テレビの画面が映らないときはどうすれば良い?原因と対処法

今や、テレビは私たちの生活に欠かせないものです。ニュースなどの情報収集や娯楽のために、毎日見るという方も多いでしょう。しかし、もしもお気に入りのドラマやワイドショーを見ているタイミングで突然テレビが映らなくなってしまったら……。どのように対処すれば良いか、困ってしまうかもしれません。

今回は、テレビの画面が映らなくなった際に考えられる原因と対処法をご紹介します。

テレビが映らない……個人で解決可能な原因

テレビが映らない場合はいくつかの原因が考えられ、状況によっては、簡単なケアで元通りにできるケースもあります。ここでは、原因別に個人で解決可能な事例をご紹介します。

電源がコンセントにつながっていない

電源がつながっていない

まずはテレビの電源ケーブルがコンセントにつながっているか必ずチェックしましょう。非常に基本的なことですが、意外とありがちなミスです。なお、電源タップにスイッチがついている場合は、ONになっていることを確認しておきましょう。

配線などの接続に問題がある

テレビの配線を抜いた後にテレビが映らなくなった場合は、つなぎ方が合っていない可能性が考えられます。その場合は、正しくつなぎ直すことで復旧可能です。他にも、移動の際にB-CASカードが少しだけ抜けてしまったケースが考えられます。この場合も、しっかりと差し込み直せば解決します。

一方で、接続方法は正しいものの問題が解決しない、という場合には、ケーブルの断線などが疑われます。テレビの場合、特に注目すべきはアンテナ線(同軸ケーブル)です。その名の通り、アンテナからの信号をテレビに伝えるケーブルのため、ここで何らかのトラブルがあれば映像は映りません。漏電などの危険もあるため、断線していないかしっかりと確認しましょう。

リモコンの操作ミス

リモコン操作ミス

単純な原因ではありますが、リモコンの操作ミスも考えられます。地デジを見ようとして、BSのボタンを押していた、というケースです。契約や設備がないとBSの番組は映らないため、誤ってBSボタンを押したことに気がつかずに、急にテレビ画面が映らなくなった、と勘違いしてしまうのです。

BSが映らない場合に考えられる原因

BSの契約をしているにも関わらず、BSの番組がテレビ画面に映らない場合は何が原因なのでしょうか。

例えば、BSアンテナにトラブルが発生している可能性が考えられます。BSアンテナは衛星放送のため、アンテナを上空の一定方向に向けなくてはなりません。方向がずれてしまうと、正しく受信できなくなる場合があります。アンテナに触れていないとしても、強風などによってアンテナの向きが変わってしまうこともあるでしょう。接続などに問題が見当たらず、BSの映像に異変が見られる場合には、アンテナを確認してみると良いでしょう。

チャンネルスキャンに問題がある

チャンネルは地域によって異なるため、地域ごとに設定を変える必要があります。この設定がうまくできていないと、一部のチャンネルで受信ができなくなるなどのトラブルが起こります。特に、引っ越し直後は注意しておきましょう。一時的にでも画面が映るのであれば、チャンネルスキャンを再度試してみるのが有効ですが、それでも映らない場合は、機器の故障である可能性が高いでしょう。

テレビが映らない……個人で解決できない原因

テレビは精密機械に分類されます。そのため、個人が分解して修理を行うことは推奨されていません。前項の内容を試しても復旧ができない場合は、メーカーや家電修理業者での修理をお願いしましょう。

テレビ本体の故障

テレビの内部的な故障は、個人で簡単に修理を行えるものではありません。特に、音は出ているのに画面だけが映らない、といった症状は、テレビ本体が故障している可能性が非常に高いと考えられます。この場合、一般的にはバックライトの故障が疑われます。「真っ暗になる頻度が1秒程度」「数時間真っ暗になって映る」など、症状はばらばらですが、接続に問題が見られないのに突然画面が暗くなるのであれば、故障の可能性は高いでしょう。

チューナーが壊れている

テレビの映像だけでなく音も出なくなる場合は、チューナーの不具合も疑ってみましょう。地デジ化に伴ってアンテナチューナーを使用している場合など、チューナー本体が故障してしまうとテレビ番組が映らなくなります。テレビ本体のメニューなどが表示できる場合は、チューナーに問題があると考えられます。

また、本体だけでなく配線についてもチェックしてみましょう。トラブルの原因が断線などであれば、ケーブルの買い替えのみで済むこともあります。

屋外分配器の故障

屋外分配器にも目を向けてみましょう。屋外分配器とは、受診した電波を各部屋に送る装置です。アパートや一軒家の部屋数が多い家にはほぼ必ず付属しています。屋外に設置してあるため、年数による劣化やケーブルを通してくる雨水などが原因となり、発生したさびなどがトラブルにつながってしまうケースもあります。

悪天候の影響

BSが映らない

個人での対応が難しい要因の1つに、「天候の影響」も挙げられます。悪天候だと、積雪や強風でアンテナの向きがずれてしまったり、落雷によってアンテナが破損してしまったり、目に見えるようなトラブルを思い浮かべると分かりやすいでしょう。分配器やブースターなどへの浸水被害による機械故障の恐れもあります。

電波への影響

目に見えない地デジやBSの電波も、天候の影響を受けてしまいます。大雨や大雪、落雷によって電波が遮られることでアンテナまで電波が届かなくなり、テレビに映像が映らなくなるのです。また、地デジよりもBSの方が影響を受けやすいとされています。

落雷による故障

テレビ本体が天候に影響を受ける場合もあります。例として考えられるのは、落雷による停電です。ブレーカーが落ちるだけであれば大きな問題にはならないのですが、場合によっては落雷の過電流によって故障することもあります。

一般的に「雷サージ」と呼ばれる現象ですが、最悪の場合はテレビだけでなく家中の家電が動かなくなります。家からある程度離れた場所への落雷によっても起こる可能性があり、非常に厄介です。落雷後の停電から復旧した際にテレビが映らないようであれば、落雷による故障(雷サージ)を疑いましょう。

対処が難しい場合は業者に任せる

業者に任せる

多くの場合、テレビ本体の修理はメーカー・家電修理業者へ任せた方がメリットが大きいでしょう。同様に、アンテナ等が故障している際も、個人では手を出さない方が無難です。

一軒家の屋根など、非常に高い所にアンテナがある場合や、マンションなどで複数の住人がいる場合など、自分でアンテナを交換するのが難しいケースも少なくありません。マンションやアパートの場合は、アンテナが一括で管理されている可能性もあるため、そもそも勝手に行ってはいけません。修理については、不動産や管理会社の管轄となります。

電気回りの不具合は危険が伴います。ケーブルの損傷確認やテレビの設定を変えてみても問題が見つからなかった場合は、個人でどうにかしようとせず、専門業者に調べてもらいましょう。

おわりに

テレビが映らなくなってしまった際には、まず基本的なチェックを行ってください。簡単な原因であれば、すぐに問題が解決できます。原因がよく分からない、自分ではどうにもできない、という場合は、メーカーや家電修理業者に依頼をすると良いでしょう。

リペアネットワークでは、液晶・プラズマテレビの修理や点検を行っています。テレビに関するトラブルの際はぜひご相談ください。

家電の故障・不具合で困った時は
住宅設備機器をネット注文!工事までお任せ!
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する