不要になったPCの処分方法&データ消去方法と、廃棄パソコンの行方

自宅や職場で使っているパソコンが古くなり買い替えをする場合、これまで使用していたパソコンは処分することになるでしょう。しかし、パソコンは廃棄物としてそのまま捨てるわけにはいきません。なぜなら、パソコンの中には個人情報や機密情報などがデータとして残っており、それらを悪用される恐れがあるためです。

自宅で個人用に使っていたパソコンであっても、流出すべきではないデータが多くあります。例えば、パソコンで年賀状印刷をしていたとしたら、友人や知人の住所などの個人情報が入っていることもあるでしょう。デジカメから取り込んだ写真や、自分のクレジットカードの番号などのデータも残っているかもしれません。このような個人情報をそのままにしてパソコンを廃棄すると、後々大きなトラブルになる可能性もあるのです。

今回は、パソコンの処分方法やデータ消去方法についてご紹介します。

データ消去ソフトを利用する

捨てようとしているパソコンがまだ普通に使用できる状態であれば、データ消去専門のソフトウェアを利用してデータを消す方法がおすすめです。

特別なソフトを使わなくても、データをPC上のゴミ箱に入れて、ゴミ箱を空にすれば消えるのではないか?と考える方もいるでしょう。しかし、ゴミ箱を空にすると見た目はデータが消えたように思えますが、特殊なソフトウェアを使うとゴミ箱にあったデータを復元させることができるのです。

データの復元には専門的な手順が必要ですが、情報を悪用しようとする人物が専門スキルを持っていると、あなたのデータも簡単に復活させられてしまいます。このようなことが起きないように、PCを処分するときにはしっかりとデータ消去をする必要があります。

データ消去ソフトには、無料のソフトと有料のソフトがあります。どちらも種類がいくつかあるため、自分のパソコンに合ったものを選びましょう。無料ソフトはデータが完全に消えないのではないか、と不安になるかもしれませんが、十分な性能を持っているものも多いといわれています。ただし、有料ソフトの方が使い勝手が良かったり、消去のスピードが速かったりするため、必要であれば有料ソフトの使用を検討しましょう。

いずれの場合も、ソフトを提供している会社のWebページなどで利用方法をよく確認してから消去を実行しましょう。

ハードディスクを取り出す方法

PC本体に保存されているデータは、パソコンの中にあるハードディスクに保存されています。つまり、データを保存してあるハードディスクをパソコンから取り出してしまえば、パソコン内にはデータが残りません。

パソコンの筐体はネジなどを外して解体することができるようになっています。カバーを外すと、中にはケーブルや小さな部品がたくさん取り付けられています。その中から、ハードディスクを固定しているネジを外し、取り出します。パソコンの筐体の中は多くの細かい部品が詰まっているため、取り外す際にケガをしないように十分注意してください。

外したハードディスクは、他のパソコンに設置して再利用することもできます。新しく買ったパソコンに設置する余裕がある場合は、追加のハードディスクとして設置しても良いでしょう。

ハードディスクも捨てる場合は、データが抜き出されないように対策を講じる必要があります。まずは、データ消去専用の消磁装置を使う方法です。消磁装置は非常に強い磁気を出すことができ、これでハードディスクの記録を抹消します。ただし、消磁装置を使うと、そのハードディスクは2度と使うことができなくなるため、注意してください。

その他にも、ハードディスクを物理的に破壊する方法もあります。ハンマーなどで物理的に壊してしまえば、記録を抜き出す作業もできなくなります。しかし、ハードディスクを破壊する際に機械の破片などが飛び散る可能性があるため、あまりおすすめできません。もし物理的に破壊することにしたのなら、ケガをしないように気を付けましょう。

データ消去業者を利用する

データ消去業者

専用のソフトウェアなどを使ってデータを消去するにしても、完全に消去できたかどうか不安になる方もいるでしょう。ハードディスクを取り出す作業も、慣れていない方には面倒かもしれません。パソコンにあまり詳しくなく、データ消去がうまくいくかどうか不安な場合は、専門の業者に依頼する方法をおすすめします。Webページを見たり、不明点をメールや電話で聞いたりして、信頼できる業者を探してみましょう。

データ消去専門の業者は、他人の個人情報にアクセスするため、セキュリティー対策面で信頼できるかどうかが大事です。その業者がどのようにして情報漏えいを防ぐ対策をしているのかをしっかり調べましょう。また、プライバシーマークなどの個人情報保護に関する資格を持っているかどうかも、業者を選ぶ際の基準になります。

データ消去の方法も大切なチェックポイントです。その業者では具体的にどのようにしてデータを消去するのかを確認してみましょう。また、きちんとした料金設定がなされているか、法外な値段を請求されないかも、事前に確かめておきたいポイントです。その他、データの消去後にきちんと消去の証明書を出してくれるかどうかなども確認しましょう。

廃棄したパソコンの行方は?

廃棄したパソコン

データを無事消去して、廃棄処分となったパソコンはどこにいくのでしょうか?

パソコンはさまざまな部品が組み合わさってできています。調子が悪くなって動かなくなってしまったパソコンの内部には、まだ十分に利用できる部品が数多くあるのです。

廃棄されたパソコンは、分解されてリサイクルできる部品とできない部品に分けられ、リサイクル可能なものは別のパソコンの部品として再利用されます。

パソコンには再生可能な部品が多く含まれているため、一般的な粗大ゴミとして廃棄することができない、と法律によって定められています。また、最近のほとんどのパソコンには、PCリサイクルマークというマークが付いており、このマークが付いていると、メーカーが無償でパソコンを回収してくれるというシステムです。

パソコンを廃棄しようとする場合は、まずはPCリサイクルマークが付いているかどうかを確認しましょう。平成15年より前に購入したパソコンや、自分で組み立てたパソコンにはこのマークは付いていないため、その場合は実費で回収してもらう必要があります。

もし、交換しようとしているパソコンがまだ使用できる状態であれば、パソコンを買い取ってくれるサービスを利用するのも良いかもしれません。パソコンの買い取り業者が、データ消去も代わりに行ってくれる場合もあります。自分でデータ消去をするのが不安な場合は、そのようなサービスを探してみても良いでしょう。

BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク PC/家電対応 3TB HD-LC3.0U3/N

BUFFALO USB3.0 外付けハードディスク PC/家電対応 3TB HD-LC3.0U3/N

本製品はテレビでもパソコンでも使える両対応

おわりに

PCの処分方法を考えたときに、第一に必要なことはデータ消去です。他人の個人情報の漏えいは大きな社会問題になりかねませんし、何より自分のデータが流出してしまうと困るのは自分自身です。トラブルを事前に回避するためにも、適切な方法でデータを消去してからパソコンを廃棄してください。

また、もし今後も必要なデータがパソコンに入っている場合は、データを消去する前にバックアップを取りましょう。あわてて消去してしまうと取り返しがつかないため、データ消去の前には必要データのバックアップも忘れないように注意してください。

ドクター・ホームネットでは、PCのデータ消去や処分だけではなく、さまざまな電化製品に関するトラブル解決方法についてのコラムを掲載しております。ぜひ、その他のコラムもご覧になってください。

パソコンやインターネットで困った時は