これって故障?プリンターの黒インクだけ出ないときの原因と対処法

久しぶりに家のプリンターで印刷をしたとき、なぜか黒だけ出ないなど、特定の色がきれいに印刷できなかった経験はありませんか?

そんなときに慌てなくても良いように、今回はプリンターの特定の色が出ないときの原因と対処法についてご紹介します。

インクカートリッジの仕組み

家庭用プリンターの多くはインクジェットと呼ばれるタイプのプリンターで、インクカートリッジを装着して印刷します。カートリッジは多くの場合、6カ月以内と使用期限が設けられています。

しかし、例えば年賀状の印刷以外は、たまに写真やインターネットの記事・クーポンを印刷する程度という場合、1つのカートリッジを6カ月以内で使い切るのは難しいかもしれません。

しばらく使用されずに放置されると、カートリッジ内のインクが固まったり、インクを用紙に吹き付けるための「ヘッド」やインクを出す「ノズル」部分に空気やインク、ホコリなどの不純物が詰まったりして、きれいに印刷できなくなる場合があります。

プリンター・インクカートリッジをチェックしよう

7193-00062-2

インクタンクが浮いていないかチェック

プリンターのカートリッジが少しでも浮いていると、インクがヘッドにうまく補充されません。そのため、字がかすれたり色が出なかったりします。カートリッジは「カチッ」と音がするまでしっかり押し込んでセットしましょう。

保護テープをはがし忘れていないかチェック

新しいカートリッジをセットしたばかりの場合は、インクの保護シールが付いたままになっている可能性があります。一度カートリッジを外し、保護テープのはがし忘れがないかを確認しましょう。

インクの使用期限をチェック

メーカーによって使用期限は異なりますが、購入・開封から時間が経っていると最適な印刷ができないことがあります。新しいカートリッジと交換してみましょう。

メーカー推奨の純正製品かどうかをチェック

セットされているカートリッジが詰め替えインクや補充キットなどの純正カートリッジではない場合、目詰まりやインク漏れなど、故障の原因になる可能性があります。

純正インクをセットし直して、印刷をし直してみましょう。

プリンター内部にホコリが溜まっていないかチェック

プリンターの内部に溜まったホコリが原因でヘッドが汚れてしまったり、ノズルが詰まっていたりする可能性があります。

ヘッドを直接触ることは各メーカーが推奨していないため、内部を掃除するときは、カートリッジ周りに溜まったホコリを取り除くくらいにしておきましょう。

ヘッドクリーニングをしてみよう

ヘッドクリーニングとは、インクを出すヘッドのノズル部分を掃除することです。

掃除といっても、実際はノズル内のインクを強制的に噴射させて、詰まりを直すという方法です。

ヘッドクリーニングはインクを大量に消費するため、やりすぎるとインクが空になってしまいます。むやみには行わず、本当に困ったときや必要なときにだけ、2~3回行うようにしましょう。

具体的な方法は、使用しているOSやプリンターによって異なるため、一概には説明できません。しかし特に難しい操作は必要ないため、プリンターの取り扱い説明書などを確認してやってみましょう。

ヘッドクリーニングをしたあとは、テスト印刷をしてきれいに印刷できるようになったかどうかを確認してみましょう。2~3回繰り返しても特定の色がうまく出ない場合は、プリンターの電源を落としてしばらく放置してから、もう一度ヘッドクリーニングを試してみてください。

7193-00062-3

また、どうしても直らないときは、洗浄液が入った掃除用カートリッジを活用すると良いでしょう。

おわりに

プリンターの目詰まりやインクのかすれ防止には、定期的なクリーニングが必要です。

ご紹介したクリーニング方法を試してもきれいにならない場合は、修理を依頼しましょう。強引にヘッドを拭いたり分解してしまったりするとメーカーの保証対象外になるため、注意してください。

[amazon_associates_s t=”4900-22″ mode=”computers-jp” search=”プリンター”]

ドクター・ホームネットでは、パソコンやインターネット関連のさまざまな便利情報を配信中です。ぜひ充実したパソコンライフを送るヒントにしてください。

プリンターの設定でお困りの際は
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-713-835 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
今すぐお電話で相談したい方はこちらをタップ 0120-713-835連絡先に追加する