Macの作業効率が上がるマルチモニタ(ディスプレイ)とは?設定とやり方

Macを使って作業をするときに「ディスプレイがもう一つあれば便利なんだけど……」と思ったことはないでしょうか?

1台のパソコンに2台以上のディスプレイをつなぐ、いわゆるマルチモニタ(ディスプレイ)という方法があります。以前のMacではこのマルチモニタの設定が難しかったのですが、最近のMacでは複数のディスプレイを簡単につなぐことができるようになりました。また、それぞれのディスプレイの設定方法も分かりやすくなっています。

Macで仕事をするのであれば、マルチモニタにして広い画面で効率よく作業をしたいものです。

そこで今回は、普段の作業効率を上げたいと思っている方のために、Macをマルチモニタに設定する方法をご紹介します。

マルチモニタの使い方

マルチモニタの設定方法

Macでマルチモニタを利用する場合、大きく分けて2通りの方法があります。

1つは、一方のディスプレイを他方のディスプレイの拡張スペースとして使う「拡張デスクトップ」。もう1つは、追加したディスプレイにメインディスプレイと同じ内容を表示する「ビデオミラーリング」です。また、Mac Bookには内臓ディスプレイを閉じた状態で外付けディスプレイを使用するクラムシェルモードがあります。

拡張デスクトップ

拡張デスクトップの設定方法

拡張デスクトップは、2つのディスプレイを別々の画面として使う方法です。

ディスプレイが1つしかない場合、作業の内容によっては、すべてのアプリケーションやドキュメントを一度に表示させることができません。その都度必要なウィンドウを前面に表示させる必要があります。

例えば、左側のディスプレイに作業用のソフトを立ち上げ、右側には調べものやチャット用のソフトを立ち上げるなどの使い方ができます。作業スペースが広くなるため、Mac上で何かの編集作業をしたり、ドキュメントをたくさん開いて確認したりする際に非常に便利です。

作業効率を上げると業務スピードの改善につながるため、IT関係の職場では拡張デスクトップを活用しているケースも多く見られます。

ビデオミラーリング

ビデオミラーリングは、複数のディスプレイにまったく同じ画面を表示させる機能です。これは会議やプレゼンテーションを行う際に非常に重宝します。Mac Bookの場合、内臓ディスプレイでは画面が小さく複数人では見づらいため、自分でディスプレイを操作したあとで相手の方にMac Bookのディスプレイを向け直さなければなりません。

そのようなシーンでは、外付けの大画面ディスプレイを接続してビデオミラーリングすれば、大画面に映し出されたものを全員で共有しながら操作することができます。ストレスなくプレゼンテーションや会議を進められる上、拡張デスクトップと同様、業務効率のアップに大きく貢献できる機能といえるでしょう。

クラムシェルモード

クラムシェルモードは、Mac Bookを閉じた状態にすることで外付けのディスプレイを使用することができる機能です。Mac Bookを使用していて「2画面にする必要はないが、大きな画面で作業したい」場合に重宝します。

ただしMac Book自体を閉じてしまうことになるので、別途外付けのキーボードとマウスが必要になります。また、AC電源充電アダプタも必要になるので、事前に準備しておきましょう。基本的な設定方法はマルチモニタの接続と同じです。

拡張デスクトップの設定方法

それでは、実際にマルチモニタの設定方法を見ていきましょう。まずは、「拡張デスクトップ」の設定方法です。

手順

1.Macに追加のディスプレイを接続してから、電源をONにする

2.Appleメニューで「システム環境設定」を選択し、「ディスプレイ」に移動

3.「配置」タブをクリックし、「ディスプレイをミラーリング」の項目を確認する

このとき、「ディスプレイをミラーリング」にチェックが入っていると、マルチモニタはビデオミラーリングの設定になります。チェックボックスがオンになっていたら、オフにしてください。

拡張デスクトップの基本設定はこれで完了です。さらに、2つのディスプレイの位置関係などを調整したい場合は、「配置」パネルに表示されている青いボックスをドラッグして調整します。

正常に拡張デスクトップが設定できていれば、「配置」パネルには2つの青いボックスが隣り合わせに表示されているはずです。Mac Bookに大きな画面の外付けディスプレイをつなげているのであれば、大小2つの青いボックスが表示されます。

それぞれのボックスの大きさはディスプレイの解像度を表現しており、通常は、面積の大きいボックスが追加した外付けディスプレイで、小さい方がMac Bookのディスプレイです。

プライマリモニタ(メインディスプレイ)を確認してみよう

マルチモニタにすると、どちらかの画面をメインのディスプレイとして使用することになります。「配置」パネルの2つの青いボックスを見ると、どちらかのボックスの上に白いバーが入っていることに気がつくはずです。この白いバーがついているボックスが、プライマリモニタ(メインディスプレイ)です。

プライマリモニタを別のディスプレイに変更したい場合は、白いバーをつかんで他方のディスプレイを示すボックスにドラッグしましょう。そうすると白いバーが別のボックスに移動し、プライマリモニタが変更されます。

拡張デスクトップを設定した時点では、Mac Bookのディスプレイがプライマリモニタになっています。Mac BookのディスプレイがプライマリモニタになっていることでPCへのログインなどが不便に感じる場合は、上記の方法でプライマリディスプレイを変更して、外付けディスプレイにログイン画面を表示させることで使いやすくすると良いでしょう。

ビデオミラーリングの設定方法

ビデオミラーリングの設定方法は簡単です。拡張デスクトップの設定方法に沿って「配置」パネルまで移動し、「ディスプレイをミラーリング」にチェックを入れるだけです。

ビデオミラーリングに設定すると、「配置パネル」の青いボックスはやはり2つ表示されますが、重なった状態になっています。また、どちらのモニタもプライマリモニタとなるため、白いバーが両方のボックスの上部についていることを確認しましょう。

ビデオミラーリングにすると両方のモニタに同じ内容が表示されますが、片方のモニタの左右に黒い帯が表示されることがあります。これは、一方のモニタが設定している解像度に対応していないことが原因です。解像度の設定は「ディスプレイ」パネルで変更してください。

メインディスプレイの確認方法

「配置」パネルに表示される青いボックスがほぼ同じ大きさのときは、どちらのボックスがどちらのディスプレイに対応しているのか分からない場合があります。そんなときは、どちらかのボックスを選択してみてください。選択されたボックスの周囲に赤枠がつき、対応したディスプレイの画面上にも同じように赤い枠が表示されるはずです。

この方法で、それぞれのボックスに対応しているディスプレイを簡単に確認することができます。

おわりに

マルチモニタ(ディスプレイ)の設定はどなたでも簡単にできるため、あまっているディスプレイが他にあるのであれば、ぜひマルチモニタを試してみることをおすすめします。

普段Mac Bookを持ち歩くのであれば、外出時はそのまま使用して、自宅や会社で使うときにマルチモニタやクラムシェルモードにしても良いでしょう。「配置」タブの青いボックスはつまんだ状態で自由に配置を変えることができるため、左右の並びではなく上下に並べるなど、自分の使いやすいようにレイアウトしてみてください。

マルチモニタは使い慣れると、Mac上での作業スピードが格段に速くなります。自分に合った設定や使い方を見付けつつ、マルチモニタで仕事環境を改善し、日頃の作業効率を上げてみてはいかがでしょうか。

ドクター・ホームネットでは、マルチモニタの設定をはじめ、パソコン作業を効率化する方法について多数ご紹介しています。他のコラムもぜひご覧ください。

パソコンやインターネットで困った時は