iPhoneの画面が割れたら、メーカー、販売店、修理屋どこに持って行く?

iPhoneをぶつけたり落としてしまったりして画面が割れてしまうと、使い続けることが難しくなり、修理をする必要が出てきます。そんなときは、どこに修理を依頼すれば良いのでしょうか?

iPhoneを修理に出すには、大きく分けて以下の3通りの方法があります。

1.メーカーへの修理依頼

Apple Storeに修理を出すことによって、メーカー修理が受けられます。

2.販売店への修理依頼

Appleの認定を受けた販売店でも製品保証が適用された修理を受けることができます。

3.上記以外でiPhoneの修理サービスを行っている修理屋への依頼

メーカー、販売店、修理屋のそれぞれにメリットとデメリットがあります。

今回は、iPhoneの画面が割れた場合に利用できる修理サービスについてご紹介します。

メーカーで修理する

iPhoneの直営店であるApple Storeでは、当然ながらiPhoneの修理をしてもらうことが可能です。この場合、Genius Barというシステムを利用して修理の予約を行う必要があります。Genius BarにはApple製品に関するエキスパートがそろっており、メーカー直営ならではの信頼感があるため安心でしょう。

ただし、問題なのはApple Storeが全国で8カ所しかないことです。メーカー直営のApple Storeに持ち込みで修理依頼できればとても安心なのですが、近くに店舗がない場合は持ち込むだけでも一苦労します。地方でiPhoneを使用しているユーザーなどは、持ち込むこと自体が難しいかもしれません。

しかし、持ち込みができない場合に備えて、Apple Storeでは配送修理サービスも利用できます。配送料金はAppleが負担してくれますが、配送する手間と時間が掛かるため、早急に対処してほしいときには困るかもしれません。

メーカーでiPhoneを修理するメリット

メーカーで修理することのメリットは、安心感や信頼だけではありません。故障の内容にもよりますが、修理の際にAppleの「正規保証」が利用できることも大きなメリットです。

通常の製品保証では、過失や事故による故障は対象外にされることが多いのですが、AppleCare+ for iPhoneに加入している場合は、過失や事故による修理サービスを格安で受けることができます。画面の損傷であれば税別3,400円で、画面以外の損傷についても、税別1万1,800円のサービス料金でそれぞれ最大2回まで修理してもらえます。

メーカーでiPhoneを修理するデメリット

メーカーで修理する場合のデメリットは、画面の損傷以外の異常がある場合、本体ごと交換になるケースがあるということです。iPhoneは毎日のように利用するもので、ダウンロードしたアプリケーションや保存してあるデータがなくなると、困る方も多いでしょう。

本体交換になるとこれまで使ってきたデータなどはすべてなくなってしまうため、iCloudやiTunesなどを利用してデータをバックアップしておくと安心です。バックアップを取っておけば、データは新しいiPhoneでも再現することができます。しかし、アプリケーションによっては完全にバックアップできないものもあるため注意しましょう。映像や音楽も、iTunes Store経由でダウンロードしていないものは再現できません。

販売店で修理する

販売店で修理

Apple Storeでの修理の場合、配送サービスを利用したとしても1週間くらいは時間が掛かってしまいます。すぐに修理して使用したい場合は、近くにある販売店に修理を依頼する方法をとっても良いでしょう。

Appleの認定を受けた家電量販店などは、Apple正規サービスプロバイダと呼ばれており、Apple Storeで依頼した場合と同じ品質の修理を受けることができます。もちろん、AppleCare+ for iPhoneなどの適用も受けることができます。正規サービスプロバイダでは、修理を担当するのはAppleが認定した技術者です。交換する部品なども純正の部品を使用するため、メーカー修理と同じ安心感で利用できます。

販売店でiPhoneを修理するメリット

Apple正規サービスプロバイダで修理することのメリットは、Apple Storeに比べて修理の時間が掛からないということです。店舗によっては20~30分で修理することを謳っており、迅速なサービスを期待できます。

もちろん画面が割れたときだけではなく、その他にも不具合がある場合はそれなりに時間を要しますが、予約の状況や店舗の混み具合もApple Storeよりはましといえます。正規サービスプロバイダは店舗数も多いため、最寄りの店舗を見つけやすいこともメリットといえるでしょう。

販売店でiPhoneを修理するデメリット

Apple正規サービスプロバイダで修理する場合、Apple Storeのときと同じで本体修理になる可能性があることがデメリットになります。パーツ交換では対応できない場合は、iPhone本体の交換となり、これまでのデータは消えてしまいます。

本体交換が可能な点は直営店や正規サービスプロバイダならではの対応ですが、それを求めていないユーザーにとってはかえって迷惑になってしまいます。本体交換に備えるには、やはりiCloudやiTunesを使ってデータのバックアップをするしかありません。

正規サービスプロバイダのWebページなどでも、iPhoneの修理予約ページにバックアップの方法などが掲載されており、依頼前にデータをすべてバックアップするように呼びかけています。データが消えてしまっても問題ないという状態でないと、修理を受け付けてくれない場合もあるため、手間が掛かっても既存データのバックアップは必ず行うようにしましょう。

iPhoneの修理店で修理する

修理店で修理

iPhoneの修理は、Apple Storeや正規サービスプロバイダ以外でも受けることが可能です。総務省の「登録修理業者制度」で登録されている修理業者であれば、iPhoneを修理してもらうことができます。

修理店でiPhoneを修理するメリット

修理店のメリットは、値段が安いということです。交換部品を純正品と同品質のサードパーティ製にすることで、修理や交換の値段を抑えることができます。対応がスピーディで店舗数も多く、それほど混雑していないこともあるため、とにかく早く直したいという方にはうってつけでしょう。

また、修理前のデータバックアップが不要である点も、急いでいるときには魅力的です。修理してもデータはそのままの状態であることを保証している店舗もあるため、気軽に利用できます。

修理店でiPhoneを修理するデメリット

ただし、当然ながらAppleCare + for iPhoneを利用した割引などは受けられません。非正規修理店は個別に独自の保証サービスを行っていることもありますが、Appleの正規の保証は受けられないため、注意してください。

おわりに

iPhoneの修理は、保証サービス、安心感、値段、修理のスピードなどによって、どこに依頼するのがベストか異なってきます。メーカー純正の部品で、保証されたサービスを期待するならApple StoreかApple正規サービスプロバイダでの修理が良いでしょう。コストを抑えたい、とにかく早く直したい、バックアップなどの手間を掛けたくないという場合は、非正規の修理屋さんでも十分に対応してくれます。自分の重視するポイントによって、どこに修理をお願いするか検討してみてください。

ドクター・ホームネットでは、iPhone以外にもさまざまな電化製品のトラブルに関する情報を掲載しています。ぜひ、その他のコラムもご覧になってください。

スマートフォンで困った時は