、動かしているうちに不調やエラーが出てくる場合もあり得ます。さまざまな運転モードを試してみて、きちんと動作するか確認するようにしましょう。

エアコンの冷房効果を確認する方法

エアコンの電源が入って動作しても、ガス(冷媒)が抜けていれば冷房効果は十分に得られません。ガスが抜けているかどうかを判断するための簡易的な方法として、吸気口から出てくる冷気と、吹き出し口から出てくる冷気の温度を比較するという方法があります。

以下の手順に従い、確認してください。

1.小さな長方形にカットしたティッシュとピンセット、温度計を準備する

2.エアコンの温度を最も低く設定した状態で15~20分動作させる

3.ピンセットでティッシュをつまみ、エアコン本体周りでティッシュが吸い付く場所を探す(その場所が「吸気口」にあたります)

4.吸気口の場所が分かったら、吸気口と吹き出し口の温度をそれぞれ測定する

上記手順で、各箇所に数分間ほど温度計を当てて測り、「吸気口の温度」から「吹き出し口の温度」を引いた温度が「8℃」を上回っていれば、冷房がきちんと動作していると判断できます。吸気口の温度と吹き出し口の温度にあまり差がない場合、エアコンのガスが抜けている可能性があります。家電修理業者に現状を伝え、修理を依頼しましょう。

エアコンの汚れは、シーズン前にしっかりお掃除

エアコンの掃除を面倒と感じる方も少なくありませんが、掃除をこまめにすることで、エアコンを長持ちさせることができます。ここでは、ご自宅でできるエアコンの簡単なお掃除方法をご紹介します。

【1】フィルターの清掃

フィルターの清掃

エアコンのフィルターが目詰まりすると、正常な運転ができなくなることがあります。詰まったまま放置しておくとエアコン自体の不調にもつながりますから、フィルターは定期的にきれいにすることが理想的です。

まず、エアコン周りのホコリをよく落としてから、取扱説明書やメーカーサイトに記載された手順に従ってフィルターを外します。フィルターは薄くてデリケートなため、破損に気をつけて取り扱いましょう。また、ホコリがたまっているとフィルターを外したときにホコリが舞うことがありますので気をつけてください。

フィルターを外したら、ホコリが多く付着している側から掃除機をかけます。このときもフィルターの破損を防ぐため、取り扱いは慎重に行いましょう。普段のお手入れはこれで構いませんが、シーズン前やシーズン終わりには、フィルターを浴室などで水洗いするとより良いでしょう。水洗いしたときはよく乾かしてから、本体に装着するようにしてください。ただし、フィルターによっては水洗いできないタイプもあるため、注意が必要です。

【2】ルーバーの清掃

エアコンのルーバーにホコリが付着したままだと、エアコンの送風でホコリが室内に舞ってしまいます。フィルターだけでなく、ルーバーもまめに清掃しましょう。ルーバーとは、エアコンの風向きをコントロールするために吹き出し口に設けられた、板状の部品のことです。

ルーバーを清掃するときは、まず、エアコンの電源を落としてコンセントを抜いてください。吹き出し口は手で回して開けて、汚れた部分を掃除します。台所用中性洗剤を水で薄め、それでタオルや雑巾を濡らしてよく絞ったものを使うと良いでしょう。拭いた後に水分を残さないように乾いた雑巾で再度拭きます。掃除が終わったら、仕上げにエアコンを送風のみの状態でしばらく動作させましょう。

なお、ルーバーの奥に手を入れて掃除することは危険です。吹き出し口に汚れがたまっているときは、家電修理業者に依頼することをおすすめします。

エアコン内部の清掃は家電修理業者に依頼を

内部の清掃は家電修理業者に依頼

エアコン専用の洗浄スプレーも存在しますが、頑固なエアコン内部の汚れまで解決できるとは考えない方が良いでしょう。また、エアコンは電化製品であり、電装部に洗浄剤が付着することによって故障することも考えられます。フィルターを外してフィンに向かってスプレーするときは、電子基板やセンサーにスプレーがかからないように気をつける必要があります。

エアコンを快適に使用できる状態で長持ちさせるには、自分でできる簡単なお掃除をこまめに行いながら、定期的に家電修理業者へ内部の清掃を依頼する方法がおすすめです。少なくとも、シーズン前・シーズン後のフィルター清掃やルーバーのクリーニングは忘れないようにしてください。

おわりに

今回は、エアコンの活躍するシーズン前に動作状態をチェックする方法や、家庭でできる簡単なお掃除の手順についてご紹介しました。エアコンは高所に設置されていることが多いため、自分で作業をする際には台からの落下などの事故に十分注意して行うようにしましょう。真夏にエアコントラブルが起きると、心身ともに消耗してしまいます。早めにエアコンに異常がないか確認を行い、安心して暑い季節を迎えられるようにしましょう。

テクニカル九州では、エアコンの出張修理やメンテナンスを承っております。「エアコンの電源を入れても部屋が一向に涼しくならない」などでお困りの際は、ぜひご相談ください。

エアコンで困った時は