パソコンが再起動を繰り返すのはなぜ?原因と対策をチェック

デスクトップパソコンやノートパソコンを長期間使用していると、さまざまなトラブルに遭遇することがあります。中でも厄介なのが「パソコンが再起動を繰り返す」トラブルです。

Windowsが起動する前に再起動されてしまったり、起動後、使用中に突然再起動されてしまったり、対処法が分からずに困るケースが少なくありません。

今回は、Windowsのパソコンが再起動を繰り返す場合に考えられる原因と対処法について、ご紹介します。

パソコンが再起動を繰り返す原因

Windowsシステムファイルの破損

再起動を繰り返す原因

パソコンが再起動を繰り返す主な原因として、「Windowsシステムファイルの破損」が考えられます。

レジストリをはじめとするWindowsの根幹となるシステムファイルが破損していると、Windowsを正常に起動することができません。Windowsはシステムに障害が発生した場合に自動で再起動を試みるため、システムファイルが破損しているとパソコンが何度も再起動を繰り返すトラブルが発生してしまうのです。

また、システムファイルの破損によって、再起動ではなく、画面がフリーズして動かなくなることもあります。

ハードディスク不良

「ハードディスク不良」も、パソコンが再起動を繰り返すことになる原因の1つです。

ハードディスク自体の物理的な故障も考えられますが、それ以外の原因として、ハードディスク内に不良セクタが発生している可能性が考えられます。

不良セクタとは、ハードディスクの損傷でデータを記録することができなくなってしまったセクタ(ハードディスクの最小記録単位)のことです。

通常、ハードディスクに不良セクタが発生した場合は、メンテナンス機能のおかげでハードディスクにアクセスできないほどの致命的なエラーとはなりません。しかし、あまりに多くの不良セクタが発生してしまうと、対処が追い付かず、動作不能となってしまいます。

こうなると、OSの起動に必要なファイルへ正常にアクセスすることができなくなり、再起動を繰り返すといった症状が現れるのです。

システムファイル破損の原因となるため、適切な対応が求められます。

マザーボードやメモリの不良

パソコンが勝手に再起動を繰り返す場合に考えられるハードウェアの故障は、ハードディスクだけではありません。マザーボードやメモリに不具合が生じている可能性も考えられます。

これらのハードウェアはハードディスクと同様に経年劣化します。長期間使用しているパソコンであれば、劣化による損傷が発生している可能性を考慮しましょう。また、購入してすぐのパソコンであっても、ホコリなどの外的な要因によってハードウェアが破損している可能性は考えられます。

マザーボードはパソコンの基盤となるもので、さまざまなパーツが組み込まれています。非常に複雑で繊細な作りをしているため、故障しているかどうか判断するのが難しいかもしれません。メモリの接触不良に関しても、そもそも正しい状態が分からないこともあるでしょう。確認の際は各部品の位置や名称を調べながら慎重に扱うことが大切です。

電源の不具合

見落としがちですが、電源周りのトラブルが原因となるケースも考えられます。

パーツの増設によりパソコンの正常な動作に必要な電力が不足してしまった場合や、マザーボードの電解コンデンサが故障している場合、電源ユニットが劣化していることで電源が不足している場合、これらが原因でパソコンが正常に起動できないことがあります。

パソコンが再起動を繰り返す際の対処法

再起動を繰り返す際の対処法

再起動の繰り返しを一旦止めたい場合は、起動時にF8キーを押し、「システム障害時の自動的な再起動を無効にする」を選択しましょう。エラーはそのままなので起動はできませんが、自動で再起動を繰り返す動作は止めることができます。

Windowsシステムファイルの破損の場合

Windowsシステムファイルの破損が原因で再起動を繰り返すと思われる場合は、「システムの復元」「リカバリー」が有効な対処法です。

システムの復元

システムの復元とは、パソコンのシステムファイルにトラブルが起きた場合に復元ポイントを用いることで、システムファイルをトラブル発生以前の状態に戻すことです。

復元ポイントは、Windowsの更新やシステムに関わる重要情報が変更される際に自動で作成されますが、手動で作成しておくこともできます。

システムの復元では、自分で作成したデータやメールなどが削除されることはありませんが、念のため、可能であれば実行前にバックアップを取っておくと安心です。また、復元ポイントより後にインストールしたプログラムは削除されてしまうため、注意しましょう。

リカバリー

もう1つの対処法であるリカバリーは、付属のリカバリーディスクやハードディスクのリカバリー領域を使用してパソコンを初期化することです。実行方法はパソコンにより異なるため、説明書を参照してください。

システムの復元と異なり、出荷時の初期設定に戻ってしまうため、個人データやインストールしたアプリケーション、自分で行った各種設定なども含めすべて削除されます。

システムの復元をしてみたが治らない、Windowsが起動しないためシステムの復元を行うことができない、という場合はリカバリーを検討しましょう。

ハードディスク不良の場合

ハードディスクが原因で再起動を繰り返すと思われる場合は、「SMART属性値」を調べ、ハードディスクがどのような状態にあるかを確認してみましょう。

「SMART属性値」とは、ハードディスクに搭載されている自己診断機能によって管理される値のことです。専用のソフトウェアを準備する必要がありますが、ハードディスク内部の状態を確認することができます。

SMART属性値の中で注視すべきは「セクタ数」に関する項目です。「生の値」が0でない場合には不良セクタが存在することになります。前述の通り、多少の不良セクタはあっても問題にならないのですが、あまりに不良セクタが多いようであれば、ハードディスクの交換が必要かもしれません。

マザーボードやメモリ不良の場合

マザーボードやメモリが疑わしい場合、まずはほこりなどの汚れを慎重に掃除します。マザーボードに明らかな損傷がある場合は修理を検討しましょう。

メモリの挿し直しや別のメモリスロットへの挿し替えを行っても改善されない場合は、他の原因も考えると良いかもしれません。

電源の不具合の場合

電源周りに不具合があると考えられる場合は、電源ユニットが故障していないか、パソコンのパーツに対して必要な電力を供給できているか、コンセント自体に問題はないか、などを確認してみましょう。

特に最近パーツを増設した方は、パーツが必要とする電力が電源ユニットの供給電力を超えてしまっている可能性があります。

今すぐ使えるかんたんmini パソコンで困ったときの解決&便利技(ウィンドウズ10対応)

今すぐ使えるかんたんmini パソコンで困ったときの解決&便利技(ウィンドウズ10対応)

初心者もこれで安心!「どうしたらいいの?」という思わぬトラブルもスッキリ解消!!

おわりに

ご紹介した他にも「ウイルスに感染している場合」など、パソコンが再起動を繰り返す原因にはさまざまなケースがあるため、パソコンに不慣れな方が原因を特定するのは難しいかもしれません。再起動を繰り返すトラブルを自力で解決するためには、冷静に状況を分析し、考えられる原因を1つずつクリアしていくことが必要となります。

解決が難しいと思われる場合には、誤った対処によって事態を悪化させる前に、パソコン修理の専門店などに相談すると良いでしょう。

ドクター・ホームネットでは、パソコンが起動しないトラブル、電源やマザーボードの交換・修理、ハードディスクの交換など、最短即日で対応可能です。今回ご紹介したWindowsのトラブルに限らず、Macの修理やサポートも行っています。パソコンのトラブルの際はぜひ一度ご相談ください。

パソコン動作の不具合で困った時は