選ぶならHDD?それともSSD?容量や特徴など、違いをチェック

HDDとSSDの特徴や違い

パソコンに欠かせないパーツの1つに、さまざまなデータを保存しておくための「外部記憶装置」があります。外部記憶装置には、CD/DVD、USBフラッシュメモリなどの種類がありますが、現在、パソコンでメインの外部記憶装置として用いられているものは「HDD(ハードディスクドライブ)」と「SSD(ソリッドステートドライブ)」の2種類です。

パソコンを購入する場合はHDDかSSDのどちらかを搭載したパソコンを選ぶことになります。しかし、HDDとSSDがそれぞれどのような特徴や違いがあるのかが分かっていないと、どちらが自分に適しているのか分からず購入時に迷ってしまいます。

この2種類の記憶装置にはもちろんそれぞれメリット・デメリットがあるため、適当に選んでしまうと後々面倒なことになりかねません。最初にきちんと両方の違いを理解しておき、最適な選択をしたいところです。

そこで今回は、HDDとSSDの違いやそれぞれの特徴などについてご紹介します。

HDD(ハードディスクドライブ)とは

HDD(ハードディスクドライブ)

HDDとは、パソコンの代表的な記憶装置です。

磁性体(磁気を帯びることができる物質)を定着させた「プラッタ」と呼ばれる金属のディスクを、一定の間隔を空けて何枚も重ねた構造をしています。モーターで高速回転させたプラッタに「磁気ヘッド」というパーツを近づけることで、データを読み書きする仕組みです。音楽を聴くレコードプレーヤーのようなものだと考えると分かりやすいかもしれません。

なお、高速回転するプラッタと磁気ヘッドの間は約10ナノメートル(1ナノメートル=10億分の1メートル)というわずかな隙間しかないため、HDDに強い衝撃を加えると磁気ヘッドがプラッタを傷つけてしまいます。HDDの各所には他にも繊細な部品が設けられているため、HDDに衝撃を加えることは厳禁とされています。

HDDにはさまざまな種類がありますが、現在主流となっているのは、1.8インチ、2.5インチ、3.5インチの大きさで「SATA方式」のHDDです。

1.8インチのHDDは小型のノートパソコンで用いられ、2.5インチのHDDは通常のノートパソコンでよく使われています。3.5インチのHDDは主にデスクトップパソコンで使われます。

「SATA方式」とは、接続規格のことです。HDDの接続規格にはもう1つ「IDE」がありますが、こちらは2016年10月現在、あまり使われていません。SATAはIDEよりも高速でデータ転送をすることが可能になっており、マザーボードとの接続の仕方や接続に用いるケーブルも、IDEに比べてシンプルで簡単になっています。

SSD(ソリッドステートドライブ)とは

SSD(ソリッドステートドライブ)

SSDとは、2004年頃登場した新しい記憶装置です。

HDDは磁気ディスク(プラッタ)にデータを読み書きする仕組みでしたが、SSDは半導体(電気を通しやすい物質と、全く通さない物質の中間にある物質)を用い、電子回路に電気的なデータの読み書きを行う仕組みになっています。いわゆるフラッシュメモリ(データを自由に読み書きすることができ、電源を切ってもデータが失われない半導体メモリ)のようなものです。そのため、HDDに比べて高速でデータを読み書きすることができます。

加えて、SSDはHDDのように磁気ディスクやモーターといった部品が不要なため、動作中ほぼ無音で発熱もなく、衝撃にも強いという特徴があります。さらに、HDDに比べて消費電力が控えめです。

SSDにもHDD同様いくつか種類がありますが、主流となっているのは2.5インチの大きさで接続方式がSATA方式のSSDです。

また、SSDには大きさと接続方式以外に、記憶方式による違いがあります。

SSDは「NAND型フラッシュメモリ」という部類の記憶装置なのですが、このNAND型フラッシュメモリには「SLC」、「MLC」、「TLC」の3種類の記憶方式があります。

SLCは1つのセル(SSDを構成している記憶素子のこと)につき1ビットの情報が記録できる方式です。データの読み書きが速く耐久性も高いのですが、容量が少なく、値段も高いという特徴があります。

MLCは1つのセルにつきに2ビットの情報が記録できる方式です。データの読み書き、耐久性、容量、値段などが3つの方式の中ですべて中間に位置しており、最も普及しています。

TLCは1つのセルにつきに3ビットの情報が記録できる方式です。大容量で安価という特徴がありますが、3つの方式の中ではデータの読み書きが最も遅く、耐久性に劣ります。

HDDとSSDの違いについて

ここでは、HDDとSSDで具体的にどのような違いがあるのかご紹介します。

パソコンの処理速度が速いのは?

HDDとSSDでは、パソコンの処理速度に違いが生じます。

SSDはフラッシュメモリを使用しているため、磁気ディスクのHDDに比べてデータの読み書きが速いことが特徴です。そのため、パソコンの電源を入れてからOSが起動するまでの時間がかなり短縮されます。加えて、OS以外のアプリケーションについても、HDD使用時に比べると起動や各種動作が速くなります。SSDを使用した方が、全般的にパソコンの動作が快適になるといえるでしょう。

記憶容量が大きいのは?

HDDとSSDでは、パソコンの処理速度の他に記憶容量で大きな差が出ます。

HDDは、現在では1TB(テラバイト)以上の大容量タイプのものが当たり前になっており、値段も安価です。それに比べ、SSDは以前に比べて容量も大きく値段も抑えられてきていますが、128GB(ギガバイト)~512GBの容量のものが主流です。1TB=1,000GBのため、HDDはSSDの約2倍~8倍の容量を持つということになります。

もちろん、SSDにも1TB以上の大容量タイプのものも出てきていますが、値段が高いためあまり一般向けではありません。

寿命やデータの保存性能が優れているのは?

SSDに使われているフラッシュメモリは、データの読み書きを行うたびに半導体素子が劣化してしまうという欠点があるため、SSDの読み書きの回数には限界があります。そのため、SSDが登場して間もないときはHDDよりも寿命が短いことが少なくありませんでした。

しかし、最近のSSDは寿命も延び、読み書き回数10万回、年数にして約5年~10年は使い続けられるようになってきています。HDDの寿命が約3年~4年といわれているため、寿命はSSDの方がHDDより優れているといえるでしょう。

その一方で、長期間のデータ保存はHDDが適しています。SSDをはじめとするフラッシュメモリは、長期間放置していると自然放電によりデータが消失してしまう可能性があるためです。データを長期間保存しておきたい場合は、HDDを使用した方が安全です。

SanDisk SSD PLUS 120GB SDSSDA-120G-J26

SanDisk SSD PLUS 120GB SDSSDA-120G-J26

コストパフォーマンスに優れた、高性能、大容量SSD

おわりに

HDDとSSDの特徴や違いについて簡単にまとめると、パソコンの快適な動作や読み書きの速さよりも、値段や容量の大きさを重視したいという方向けの記憶装置がHDDです。そして、パソコンに負担の大きいアプリケーションソフトを使うことが多く、値段が高くてもパソコンの動作を快適にしたい方や、データの読み書きを高速で行いたい方向けなのがSSDです。

HDDとSSDのどちらが優れているか、という見方ではなく、それぞれの特徴を踏まえた上でどちらが自分のパソコンの使い方に適しているのかを考え、選択することが重要です。

ドクター・ホームネットでは、パソコンやスマホ関連のコラムを多数配信中です。ぜひ他のコラムもご覧ください。

パソコンを高速化する大人気HDD→SSD交換サービスはこちら
サポートご予約専用ダイヤルを見る 今すぐお電話で相談したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
サポートご予約専用ダイヤルを見る 今すぐお電話で相談したい方はこちらをタップ連絡先に追加する

サポートご予約専用ダイヤルは、パソコン修理と家電修理で異なります。
お間違えのないようご注意ください。

パソコン修理 家電修理
基本料金+環境・トラブル診断料金+作業料金が発生いたします。
0120-713-835
受付時間 9:00~21:00
(年中無休)
出張料金+診断料金+技術料金+部品代が発生いたします。(出張修理の場合)
096-380-1945
受付時間 9:00~18:00
(年中無休)