節電しつつ効率的に乾燥させたい!衣類乾燥機の上手な使い方

一般家庭への普及率が高まり、洗濯機との一体型も増えてきた衣類乾燥機。風呂場に乾燥機能をプラスした浴室乾燥機も徐々に多くなっているようです。日々家事に追われる方にとっては、洗濯物を干す手間が省けるだけでも助かるでしょう。

しかし、電気料金が高いために衣類乾燥機の使用を控えてしまったり、使いこなせていなかったりするケースも少なくないのではないでしょうか。今回は、乾燥機の効率的な利用方法と省エネのコツをご紹介します。

乾燥機のタイプを確認しよう

乾燥機のタイプを確認

まずは、ご家庭にある乾燥機が「縦型」と「ドラム式」のどちらなのかを確認してみましょう。

縦型は洗濯槽の向きが設置面と垂直になる乾燥機で、水平方向の回転で乾燥するタイプです。

一方のドラム式は洗濯槽の向きが斜めになっており、縦方向の回転で乾燥するタイプです。コインランドリーに昔からあるようなタイプですが、最近は家庭用乾燥機としてドラム式を利用する家庭も増えています。

また、乾燥方法には「ヒーター乾燥」と「ヒートポンプ乾燥」という2つの方法があります。

ヒーター乾燥は熱風で衣類を乾かす、従来の乾燥方式です。温度が非常に高くなるため乾燥途中でドアを開けられなかったり、ヒーターを使用するため電気代が高くなりがちだったり、省エネとはつながりにくい乾燥方式ともいえるかもしれません。

後から登場したヒートポンプ乾燥は、低温の温風で乾かすため衣類が傷みにくく、空気中の熱を利用するため省エネで、電気代も比較的安くなります。

一般的に、ドラム式乾燥機は衣類を上下に移動させながらの乾燥となり、衣類が上から下に落ちる際に温風に当たるために、縦型よりも乾きやすくなります。乾燥効率や電気代を考えると、「ドラム式・ヒートポンプ乾燥」の乾燥機が最も節約に向いています。新しく購入する際はこのタイプを中心にチェックすると良いでしょう。

ちょっとした工夫で乾燥効率アップ!

乾燥容量に注意

乾燥させる衣類の量によっても、乾燥効率は大きく変化します。できる範囲で工夫してみましょう。

乾燥容量に注意しよう

乾燥機には、どの程度の量までなら一度に乾燥できるかを示す「乾燥容量」が設定されています。乾燥機能つき洗濯機の場合は、洗濯容量の方が乾燥容量よりもやや多く設定されているのが一般的です。例えば、洗濯容量9kg・乾燥容量6kgの場合、洗濯だけならば9kgまで衣料を投入できますが、乾燥まで行うのであれば6kgまでとなります。洗濯から乾燥まで連続で行う場合は、洗濯容量ではなく乾燥容量を見るように気をつけましょう。

乾燥容量以上の衣類を乾燥しようとした場合は、乾燥効率が著しく落ちてしまい、余計に時間をかけなければしっかりと乾燥させることができません。生乾きや乾きムラの原因となり、再度乾燥させようとすればさらに電気代がかかってしまいます。乾燥容量を超えそうな場合は、急いで乾かす必要のないもの、あるいは乾きやすそうなものは乾燥機を使わずに干すなど、量を減らす工夫をしましょう。

乾燥容量以内であれば良いかと言うと、実は洗濯物が少なすぎても良くありません。衣類の量が少なすぎると乾燥時に衣類同士がこすれあいやすくなり、傷みの原因となるのです。1回の乾燥にかかる電気代は同じですので、衣類の量に対して余計に電力を使用しているともいえます。乾燥機を使用する際には、多すぎず少なすぎず、乾燥可能な適量で使用するように心がけましょう。

こまめなメンテナンスで効率アップ

日々のメンテナンスで使用電力は変化します。乾燥機はどのタイプも空気を暖めて衣類を乾燥させるため、汚れた空気を出さないようフィルターがつけられています。このフィルターが目詰まりしていると乾燥効率が悪くなり、余計に電気を消費してしまいます。ほとんどのメーカーでは、乾燥機を使用するたびにフィルター清掃を推奨しています。面倒に感じるかもしれませんが、フィルター清掃を行えば省エネになるだけではなく乾燥効率も向上するため、頻繁に清掃しましょう。

取り外して簡単に清掃できるフィルターでも、さらに奥にほこりが詰まっている場合があります。奥にほこりが詰まってしまうと乾燥効率が極端に悪くなり、省エネ面でも効率面でも大きな問題となります。メーカーに修理を依頼し清掃してもらうか、自己責任で分解清掃を行いましょう。

分解までしなくても、フィルターの奥に細い掃除機のノズルを入れて吸い出したり、細いパイプ洗浄用のブラシを使用したり、清掃の方法はたくさんあります。購入から数年経過している場合はかなりの量のほこりがたまっているはずなので、手の届かない部分の清掃にもチャレンジしてみましょう。

キレイに洗濯するためのコツ

キレイに洗濯するためのコツ

乾燥機を使用していて悩んでしまうのが、洗濯物にシワがよりやすい、あるいは縮んでしまうというものです。シワや縮みを気にする場合は、洗濯後にすぐ乾燥機へ入れるのではなく、1時間ほど干してから乾燥機へ入れると良いでしょう。表面をやや乾かしてから乾燥することで、型崩れしにくくなります。またハンカチやハンドタオルなどの小物は洗濯ネットに入れたまま乾燥機へ入れることで、他の洗濯物と絡まりにくくなり、シワがつきにくくなります。

パイル地のタオルを洗濯すると、当初のフワフワ感がなくなってしまうことがあります。これは乾燥機の問題ではなく、洗濯時にパイルが押しつぶされてしまうことが原因です。しかし、毎回手で丁寧に洗うのは大変ですね。タオルのフワフワ感を取り戻すには、洗濯が終わって干す際に何度かバサバサと振ってパイルを立ち上がらせるとキレイに乾かせます。

ヒートポンプ式乾燥機を使って乾かすと、上下にしっかりと動かしながら低温で乾かせるため、パイルを自然とほぐしながら乾燥できます。天日干しよりも、乾燥機を使用した方がふんわりとした仕上がりになるのです。タオルの仕上がりにこだわりがあるなら、ぜひお試しください。

電気代が安い時間帯に使用しよう!

最後に、節電と合わせて考えたい「電気の単価を下げる方法」についてご紹介します。

電気代が安い時間帯とは?

電気代が安い時間帯

電力自由化以前、電気料金単価の割引対象となる時間帯は、「朝」と「夜」だけなど、全日一定額のプランよりは多少お得になる程度のものでしたが、現在では「夕」「夜」「深夜」など、よりピンポイントでよりお得にできる料金プランが登場し始めています。

日中はほとんど家にいない、洗濯はいつも夜にやる、という生活スタイルなのであれば、夜の時間帯単価が安い料金プランにすることで電気料金の節約が可能です。日ごろの節電と合わせて、さらに電気料金を抑えられるでしょう。

時間帯割引プランの注意点

毎日決まった時間帯の電気料金がお得になるプランは、設定した時間帯以外の時間帯単価が割高となる場合が多い点には注意が必要です。さまざまな時間に電気を使用するのであれば、従来と同様のプランの方がお得になる可能性もあります。プラン内容をしっかりと確認し、本当にお得になりそうか判断した上で利用しましょう。

おわりに

衣類乾燥機は、毎日使用すると電気代が気になります。しかし、使用する時間を変える・使い方を工夫する・しっかりとメンテナンスするなど、工夫次第ではコストを大きく減らすことができますし、洗濯物の乾き具合にも差が出ます。省エネをしつつ仕上がり具合を改善するための工夫を始めてみましょう。

リペアネットワークでは、洗濯機や衣類乾燥機の修理・メンテナンスを行っています。その他家電でお困りの際はご相談ください。

家電の故障・不具合で困った時は
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-713-835 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
今すぐお電話で相談したい方はこちらをタップ 0120-713-835連絡先に追加する