目に悪い?PCやスマホから出るブルーライトとは?

目に悪い?PCやスマホから出るブルーライトとは?

就寝前にスマホを使用したり、長時間PCを使用したりすると、目の疲れや気だるさを感じることはありませんか?現代の生活には欠かせないPCやスマホですが、画面を長時間見ていると眼精疲労につながってしまいます。眼精疲労の原因の1つが、PCやスマホの画面から出るブルーライトだといわれています。

そこで今回は、PCやスマホから出るブルーライトについてご紹介します。

1.PCやスマホから出る「ブルーライト」とは?

PCやスマホから出るブルーライト

ブルーライトとはその名の通り青色の光で、波長は380~500nm(ナノメートル)です。400nmより短い波長が紫外線、700 nmより長いものが赤外線と呼ばれています。つまり、ブルーライトは人間の目に見える光の中で、最も紫外線に近く、強いエネルギーを持つ光です。そのエネルギーは、角膜や水晶体を通過して網膜まで到達するほどの強さを持っているとされています。紫外線による肌の日焼け対策と同様に、ブルーライトによる目へのダメージ対策も必要といわれています。

1-1.ブルーライトの発生源

ブルーライトは、LEDディスプレイやLED照明などから多く放出されています。LEDは消費電力などに優れていますが、ブルーライトを主な光源としています。LEDが広く普及したことが、現代人の眼精疲労や肉体疲労の原因の1つでもあるといえるでしょう。

ブルーライトの発生源として代表的なものは、TVモニターやPCディスプレイ、携帯ゲーム機の画面などが挙げられます。その中でも、長時間かつ至近距離で画面を見続けることが多いスマホや携帯ゲーム機、PCには注意が必要です。ブルーライトの放出量だけではなく、光源と目の距離や長時間の利用などが原因となり、ブルーライトによる影響が強く出やすくなってしまうのです。

2.ブルーライトは目に悪い?

ブルーライトは目に悪い

ブルーライトは目を疲れさせるだけでなく、良質な眠りも妨げるといわれています。良質な睡眠が得られないと、疲れ目や寝不足の原因となり、体調不良にもつながります。

2-1.ブルーライトによる目の疲れ

ブルーライトは波長が短く散乱しやすいため、目の焦点が合いにくくなっています。そのため、散乱した光に焦点を合わせようとすることで目の筋肉が酷使することに。さらに光のエネルギー自体が強いことでも目を疲労させてしまいます。また、目の疲れは目そのものの痛みだけではなく、頭痛も引き起こす恐れがあります。

2-2.目へのダメージ

強い光を直視できないのは、目がダメージから身を守ろうとする反応です。まぶしいと感じる光でなくても、浴び続けることでダメージは蓄積していきます。ブルーライトを毎日浴び続けていれば、目へのダメージは避けられません。将来目の病気を引き起こす可能性が高まってしまいます。

ブルーライトを抜きにしても、スマホやPC画面は発光して表示されているもののため、画面を見る=光源を直視している状態になります。

2-3.体内時計を乱し、良質な眠りを妨げる

寝る前にブルーライトを浴びると、体内時計の乱れを引き起こしてしまうといわれています。ベッドに入ってもなかなか眠れなかったり、睡眠時間を十分確保しているのに疲れが取れなかったりということはありませんか?その原因は、寝る前に浴びるブルーライトかもしれません。

人間の体は日光を浴びることで朝だと認識し、暗くなれば夜だと認識して体を休めようとします。しかし、ブルーライトの強い光を寝る前に浴びると、睡眠に関わるホルモン「メラトニン」の分泌量が抑制されます。これにより、実際には夜なのに体が朝だと認識してしまい、体内時計のリズムが崩れてしまうのです。

日中はブルーライトによって目や体を消耗し、夜はうまく寝付けず眠りも浅くなってしまいます。このような生活が続くと、体のだるさが抜けない慢性疲労の状態にもなりかねません。

3.スマホやPCのブルーライトの問題点

スマホを使用する場合、PCと比較すると至近距離で画面を見ることになります。目は近くの物を見るときに筋肉が収縮するため、近くを見続けていると疲れ目につながります。そして、距離が近いことでブルーライトのエネルギーも強く受けてしまいます。

PCのブルーライトの問題点としては、目だけでなく体にも疲労が蓄積し、気だるさを感じやすくなるということがあります。目の疲れが原因で筋肉が緊張し、肩こりなどを引き起こしやすくなります。それに加え、PCを使用する場合は長時間座りっぱなしで画面を見続けることが多いと思われます。ただでさえ目が疲れるのに、体の筋肉が凝り固まることでより強い疲労につながってしまうでしょう。

4.ブルーライトを抑える方法

ブルーライトを抑えるお金も道具もいらない手軽な方法として、ディスプレイの表示色設定を変更するという方法があります。これだけでもブルーライトを減らすことができます。ディスプレイは赤・緑・青の光の三原色で構成されていますが、このうちの青色光のレベルを下げることでブルーライト対策が可能です。画面が赤みがかった色合いに変更され、目の疲れを軽減することができます。

また、ディスプレイに貼り付けることでブルーライトをカットできるフィルムも市販されています。スマホの場合はガラスタイプやフィルムタイプ、指紋が付きにくい表面加工が施されているものなど、さまざまな特徴のフィルムが市販されています。自分の利用スタイルに合ったものを選びましょう。

あるいは、ブルーライトカットの効果があるレンズを使用した眼鏡を着用しても良いでしょう。

5.ブルーライトから目を守る対策

スマホやPCの長時間使用は避けることが大切です。画面を見続けないことや同じ姿勢を取り続けないことに気を付けましょう。疲れてきたと感じたら、遠くを見て目の筋肉を休めたり、目の周りをマッサージしたり、温めて血行を良くしたりすると疲れが和らぎます。

座りっぱなしの場合は、1時間に1度立ち上がる、可能であれば少し歩くなどして体を動かしましょう。席を立つことが難しいなら、座ったままできるストレッチも効果があります。

また、眠る前にスマホやPCなどを使う習慣は眠りの妨げになるため、光源を見ずに楽しめる読書や音楽鑑賞といった習慣に変えてみてください。眠りの質が改善することがあります。眠る2時間前にはスマホやPCといったLEDディスプレイ、あるいはLED照明の強い光を避けて、体を眠りに入りやすくしてあげましょう。

5-1.画面の明るさを調整する

ブルーライト対策だけではなく、周りの環境へも気を配ると目の疲れを抑えることができます。例えば、周囲に合わせて画面やディスプレイの明るさを調整すると効果的です。周囲の環境と比べて明るすぎる、または暗すぎる画面を見ることは目に良くありません。暗い場所ではわずかな光を取りこむために瞳孔が開いた状態になり、逆に明るい場所では瞳孔が小さくなり、光を取りこむ量を調整しています。そのため、周囲の環境と画面の明度差が大きい場合、目の調整がうまくいかず疲れ目を起こしてしまいます。周囲の環境に合わせて明るさを調整し、目の疲れを抑えましょう。

ブルーライトで困ったときの相談先

ブルーライトは目だけではなく体にも影響を及ぼします。スマホやPCを使用する際には、連続して使用せずに適度に休憩を取りましょう。ブルーライトからしっかり目を守り、目の健康を保つよう心掛けてください。

ドクター・ホームネットでは、この他にもパソコンを快適に利用するための情報が多数掲載しています。また、パソコンに関するトラブル解決方法や操作に関する基本的な知識など、お得な情報も満載のため、ぜひご覧ください。

ブルーライトで困った!ドクター・ホームネットに相談する
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
24時間受付 Webで申し込む
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する