ビープ音(警告音)がしてパソコンが起動しない場合の原因と対処法

パソコンの電源を入れたときに、「ピピッ」や「ピー」などの音が鳴って、ディスプレイに何も表示されず、パソコンも起動しないといったトラブルに遭遇した経験はありませんか?

普段聞き慣れない音が鳴ってパソコンが起動しなくなると焦ってしまいがちですが、この音はパソコンに搭載されている「BIOS」が発する警告音(ビープ音)であり、落ち着いて対処することが大切です。

BIOSとは、パソコンと周辺装置との入出力を制御するプログラムのことです。パソコンの電源を入れると実行され、システムを初期化したり、ハードディスクからWindowsや Mac OSなどのOSのプログラムを呼び出したりします。

BIOSは、パソコンに組み込まれている部品(ハードウェア)に何らかの異常を発見したときにビープ音を鳴らすため、ビープ音を手掛かりにしてパソコンに発生している問題を解決することができます。

そこで今回は、ビープ音がしてパソコンが起動しない場合の原因と対処法をご紹介します。

BIOS画面から進まない起動トラブルを解決

ビープ音とは

「ビープ音」とは、電子機器がユーザーに情報を知らせる音のことです。単純な電子回路で出せる音のため、パソコンのBIOSに限らず、さまざまな電子機器で用いられています。

パソコンの場合は、BIOSがハードウェアに異常が発生していることを知らせるときにビープ音が鳴ります(厳密には正常起動時のビープ音も用意され、パソコンによっては正常起動時にビープ音が鳴ることも)。

パソコンのビープ音は、「ピッ」という短音と「ピー」という長音を組み合わせてユーザーにメッセージを通知する仕組みになっています。このビープ音のメッセージを理解しておくと、パソコンに発生している不具合の原因を特定する際に役立ちます。

BIOSには「AMI BIOS」や「Award BIOS」など複数の種類があり、ビープ音のメッセージもさまざまです。また、パソコンメーカーが独自に特殊なビープ音を設定している場合もあります。

主なAMI BIOSのビープ音

AMI BIOSのビープ音

ここでは、主なAMI BIOSのビープ音とその意味を取り上げます。

長音1回:正常に起動

パソコンは正常に起動しています。

長音2回:POSTエラー

ハードウェアのテストでエラーが出ているという意味で、「CMOS(BIOSの情報を記憶しているメモリ)」の設定値に不具合が起きています。この場合、BIOSの初期化を行うことで不具合が改善されることがあります。

短音1~3回:メモリエラー

パソコンに接続されているメインメモリの故障や接触不良の可能性が考えられます。メインメモリを接続し直すことで改善する場合があります。

なお、正確には、短音1回は「DRAMフレッシュエラー」、短音2回は「DRAMパリティーエラー」、短音3回は「DRAMエラー」というメッセージです。

短音4回:システムタイマーエラー

パソコンのマザーボードに内蔵されている時計、「リアルタイムクロック」にエラーが発生しているか、メモリの最初のバンクに問題が発生している場合に、短音4回のビープ音が鳴ります。ホコリや異物によるマザーボードの故障、接触不良などが考えられます。

短音5回:プロセッサエラー

マザーボードもしくはCPUにエラーが発生しているという意味です。CPUの接触不良、破損、マザーボードの故障、異物混入による損傷などが考えられます。

短音6回:Gate A20エラー

CPUやマザーボード、メモリなどの複合的な不具合が生じている際に出されるメッセージです。各種パーツに接触不良やホコリ・塵の堆積、過熱による損傷、ショートといった事象が発生している恐れがあります。また、キーボードに不良が生じている可能性も考えられます。

短音7回:プロセッサの例外割り込みエラー

CPUまたはマザーボードの回路に不具合が起きているという意味のメッセージです。CPUやマザーボードに故障や接触不良が発生している可能性があります。

短音8回:ビデオカードメモリエラー

これは、ビデオカード(グラフィックカード)やビデオメモリに不具合が生じているという意味のメッセージです。ビデオカードが接続されていない、接触不良になっている、もしくは、ビデオメモリが故障しているといった可能性が考えられます。

短音9回:ROMチェックサムエラー

ROMチェックサムとは、データに不具合がないかを検出するためのシステムですが、そのチェックでエラーが検出されたときに鳴るビープ音です。BIOSの設定に問題があることや、マザーボードに不具合が発生していることが考えられ、BIOSの初期化で解消することがあります。

短音10回:CMOSの読み込み、書き込みエラー

CMOSをシャットダウンする際の読み込み・書き込みでエラーが出ているという意味のビープ音です。CMOSまたはマザーボードに何らかの問題が起きている可能性があります。BIOSの初期化で不具合が解消されることがあります。

メモリの取り外し・取り付け方

メモリの取り外し・取り付け

ビープ音がしてパソコンが起動しない場合、発せられたビープ音の種類によってさまざまな原因が考えられますが、よくあるケースがメモリ周りのトラブルです。

マザーボードやCPU、BIOS設定の異常などは、パソコン初心者には修復が難しいかもしれませんが、メモリは装着し直したり、新しいものと交換したりできます。そのため、ビープ音がしたらまずメモリを確認してみるというのも1つの手です。

パソコンのメモリの取り外し方と取り付け方は、以下の手順で行います。

1.接続機器をすべて外し、パソコンのケースを開ける

パソコンのケースを開けて、中身が見えるようにします。安全のため、電源ケーブルや周辺機器はすべて外します。使用中のパソコンの内部は高温になるため、パソコンを使用していた場合は少し時間を置いてから作業しましょう。

2.現在装着しているメモリを確認する

メモリがどこに装着されているか確認しましょう。メモリは長方形の薄い板状の形をしていて、大抵の場合は1、2枚のメモリがマザーボードに接続されています。メモリは静電気に弱いため、作業前に金属類に手を触れて静電気を逃しましょう。

3.メモリのロックを解除し、取り外す

メモリが見つかったら、両端のロックを解除して取り外します。ホコリやゴミが溜まっていたらエアダスターなどを使用してきれいに掃除しましょう。メモリに触れるときは、端子部分や集積回路部分に触れないよう気を付けてください。

4.メモリを取り付ける

メモリを取り外して掃除を済ませたら、再度メモリを取り付けます。きちんと接続されると、ロックが自動でかかります。

5.パソコンが起動することを確認する

パソコンを起動させ、メモリがきちんと認識されているか確認しておきましょう。

【Windows 7の場合】

スタートメニューで[コンピューター]を右クリックして、メニューの中の[プロパティ]を選択すると、[実装メモリ(RAM)]にメモリ容量が表示されます。

【Windows 10の場合】

スタートボタンを右クリックして、メニューの中の[システム(Y)]を選択すると、[実装メモリ(RAM)]にメモリ容量が表示されます。

BIOS/ UEFI完全攻略読本 Skylake&Windows 10対応版

BIOS/ UEFI完全攻略読本 Skylake&Windows 10対応版

国内マザーボードシェアNo.1のASUSTeK Computer監修

パソコンの電源が入らない場合の対処法

おわりに

パソコンのビープ音は、不具合の原因を突き止める重要な手掛かりになります。ビープ音が鳴った際は、鳴った音の種類(長音・短音)と回数をきちんと確認しましょう。また、同じビープ音でも、BIOSの種類によって意味が異なるため、自分のパソコンに搭載されているBIOSの種類を把握することも大切です。

なお、ハードウェアの不具合は自分で対処することが難しい場合も少なくありません。そのようなときは自分で無理に解決しようとせず、プロの専門業者に修理を依頼することをおすすめします。

ドクター・ホームネットは、さまざまなパソコントラブルに電話1本で駆けつけます。ビープ音がしてパソコンが起動しないときは、お気軽にご連絡ください。

マザーボードやメモリのトラブルで起動しない場合は
サポートご予約専用ダイヤルを見る 今すぐお電話で相談したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
サポートご予約専用ダイヤルを見る 今すぐお電話で相談したい方はこちらをタップ連絡先に追加する

サポートご予約専用ダイヤルは、パソコン修理と家電修理で異なります。
お間違えのないようご注意ください。

パソコン修理 家電修理
基本料金+環境・トラブル診断料金+作業料金が発生いたします。
0120-713-835
受付時間 9:00~21:00
(年中無休)
出張料金+診断料金+技術料金+部品代が発生いたします。(出張修理の場合)
096-380-1945
受付時間 9:00~18:00
(年中無休)