PCの故障確認に役立つBIOSとは?基礎知識&設定画面の起動方法

BIOSの基礎知識や設定画面の起動

PCにあまり詳しくない方は聞いたことがないかもしれませんが、パソコンには「BIOS」と呼ばれる重要なプログラムがあります。

BIOSは、OSの起動や、PCと接続機器間の入出力を制御するプログラムです。BIOSの起動画面は青い背景に英語表記という特徴的な画面になっている場合が多いので、BIOSと認識していなくても、「この画面なら見たことがある」という方もいるでしょう。このプログラムを起動して誤った設定にしてしまうと、PCが起動しなくなったり、周辺機器が認識されなくなったりする恐れもあるため、通常は設定を変更する必要はありません。

BIOS設定画面の起動

しかし、このBIOSというプログラムについてある程度知っておくと、PCに何らかの不調があったときに、PCに使われている各種パーツに異常がないか調べることや、PCのシステム情報などを確認することもできます。

そこで今回は、BIOSの基礎知識や設定画面の起動方法などをご紹介します。

BIOSとは

BIOSとは、「Basic Input/Output System」の略称で、PCの根幹となるプログラムのことです。

PCのマザーボード(主基板)に実装された不揮発性メモリ(PCの電源を切っても記憶を保持できるメモリ)に組み込まれていて、PCの電源を入れたときに最初に起動されるプログラムです。OS(WindowsやMac OSなど)のようにハードディスクに格納されているプログラムではありません。

起動されたBIOSは、PCに接続している周辺機器や組み込まれているパーツをチェックして使用できる状態に準備した後、ハードディスクなどの外部記憶装置からOSを起動するプログラムを実行します。なお、BIOSはカスタマイズすることも可能です。

現在、主に使用されているBIOSには「Phoenix Award BIOS」「AMI BIOS」「Intel Visual BIOS」の3種類があります。

Phoenix Award BIOS

Award Software InternationalというアメリカのBIOSメーカーが、同じくアメリカのBIOSメーカーであるPhoenix Technologiesに吸収合併されたことで誕生したBIOSです。単に「Award BIOS」といわれる場合もあります。Phoenix Award BIOSとPhoenix BIOS、2タイプのBIOSが流通しています。

AMI BIOS

アメリカのAmerican Megatrends, Inc.というBIOSメーカーが開発したBIOSです。多くのPCメーカーでは、AMI BIOSを独自にカスタマイズしたものが採用されています。Phoenix(Award)系のBIOSに比べて、BIOS内のメニュー項目が細かく階層化されていることが特徴です。

Intel Visual BIOS

2012年頃からインテル製のマザーボードに搭載されるようになった新しいBIOSです。従来のBIOSは基本的にキーボードで操作するように設計されていますが、このBIOSはマウス操作が可能で、グラフィカルで直感的に分かりやすいインターフェイスになっていることが大きな特徴です。

BIOS設定画面の起動方法

BIOS設定画面の起動方法はPCのメーカーによって異なりますが、さほど大きな違いはありません。

PCの電源を入れた際、最初にFull Screen Logo画面(マザーボードなどの機種名が表示される画面)やPOST画面(BIOSがPCの起動準備をしている画面)、PCメーカーロゴの画面などが表示されますが、画面が表示されている間にキーボードのファンクションキー(主に[F2]キー)を押すことで、BIOS設定画面が起動します。以下のような画面が表示されれば成功です。多くの場合、5回~10回連打すると成功しやすいです。

PCのメーカーによって、BIOSの設定画面を起動させる際に押すファンクションキーが異なるので注意しましょう。[F2]キーの他、[F1][F6]、[F10][Delete]、[Esc]などのキーが割り当てられています。

キーを押すタイミングは、ほとんどのPCメーカーで前述の画面が表示されている間(起動直後)です。ただし、中には[Esc]キーを押しながらPCの電源を入れなければならない場合もありますので、PCの取扱説明書などをよく確認してから実行するようにしましょう。

また、Windows 10などを搭載する最近のタブレット型PCの場合は、音量調整ボタン「+」か「-」(型番や機種によって異なる)のいずれかと電源ボタンを同時押しでBIOSを起動させられるものもあります。

画面の操作方法

BIOSの画面は基本的にキーボードだけで操作します。(一部のBIOSではマウスが動くものもありますが、マウスの動きが遅延したり、誤ってクリックしてしまうこともあるのでマウスはあまり使用されません。)

  • 項目の移動(選択):カーソルキーの「↑」、「→」、「↓」、「←」、「Tab」
  • 選択した項目を決定:「Enter」
  • 数値の変更:「-」「+」
  • 初期値に戻す:「F9」
  • 終了する:「Esc」
  • 保存してから終了する:「F10」

メニュー画面

メニュー画面はカテゴリにわけられていていてBIOSの種類によりますが、以下のような項目があります。BIOSの画面は英語表記であることがほとんどですが、日本語のメニューを実現している機種もあります。

  • Main(System Info、CMOS):日時設定やメモリ情報など基本情報の表示や設定の初期化ができる。
  • Advanced(Tools、Integrated):システムの詳細設定や接続に関するものの設定。
  • Security:BIOSが無断で変更されないようにパスワードを設定できます。
  • Boot:起動に関するメニューです。
  • Exit:BIOS画面を終了します。

BIOSでよく使う機能

BIOSは各PCメーカーがカスタマイズしているため、メーカーによって備えている機能や表示が異なります。ここでは基本的な機能のうち、よく使うものを取り上げます。

ドライブ起動順位の変更

BIOSの機能の中でも、特に使う機会が多いのが「ドライブの起動順位の変更」ではないでしょうか。

通常、PCは起動するとハードディスクにアクセスし、そこにあるOSのデータを読み込んでOSを起動させます。これは、BIOSによって最初に起動するドライブがハードディスクに設定されているからです。

PCに問題が生じてOSの再インストールをしなければならないときや、ハードディスク以外からOSを起動させたいときは、BIOSでドライブの起動順位を変更し、CD/DVDドライブから起動させたり、USB接続してあるデバイスから起動させたりすることができます。

ドライブの起動順位の変更方法はそれほど難しくありません。Phoenix BIOSの例を挙げると、以下のような手順になります。

1.BIOS設定画面を起動する

Phoenix BIOSの例

2.[←][→]キーを使って[Boot]まで移動する

[Boot]まで移動

3.起動順位を上げたいデバイスを[↑][↓]キーを使って選択し、[+]キーを押す

[+]キーを押すたびに順位が一つ上がります。ここでは、[CD-ROM Drive]の順位を上げました。

起動順位を上げたいデバイス

  1. [F10]キーを押す。もしくは、[Exit]に移動して[Exit Saving Changes]を選択し、[Enter]キーを押す

[Exit Saving Changes]を選択

使用されているBIOSによって操作方法は異なりますが、大体同じような操作で設定変更が可能です。

パスワード設定

BIOSには、OSのパスワードとは別にパスワードを設定する機能があります。BIOSで使える機能に制限をかけたり、BIOS起動時にパスワードを入力しなければならない設定にしたりすることが可能です。

個人でこのパスワードを設定している人は少ないと思いますが、会社のノートPCなど仕事でPCを持ち運ぶ場合などに、セキュリティ対策の一環として設定されることがあります。

BIOSのパスワードを設定する際の注意点は、パスワードを忘れないようにすることです。

万が一このパスワードを忘れてしまうと、BIOSが起動できず、PCがまったく使えない状態になります。

BIOSのパスワードは管理者パスワードとユーザーパスワードに分けられます。万が一ユーザーパスワードを忘れてしまっても、管理者パスワードを覚えていれば、管理者パスワードを削除することでユーザーパスワードも削除されます。しかし、管理者パスワードを忘れてしまうとBIOSを起動させることができず、修理に出さなければならなくなってしまうため注意してください。

ハードウェア診断

BIOSには、PCの各パーツや機能に問題が生じていないか検査する機能があり、「ハードウェア診断」などの名称がつけられています。この機能では、PCのメモリやハードディスク、バッテリーなどに異常がないか確認したり、PCのシステム情報を確認したりできます。PCに不具合が起きたときの原因特定にも役立ちます。

日本語表示

BIOSは基本的に英語表示ですが、一部の機種では日本語表示に設定することも可能です。メインメニューで[Language]を選択すると、英語表示から日本語表示に変更されます。日本語表示できる機種をお使いの方は、BIOSの表示を日本語に切り替えてからBIOSの設定をしても良いでしょう。

Tips

不要な設定変更はパソコン全体の動作に支障をきたします。使っていてどこを操作したかわからなくなった、あるいは誤った操作をした場合は「Ctrl+Alt+Delete」を押すことでBIOS画面を終了してパソコンを再起動することができます。

BIOS/ UEFI完全攻略読本 Skylake&Windows 10対応版

BIOS/ UEFI完全攻略読本 Skylake&Windows 10対応版

パソコン自作の専門誌が作ったBIOS/UEFI解説書の第3弾がついに登場。

 

おわりに

BIOSの設定は、基本的にはPC上級者向けの操作のため、PCに自信がない方は基本的に触らないで下さい。むやみやたらに起動させたり設定を変更したりすることは避けましょう。

しかし、BIOSの基本的な機能や起動方法の知識を知っておくと、いざというときにPCの故障診断やハードディスクドライブの起動順位の変更などを行うことができて便利です。パソコンユーザーにとって知っていて損のない知識ですので、この機会にBIOSについてぜひ学んでみてはいかがでしょうか。

OSが起動しないときは、BIOSに問題があることが少なくありません。ドクター・ホームネットでは、BIOSのアップデートやBIOSに搭載されているCMOS電池の交換も承ります。お気軽にお問い合わせください。

パソコン初心者に安心のドクター・ホームネット
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する