冷蔵庫内の霜をキレイに落とそう!霜取り方法と霜の防止方法

日常的に使用する家電では、なるべく突然の故障がないようにしたいものです。家電の中でも、冷蔵庫は毎日の食生活になくてはならない存在。「保冷がうまくいかない」といった突然のトラブルを防ぐためには、日頃からのメンテナンスが大切です。

今回は、冷蔵庫が冷えにくくなる原因の1つである、「霜」についてまとめました。特に従来型冷蔵庫では、構造上霜がつきやすいといえます。霜ができる原因から、取る方法、効果的な防止策について見ていきましょう。

なぜ、霜ができるの?その原因は?

霜ができる原因

冷蔵庫を長い間使っていると、「あれ?どこか調子が悪いのかな」と感じることはありませんか?大きな音が鳴ったり、庫内が冷えにくかったりと、トラブルといえる症状が出てくることも珍しくないと思います。

特に従来型によく見られる小型冷蔵庫には、直接冷却方式が採用されていることが一般的。直接冷却方式ではフリーザーの役割を果たしている冷却基盤と庫内が、密接するように作られています。冷却基盤に霜が増えてくると、庫内の温度調節ができずに不具合が生じてしまい、故障の原因になってしまうのです。現在はファン冷却方式が広く採用されているため、霜がつきにくい冷蔵庫が多くありますが、年数の古い冷蔵庫を使用されている方は注意が必要です。

直接冷却方式の冷蔵庫に霜がついてしまう主な原因は、冷蔵庫内と周辺温度の差にあります。周辺の空気が冷蔵庫内に入ってくると、冷蔵庫内と外の温度差により、水分が結露しやすくなります。この水分が、冷却機能により霜へと変化してしまうのです。特に夏場や梅雨などの湿気の多い季節は、庫内に水蒸気が入り込みやすい環境だといえます。そういった要因で水分を冷蔵庫内にためてしまうことが、霜がつく原因になるのです。

霜がつく要素としては、食品に含まれている水分が挙げられます。もともと水分を多く含んでいる生鮮食品や、温かい状態の食品を冷蔵庫、冷凍庫に入れると、食品に含まれている水分が霜に変化してしまいます。また、忙しい時間帯にキッチンを利用する場合の、扉の開閉が多いことも考えられるでしょう。扉の開け閉めを頻繁に続けていると、湿気が入り込みやすくなります。

さらに、使用時に扉をきちんと閉めていなかったり、扉についているパッキンの一部がゆるんでいたり、ゆがみが生じていたりして冷蔵庫が閉まり切っていない場合も霜がつきやすくなります。長い年月使用している間にパッキンが傷んでしまうと半開きになることが多くなってしまうため、扉がしっかりと開閉できているか確認をしてください。

冷蔵庫の霜を取る方法は?

冷蔵庫の霜を取る

では、実際に霜取りをしてみましょう。小型冷蔵庫の場合は霜受け皿がついている場合が多いため、冷蔵庫内の温度を霜取りモード、もしくは、電源オフ状態にします。そうすることで庫内にこびりついた霜が少しずつ溶け出します。要冷蔵、要冷凍の食品は、クーラーボックス・ドライアイス・氷を用意して避難させておきましょう。特にお肉や魚などの生鮮食品は、鮮度を保てるように管理してください。

次に、霜を溶かす作業を2~3時間程度行います。このとき、霜が溶けてくる前に、冷蔵庫周辺の床に大きなタオルを敷いておきましょう。水浸しになることを防いでくれます。霜受け皿がついている場合は、受け皿に水がたまったら捨てましょう。

霜が少し溶けてきたら、残りはプラスチック製のヘラを使用してやさしく霜を取り除いていきます。ドライバーやアイスピックといった金属製の道具は、冷蔵庫内部の基盤部分や冷媒に穴が開いて、冷却機能を損なう恐れがあるため、使用を控えてください。

庫内の側面についた霜の場合は、暖かい布で拭くようにします。40℃以上のお湯に浸して拭けば、霜の塊がゆっくりと溶けていきます。水で拭いてしまうと、霜と布がくっついてしまうため、気をつけてください。急ぎの場合はドライヤーを使用するのも良いでしょう。

霜取りを終えたら、溶けた水分や霜の塊がたくさん出ると思いますが、それらは洗面器やバケツに集めて捨ててください。

霜が取れた後は、仕上げに乾いた布でから拭きをします。少量の霜であれば短時間で作業が終わりますが、大きな霜がたまってしまうと冷却機能にも深刻な影響が出てくるため、霜取りは霜に気づいたときにすぐに行うことが大切です。

今後霜にならないための防止策は?

温かいものは冷まして入れる

霜になるのを防ぐためには、水蒸気や湿気をなるべく冷蔵庫内に入れないようにして、ため込まないことが大切です。そのためには、日頃から少しずつこれらの防止策を実践するようにしてください。

温かいものは冷ましてから冷蔵庫に入れる

まず、温かい食品はなるべく冷ましてから冷蔵庫に入れましょう。ラップでピッタリと容器を覆ったり、フタつき密閉容器に入れたりするなど、工夫して庫内で蓄積される余分な水分量を抑えるようにします。お鍋ごと入れる場合も、よく冷ましてから入れてください。

扉の開閉回数や時間を減らす、密閉性を保つ

密閉性を保つ

普段から湿気の侵入を防ぐために冷蔵庫の扉を素早く開閉して予防することも大切です。買い出し後、冷蔵庫にたくさんの食材を入れるときに、扉をいつもより長く開けたままにしていませんか?こまめに開閉して、扉をピッタリと閉めるようにしましょう。その際、普段から密閉性がしっかりしているどうか、ゴムパッキンに不具合がないかをチェックすることも大切です。

ゴムパッキンが曲がっていたりゆるくなっていたりする場合は、布を40℃以上のお湯に浸しかたく絞ってゴムパッキンにあて温めることにより、ゆがみがなくなることもあるため、密閉性に不安がある方はぜひ試してください。ゴムパッキンが扉からはみ出ている場合は、指で押し込んで形を整えましょう。

食品の詰め込みを避ける(冷気循環のスペースを取る)

食品を詰め込み過ぎないように気をつけることも心がけてください。まとめ買いした食材やもらいものなどを、冷蔵庫に隙間なく詰め込んでいる場合は、冷気が非常に通り抜けにくい状態になります。庫内の奥の壁が見える程度の量だけ入れると冷気が循環するでしょう。

前述の通り、霜取りをしなければ増えた霜により庫内が狭くなるため、徐々に冷えにくくなります。ある程度目立つようになった霜はその都度取った方が良いでしょう。1cm程度の小さな層のうちに除去して、こまめなメンテナンスを行ってください。

また、冷蔵庫は乾燥していて気温の変化も少ない場所に設置すると冷却力をより感じられるでしょう。そのため、キッチンの中でも加熱器具や蒸気の出る家電付近には置かないことをおすすめします。

SK11(エスケー11) カーボンスクレーパー 65mm

SK11(エスケー11) カーボンスクレーパー 65mm

こびりついた汚れ落としに最適なプラスチック製のスクレーパー!!

おわりに

冷蔵庫の霜取りを行うことで、冷却機能が向上するだけではなく、庫内のスペースも広くなり快適です。たくさんの霜がびっしりと張りついて冷蔵庫が不調になる前に、ぜひキレイにお手入れしておきましょう。

しっかり霜を取り、また、霜ができにくい環境を作ることで、冷却効率が上がって電力使用量が下がります。節電・節約にもつながり、家計にとってもうれしいはず。

長く愛用するために、冷蔵庫の使用方法を見直して、冷却機能をフル活用しましょう。

定期的に霜取りを行って予防もしっかりしているのにもかかわらず、どうしても霜ができてしまう場合は、一度修理に出してみるのも1つの手段かもしれません。

テクニカル九州では、家電のトラブルやお手入れに関するコラムを掲載中です。他のコラムもぜひご覧ください。

 

家電の故障・不具合で困った時は