日頃から掃除してキレイに保とう!電子レンジのお手入れ方法

料理に使用したり、お弁当や冷凍食品を温めたりと、日ごろから大活躍の電子レンジ。しっかりお手入れをしていますか?

電子レンジは直接食べ物に触れるわけでもなく、汚れも目立ちにくいため掃除を忘れてしまいがちです。しかし、放置すると油や焦げがこびりついてしまい、拭いてもなかなか落ちない汚れが増えてしまいます。そうなってしまった場合は、汚れを落としやすくする素材を使用して掃除をしましょう。

今回は、大掃除や日ごろのお手入れに使用できる、電子レンジのお手入れ方法についてご紹介します。

電子レンジが汚いままだとどうなる?

発火する可能性

まずは、電子レンジが汚れていると何が問題なのかを確認しましょう。

レンジが汚れていると、気持ちよく使用できないだけではなく、温まりにくくなったり発火の危険があったりと、さまざまなデメリットがあります。

加熱効率が落ちる

電子レンジを使用し続けていると、以前より温まるのが遅くなった、と感じることはありませんか?古くなったから仕方ない、と諦めがちですが、その原因は電子レンジについた汚れにあるかもしれません。

電子レンジで食材を温めるとき、レンジの壁面に当たった電磁波は、壁面がきれいな状態であれば反射されて食材に向かいます。しかし、壁面が汚れているとその汚れを温めるのに電磁波が使用されてしまい、温める効率が悪くなってしまうのです。中が汚れているだけで、時間も電気代も余分にかかってしまいます。

発火する可能性

汚れを放置すると、危険もあります。電子レンジはマイクロ波を利用して食品を温めていますが、汚れが付着した状態で使用を続けると、その部分が集中して加熱され、発煙・発火する恐れがあるのです。そのため、定期的にレンジをお手入れする必要があるといえるでしょう。

きれいに掃除する方法

掃除する方法

電子レンジを安全に、そして 気持ちよく使用するためにも、お手入れはかかせません。しかし、しばらく掃除をしていなかった場合、汚れがこびりついてなかなか落ちなくなっていることも多いため、掃除をすることがおっくうになってしまいますよね。

そのような場合は水蒸気を利用しましょう。レンジ内で水蒸気を充満させてから拭けば、簡単にきれいに掃除をすることができます。

水蒸気を使用して落とす

こびりついた汚れは、水拭きしてもなかなか落ちません。食べ物のカスと一緒に油もくっついているため、余計頑固な汚れになっているのです。かといって、力任せにこすってしまうと故障の原因にもなりかねません。

頑固な汚れは、水蒸気を使用すればやみくもにこすらなくても簡単に落とすことができます。やり方は、耐熱容器に水を150~300mlほど入れて電子レンジで5分程度加熱し、扉を開けずに15~30分そのままにしておくだけです。そうすると水蒸気が汚れをふやかして落としやすい状態にしてくれます。その後は、ふきんやキッチンペーパーを軽く水で濡らして拭き取りましょう。1度水蒸気を充満させるだけで、そのまま水拭きするよりもずっと掃除が楽になりますよ。

掃除に活用できる素材

活用できる素材

汚れがひどく、水蒸気を利用して掃除しても落ちないという場合には、洗剤のほか、お酢や重曹、レモン、研磨剤入りの歯磨き粉などを使用してみましょう。これらの素材を使用すれば、全く落ちなかった汚れもきれいに落とすことができます。

洗剤を使用して掃除

まずは洗剤です。洗剤で磨けば、水拭きよりもずっと汚れを落としやすくなります。電子レンジ専用の洗剤もいくつか販売されているため、そのような専用洗剤をしても良いでしょう。

しかし、電子レンジには凹凸があるため、洗剤が拭き取り切れずに残ってしまう可能性が懸念されます。料理に使用する機械のため、洗剤はあまり使用したくないという方もいるのではないでしょうか?その場合は、口に入っても問題ない素材を使用して掃除しましょう。

お酢は汚れをふやかしてくれる

洗剤を使用せずに掃除するときには、お酢が便利です。水蒸気での掃除にお酢を加えるだけで簡単に活用できます。

水で4~5倍ほどに薄めたお酢を容器に入れ、レンジで2~3分加熱します。沸騰して湯気が出てきますが、しばらく扉は開けずに放置しましょう。すると、温まった蒸気がレンジ全体に広がり、酢のアルカリ性汚れを浮かす効果で汚れを拭き取りやすくしてくれます。30分~1時間後、お酢が冷めたら濡らしたふきんやキッチンペーパーでレンジ内の汚れを拭き取ってください。こびりついて取れなかった汚れをすっきり落とすことができるでしょう。

重曹も電子レンジ掃除に効果的

スーパーや薬局などに行けば400円程度という安価で購入できる重曹ですが、効果はかなり期待できるためおすすめです。重曹はアルカリ性のため、レンジの中の焦げや油分などの酸性の汚れを中和して落としやすくしてくれます。

重曹も、お酢と同様の方法で使用しましょう。水と重曹を混ぜて溶かし、耐熱容器に入れます。その後、電子レンジで5分ほど加熱。お酢と同じく、温め終わってもしばらくの間扉は開けずに放置してください。30分ほどたったら、水で濡らしたふきんやキッチンペーパーで中を拭き取った後、乾いたタオルで水分が残らないようにきれいに拭き取ってください。

重曹は粒子が細かく研磨作用があるため掃除に大活躍します。口に入っても問題ないため、台所用品を磨くときには最適です。ぜひ活用しましょう。

ニオイ消しにはレモンが有効

電子レンジは、使用し続けていると嫌なニオイがついてきます。その際に活躍するのがレモンです。

レモンの皮には、消臭効果と油を溶かす作用のある「リモネン」という成分が含まれています。リモネンはミカンの皮にも含まれているため、自宅にレモンやミカンがあれば、電子レンジ掃除に使ってみましょう。

やり方は簡単です。まず、レモンの皮(またはミカンの皮)を電子レンジで3分暖めましょう。温めてから5分程放置した後、中を拭くとレンジにこびりついた嫌なニオイが落ちているはずです。また、ふきんに直接レモン水をつけてから拭くと、しつこい汚れも落としやすくなるでしょう。

研磨剤入りの歯磨き粉で頑固な汚れを落とす

一部だけどうしても取れない汚れがあるときには、研磨剤入りの歯磨き粉を使用しましょう。歯磨き粉に含まれた研磨剤が、しつこい汚れを落としてくれます。使用しない歯ブラシなどを使用して、汚れているところを磨きましょう。磨き終わったらしっかり水で拭き取ってください。

汚れを残さないために

汚れを残さない

頑固な汚れを落とすお手入れ方法をご紹介してきました。しかし、やはり汚れを残さないことが大切。こまめに掃除して、電子レンジを長くきれいに保ちましょう。また、汚れないように使用することも大切です。

こまめに掃除しよう

汚れを残さないためには、週に1回、少なくても月に1回は掃除をしましょう。頻繁に掃除している場合は、水蒸気による掃除だけで十分きれいになります。

タオルを水に濡らしてレンジで温めた後1、2分放置し、中を拭くだけでも効果がありますよ。

汚さないように使用しよう

やはり、はじめから汚れを残しにくいような使い方ができれば理想的です。卵や膜のあるたらこ、ソーセージなどはレンジに入れると破裂しやすい食材のため、レンジで温めるのは避けましょう。

また、ラップをかけずにそのまま食品を加熱すると、水分がはねてレンジ内を汚してしまいます。ラップのかけ忘れにも注意しましょう。

おわりに

普通に掃除をすると汚れが落ちにくい電子レンジですが、洗剤やお酢、重曹、レモン、研磨剤入りの歯磨き粉などを使用すれば、ピカピカにすることができます。どれも簡単に手に入る物ばかりなため、試してみてはいかがでしょうか。

普段からこまめに掃除していればきれいな状態を保つことができます。週に1回はお手入れを心掛け、気持ちよくレンジを利用しましょう。

リペアネットワークでは、電子レンジについてのさまざまな修理を受け付けています。全国宅配修理も対応しているため、電子レンジの修理を考えている方、お悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。

家電の故障・不具合で困った時は
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-713-835 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
今すぐお電話で相談したい方はこちらをタップ 0120-713-835連絡先に追加する