布団やカーペットに潜むダニを撃退するには?掃除機のかけ方に注目しよう

ハウスダストの原因として知られる、布団やカーペットに潜むダニ。普段から対策をしている方も多いのではないでしょうか。しかし、ダニを完全に死滅させるのは非常に難しく、現実的には、定期的にダニを撃退して数を増やさないようにすることが重要です。

今回は、掃除機を使って、少しでも効果的にダニを撃退する方法をご紹介します。

ダニが増える環境や原因は?どんなダニがいるの?

ダニが繁殖するためにはいくつかの条件があります。

・気温が20~30℃

・湿度が60~80%

・アカやフケなどのダニのエサになるものが豊富にある

・ダニが隠れる場所がある

上記の条件のうち、いくつか当てはまった場合、そこはダニにとって住みやすく、増えやすい環境であるといえます。

日本は高温多湿な国であり、さらに、睡眠中の人間は大量の汗をかきます。温度も湿度も高くなり、エサも隠れ場所もある日本の寝具環境は、ダニにとって天国です。しかし、ダニの繁殖を完璧に防ぐことは難しく、現実的な対策としては、増えてしまったダニを減らして、害を最小限に抑えることが挙げられます。

カーペットや布団に潜むダニとは?

カーペットや布団に潜むダニ

カーペットや布団に最も多く潜んでいるのは「チリダニ」と呼ばれる種類のダニです。人や動物のアカ・フケを主なエサとし、特に夏場に繁殖します。生息期間は約3カ月とそこまで長くないのですが、その間に1匹あたり50~100個もの卵を産むとされています。

しかし、生きているチリダニ自体には、実はそこまで害がありません。人の血を吸うようなこともないため、実害となるのはあくまでふんと死骸のみです。しかし、大量の死骸やふんは強力なアレルゲンとなり、人々にアレルギー疾患を引き起こします。そのため、特に子どものいる家庭などでは対策が必要とされているのです。

ダニへの対処法として殺虫剤を思い浮かべる方も多いでしょう。しかし、人体に有害なものにはダニの死骸が含まれるわけですから、単に退治すれば良いとは言えないのです。

チリダニが増えるとツメダニが繁殖する?

積極的に人に害を及ぼすわけではないチリダニ。しかし、チリダニの繁殖はさらなる悪影響をもたらします。それがツメダニの存在です。

チリダニをエサとするツメダニは、チリダニが多くいる場所によく生息します。チリダニと異なり、ツメダニは人にかみつきます。横になっている際の突然の痛み・かゆみはツメダニによるものかもしれません。

ダニの存在を感じたらすぐに対処し、ダニを定期的に減らす習慣を作りましょう。

布団たたきはダニ対策にはならない?

布団たたきはダニ対策にはならない

ダニ対策は、ベランダに干して布団たたきをすれば大丈夫だと思っていませんか?確かに、表面にあった死骸やふんについてはある程度除去できるかもしれません。しかし、生きているダニは内部に逃げ込み、内部にたまった死骸やふんが布団の表面に出てきてしまうため、健康を害する悪循環となってしまうリスクがあります。

布団がたたかれた瞬間、ダニはその衝撃を感じ取って内部へと逃げてしまいます。しかも、一度身の危険を感じ手足を繊維に引っかけてしまうと、布団から引き離すことはかなり困難になります。布団やカーペットに潜むダニをたたいて取り除くことは難しいでしょう。

布団やカーペットに潜むダニを撃退する方法

布団やカーペットのダニ対策としては掃除機での吸引がおすすめです。すべてのアレルゲンや生きたダニを吸い取ることはできませんが、害を抑えるための対策としては有効といえるでしょう。

大切なのは週1回以上の掃除機がけ

週1回以上の掃除機がけ

掃除機を使用したダニ対策で最も重要となるのは、週に1回以上掃除機をかける習慣を作ることです。

前述のとおり、高温多湿な気候の地域が多い日本は、ダニの繁殖に非常に適しています。また、チリダニは人間が暮らすあらゆる場所に生息しているため、繁殖に適した環境を完全になくすことはほぼ不可能といえます。ダニによる被害を減らすためには、こまめな掃除機がけで、ダニやハウスダストを最小限に抑えるよう努めることが大切なのです。

掃除機のかけ方、ポイントはゆっくりじっくり

掃除機をかけると、ダニは布団やカーペットの繊維にしがみつきます。そのため、軽く掃除機をかける程度ではほとんど吸い込めません。掃除機をかける際に、素早く何度も往復する方が効果的だと思うかもしれませんが、ダニ対策に適した方法とはいえないでしょう。

基本的には、往復の回数よりも吸引時間に重きを置いてください。掃除機のヘッドをできるだけ長く布団やカーペットに当て、ゆっくりと動かすことを意識します。何度も往復してダニをたたき出すというよりは、じっくりと、繊維にしがみついているダニを吸引するイメージで掃除機をかけると良いかもしれません。

また、毛足のあるカーペットの場合は、そこにダニが隠れやすくなっているため、掃除機をかける前に専用のブラシでかき出しておくと効果的です。

一度部屋を暗くしてダニをおびき出す

部屋を暗くしてダニをおびき出す

ダニを効率的に撃退するためには、部屋を暗くしておびき出す作戦も有効です。

ダニは部屋が暗くなるとエサを求めて外に出てくる性質があります。布の奥から自分で表面に出てきてくれるため、その機会を逃すわけにはいきません。

ダニが表面に出てくるまで待つ目安は暗くしてから1時間程度で良いでしょう。日中に掃除を行う場合はいったんカーテンで部屋を閉め切り、別の家事で時間の経過を待った後におびき出したダニを掃除機で吸う、という流れが考えられます。ダニ対策の掃除機がけを日常に組み込んでいきましょう。

掃除機をかけた後の注意点

掃除機で吸い取ったダニはダストパックの中で生き続けてしまうことがあります。そこにたまったゴミをエサにして、さらに繁殖し続ける可能性があるのです。

また、掃除機の排気フィルターの性能次第ではありますが、排気中にダニのふんや死骸が部屋へ飛散してしまうケースも考えられます。こうなると、掃除機自体がアレルゲンの元になってしまうので注意しなくてはなりません。

これらを防ぐためにも、こまめなゴミ捨てが重要です。布団を掃除機がけした後は、できる限り掃除機の中にゴミを残さないようにしましょう。

ダニ退治には掃除機選びも重要!

一般的な掃除機でもダニ退治は十分に可能です。しかし、布団用のアタッチメントへ取り換えたり、ベッドの上に普通の掃除機をかけたりするのは意外に手間がかかります。本格的にダニ対策を考えたいということであれば、専用のものを用意してみるのはいかがでしょうか。

例えば、ハンディータイプの布団用掃除機であれば、サイズもコンパクトで使い勝手も抜群です。収納する際もあまり場所を取らず、ゴミ捨ても手軽に行えるため、おすすめです。

シャープ サイクロン掃除機 ベージュ EC-CT12-C

シャープ サイクロン掃除機 ベージュ EC-CT12-C

高速旋回気流でごみと空気を強力に遠心分離

おわりに

念入りに掃除機をかけたとしても完全なダニ対策は難しいといわれています。特に生きたダニの場合は、掃除機を使ったとしても全体の5分の1程度までしか吸い込めないようです。その理由は前述したとおり、ダニがしっかりと布にしがみついているためです。

生きたダニの対策として一般的なのは、衣類乾燥機やスチームアイロンの使用ですが、手間も時間もかかるため定期的に行いにくかったり、最終的には掃除機がけも合わせて必要だったりと、つい敬遠してしまいがちです。

しかし、放置をすればダニはどんどん繁殖していきます。まずはダニを意識した方法で掃除機がけを行うことで、人体に有害なハウスダスト対策を行いましょう。

また、掃除機の吸引力改善や分解清掃をご依頼の際は、ぜひリペアネットワークまでご相談ください。

家電の故障・不具合で困った時は
住宅設備機器をネット注文!工事までお任せ!
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する