高速タッチタイピング(ブラインドタッチ)を習得!タイピング練習講座【Part5】

高速タッチタイピングを習得!タイピング練習講座

前回は、タイプウェルを利用した練習方法と、ランキングへの参加方法をご紹介しました。

今回は、タイピング練習講座の最終回として、高速タッチタイピング(ブラインドタッチ)の習得後に行うことをご紹介します。

衰えないように定期的にトレーニングする

せっかく高速タッチタイピングを習得しても、長期間キーボードを触らない状態だと衰えてしまいます。毎日する必要はありませんが、週1回程度、イータイピングの腕試しやタイプウェルを利用するなどして、習得したタイピング技術を維持しましょう。

タイピングの検定・認定試験を受験する

履歴書に書くことができるので、タイピング技術を証明するために受験するのも良いでしょう。
例えば、ビジネスキーボード認定試験は、企業・学校によっては昇進や昇格の条件、資格手当の対象、推薦入試の基準や単位認定の対象としても利用されています。

主な検定・認定試験

日本語ワープロ検定試験 日本情報処理検定協会が実施する、日本語の入力および文書処理能力の検定試験です。
履歴書には「日本語ワープロ検定試験 ○級合格」と記載します。
パソコンスピード認定試験 日本情報処理検定協会が実施する、正確かつ迅速な入力技能の検定試験です。
履歴書には「パソコンスピード認定試験 ○級合格」と記載します。
ビジネスキーボード認定試験 日本商工会議所が実施する、ビジネス実務で要求されるタッチタイピングの技能を認定する試験です。
履歴書には「ビジネスキーボード認定試験(日本語 ランク○)」というように記載します。
パソコン速記検定試験 一般財団法人 全日本情報学習振興協会が実施する、ビジネス会話や説明文をヘッドホンから聞いて、ダイレクトに入力する能力の検定試験です。
履歴書には「パソコン速記検定試験 ○級合格」というように記載します。
タイピング技能検定 イータイピング株式会社が実施する、ローマ字入力の検定試験です。
履歴書には「タイピング技能検定イータイピング・マスター○級取得」と記載します。
毎日パソコン入力コンクール 毎日新聞社、一般社団法人 日本パソコン能力検定委員会が主催する、タッチタイピングの速さ・正確性を競う全国規模のコンクールです。
履歴書には「文部科学省後援大会 毎日パソコン入力コンクール 第○部 ○(和文B 高校生など) ○級」と記載します。

QWERTY配列以外での高速タッチタイピングを習得する

キーボードはQWERTY配列だけではありません。
他の配列でのタッチタイピングも習得すれば、様々な場面で効率的に作業することができます。

JIS配列
(かな入力)
ホームポジションの段が、左からの順番になっているキー配列です。1文字入力するのに使用するキー数が少ないので、QWERTY配列を使用するローマ字入力と同じ速度で入力できれば、JIS配列を使用するかな・・入力の方が、日本語を速く入力することができます。
※キーボードによっては印字されていません。
英語配列
(US配列)
英字入力のためのキー配列です。
JIS配列と比べて@などの記号の位置やEnter(Return)の大きさが違うため、慣れているかどうかでミス入力の回数に違いが出るでしょう。
Dvorak配列 QWERTY配列と比べて、英文を効率よく入力できるように設計されたキー配列です。あまり普及していませんが、英文だけを入力する機会が多い場合は、習得すれば文章作成の作業効率を上げることができるでしょう。
※Dvorak配列のキーボードを使用するか、パソコンの設定を変更する必要があります。
テンキー
(電卓型)
キーボードの右側にある数字の集まりです。
Excelなどで数字を頻繁に入力する場合は、テンキーの高速タッチタイピングを習得すれば、作業がより捗るでしょう。

高速フリック入力を習得する

フリック入力とは、主にスマートフォンのタッチスクリーンで採用されている、指をスライドさせて行う日本語入力方式です。日常的にスマートフォンで文字を入力している方は、練習するまでもなく、すでに習得されているかもしれません。

パソコンでも、Windows 8.1からタッチキーボードでフリック入力を使用できるようになっています。
タッチタイピングではありませんが、スマートフォンまたはタッチパネル搭載のパソコンを使用している場合は、習得しておいて損はありません。

他の人にタッチタイピングを指導する

平成28年に総務省が行った通信利用動向調査によると、世帯の情報通信機器の保有状況は「スマートフォン」が71.8%、「パソコン」が73.0%でした。スマートフォンとパソコンの差は毎年縮まっており、保有状況が逆転することが予想されます。
出典:総務省「平成28年通信利用動向調査」

スマートフォンはあるがパソコンはないという世帯が増えると、パソコンに触れる機会がなかったためにタッチタイピングができない子供が、就職してから書類作成などで苦労する、ということになるかもしれません。
そうさせないために、タッチタイピングを習得している親が、子供にタッチタイピングを指導することが重要になります。
子供の親でなくても、他の人に指導することで、自分のタイピング技術をより役立てることができるでしょう。

これまでの内容についてのFAQ

QWERTY配列とは何ですか?
キーボードのホームポジションの上の段が、左からQWERTYの順番になっているキー配列のことです。一般的なキーボードは、全てQWERTY配列になっています。
ローマ字入力からかな・・入力へはどう切り替えるのですか?
Windowsの場合は半角/全角またはひらがなを押して日本語を入力できる状態にした後、
alt+ひらがなかな・・入力に切り替えることができます。
ローマ字入力に戻す場合は、もう一度alt+ひらがなを押します。
タイピングの検定・認定試験がいくつかありますが、どれが一番良いですか?
どれが良いかは一概には言えません。
試験内容がそれぞれ違い、さらに公的資格と民間資格の違いもあるので、内容を確認して自分にあった試験を受験しましょう。
※当記事で紹介していない検定・認定試験もあります。
フリック入力はどう練習すれば良いですか?
スマートフォンでフリック入力を練習するためのアプリが、App StoreとGoogle Playで配信されているので、配信されているアプリを利用して練習するのが良いでしょう。
QWERTY配列とDvorak配列はそれぞれ何と読むのですか?
QWERTY配列は「クアーティはいれつ」「クウォーティーはいれつ」「クウェルティはいれつ」「クワーティはいれつ」など、複数の読み方があります。
Dvorak配列は「ドヴォラックはいれつ」と読みます。

これまでの内容のまとめ

  • 衰えないように定期的にタイピングする
  • QWERTY配列以外での高速タッチタイピングも習得してみる
  • タイピングの検定・認定試験を受験してみる
  • 他の人にタッチタイピングを指導する
東プレ キーボード REALFORCE108UDK

東プレ キーボード REALFORCE108UDK

高い信頼性と耐久性、入力時の静かさや抜群のキータッチ感などから高い評価を受けている東プレRealforceシリーズのフルキー・ALL30g・ブラック・昇華印刷モデル。

おわりに

今回はタイピング練習講座の最終回として、高速タッチタイピング(ブラインドタッチ)の習得後に行うことをご紹介しました。
スマートフォンの登場とともに、フリック入力という文字の入力方式が普及したように、今後も新しい入力方式が普及するかもしれません。そうなった時に、高速タッチタイピングを習得するための基礎ができていれば、新しい入力方式にも、さほど苦労せずに対応できることでしょう。

タイピング練習講座はこれで終了ですが、困った時や行き詰った時に、当記事を思い出して練習の励みにしていただけると幸いです。

ドクター・ホームネットでは、パソコンやデジタル機器のお困りごとの解決から、快適なパソコン環境の構築までサポートしています。お困りごとがありましたら、ぜひご相談ください。

パソコンやデジタル機器で困った時は