PCがUSBメモリを認識しない原因と対処法【Windows 10/Windows 7】

PCがUSBメモリを認識しない原因と対処法【Windows 10/Windows 7】

データの持ち運びに便利なUSBメモリですが、持ち運んだ先で「フォーマットしますか?」というメッセージが表示されたりして認識されない、などのトラブルに見舞われることがあります。そんなことがあっては大変困りますよね。USBメモリが認識されなくなってしまったら、認識されない原因を探り、復旧を試みましょう。

今回は、Windows 10またはWindows 7がUSBメモリを認識しないときの原因と対処法についてご紹介します。

USBを認識しないパソコンのトラブル・データ復旧ならドクター・ホームネットへご相談ください

PCでUSBメモリが認識されない原因

PCでUSBメモリが認識されない場合は、PCまたはUSBメモリどちらかに問題があることが考えられます。

  • USBメモリ自体が故障している
  • PCのUSBポートが破損している
  • USBメモリをしっかり挿せていない
  • USBハブが故障している
  • USBメモリのドライバがインストールされていない
  • USBメモリの端子が違う

それぞれの原因を症状別でご説明します。

【認識されない症状その1】USBメモリのランプが点灯しない

USBメモリのランプが点灯しない

原因を特定するために、Windows 10またはWindows 7に差しているUSBメモリにあるランプが点灯しているか確認してみましょう。

USBメモリはPCのバスパワーで動いています。バスパワーとはUSBポートから電力の供給を受ける仕組みです。複数のデバイスをUSBポートに接続している場合、複数のUSBポートが電力を分け合うため、電力が足りずにWindows 10またはWindows 7がUSBメモリを認識しないことがあります。USBハブを使用すると、USBハブ自身も電力を使います。ですのでさらに供給電力は少なくなります。

USBメモリが最も電力を使うのはデータを書き込む時になります。その際、データを書き込む時に電力供給がうまくいかないとUSBメモリにデータが保存できず、データが壊れてしまう(認識するが開けない)場合もあります。

USBメモリのランプが点灯しない場合は、まずWindows 10またはWindows 7に接続されているUSB機器をいったんすべて取り外し、USBメモリだけを接続してランプが点灯するかどうかを確認してみましょう。それでもランプが点灯しない場合、USBポートが劣化、または破損している可能性が考えられます。USBポートを複数備えているPCをお持ちの方は、別のUSBポートに接続する、または外付けのUSBハブに接続して認識するかどうかを確認してください。

USBの端子とポートを確認する

USBにはいくつかの種類があり、一般的なUSBメモリの端子はType-Aですが、最近はType-CのUSBメモリも売られています。Type-AのUSBポートにはType-AのUSBメモリしか挿さらず、Type-CのUSBポートにはType-CのUSBメモリしか挿さりません。すぐに抜けそうになっている場合はType-AのUSBポートにType-CのUSBメモリを挿そうとしている可能性があります。

USBハブを使用している場合

PCのUSBポートではなく、外付けのUSBハブのUSBポートにUSBメモリを挿していて認識されない場合は、USBハブが正常に接続されていない、または故障していることが考えられます。まずはUSBハブを一旦外して接続しなおしてみましょう。この際、USBハブがセルフパワータイプの場合はACアダプターをコンセントに挿す必要があります。USBハブには下記のタイプがあるため、タイプに応じて適切に接続しましょう。

セルフパワー
USB端子をPCに接続し、ACアダプターをコンセントに接続して使用するタイプです。コンセントから電源供給を受けるため、消費電力が500mA以下のプリンターや外付けHDD、DVDドライブなどを使用することができます。
バスパワー
USB端子をPCに接続するだけで使用するタイプです。PCから電源供給を受けるため、消費電力が100mA以下のマウスやキーボード、USBメモリなどを使用することができます。
両方に対応
セルフパワーとバスパワー両方に対応しているタイプです。消費電力が大きい機器の場合はACアダプターをコンセントに接続し、消費電力が小さい機器の場合はACアダプターをコンセントに接続せずに使用するといった使い分けが可能です。

どの方法でもランプがつかない場合は、USBメモリ本体が物理的に故障している可能性があります。このような場合は専門業者に相談してください。

お問い合わせはこちら

【認識されない症状その2】マイコンピュータに表示されない

マイコンピュータに表示されない

USBメモリのランプはついているのにマイコンピュータにUSBメモリが表示されないのは、PCがUSBメモリをデバイスとして認識していない状態です。

通常、USB接続のデバイスは接続するだけでWindows 10またはWindows 7がドライバを自動的に認識してインストールします。しかし、正しくドライバ(USBメモリを使用するためのソフトウェア)がインストールされず、USBメモリが認識されないこともあります。

ドライバのインストールに失敗した場合は、一度ドライバの削除を行ってから、再度USBメモリを接続してドライバを再インストールを試してみましょう。再インストールした後はPCを再起動しておきましょう。

【Windows 10】ドライバの削除と再インストールの手順

  1. 「Windowsのロゴを右クリック」→「デバイスマネージャー」の順に操作して「デバイスマネージャー」を起動します。
  2. 「ユニバーサルシリアルバスコントローラー」を開く
  3. 「!」「?」が表示されている該当のドライバ(インストールに失敗したドライバ)を右クリックし、「デバイスのアンインストール」を選択
  4. 削除できたらもう一度USBメモリを接続し、ドライバが正常にインストールされ、Windows 10に認識されるかどうかを確認

【Windows 7】ドライバの削除と再インストールの手順

  1. 「スタートボタン」→「コントロールパネル」→「デバイスマネージャー」の順に操作して「デバイスマネージャー」を起動します。
  2. 「ユニバーサルシリアルバスコントローラー」を開く
  3. 「!」「?」が表示されている該当のドライバ(インストールに失敗したドライバ)を右クリックし、「削除」を選択
  4. 削除できたらもう一度USBメモリを接続し、ドライバが正常にインストールされ、Windows 7に認識されるかどうかを確認

USBメモリの専用ドライバをインストールする

USBメモリによっては専用のドライバをインストールする必要があります。USBメモリの説明書や公式サイトを確認して、必要に応じて付属のメディアやダウンロードページからドライバを入手してインストールしましょう。

【認識されない症状その3】 「フォーマットしますか?」というメッセージが表示される

接続したUSBメモリがWindows 10またはWindows 7のマイコンピュータに表示されるにも関わらず、マイコンピュータからUSBメモリのデータを表示させようとすると「フォーマットする必要があります。フォーマットしますか?」とメッセージが表示されることがあります。

これは、USBメモリの中のパーティション(USBメモリ内を異なる用途で使用するための区画)が認識されていない、またはファイルシステム(Windows 10やWindows 7といったOSがデータを管理するための仕組み)が認識されていないために起こる現象です。
ファイルシステムにはFAT、NTFS、exFATなどの種類があり、この種類がUSBメモリのデータを読み込むために使用しているPCのOSと合っていないと、USBメモリが認識されません。

「ディスクのフォーマット」ボタンをクリックするとUSBメモリの保存データは消去されますが、使用できるようになる場合もあります。USBメモリの保存データが不要であれば、各USBメモリのメーカーが用意しているフォーマット用のソフトを使ってフォーマットしてください。問題が解消されることがあります。

ただし、USBメモリの保存データを残したい場合はUSBメモリのデータを復元する必要があります。その場合は専門業者に相談してみましょう。

USBメモリのデータが消えた場合も復旧サポートはドクター・ホームネットにお任せください。論理障害、物理障害どちらにも対応可能です。詳しくはこちら

PCにUSBメモリが認識されない時の注意点

USBメモリが認識されないトラブルが発生した時に注意しなければいけないことが幾つかあります。下記はUSBメモリ内のデータが消えたり破損する恐れがあるため特に注意が必要です。

  • USBメモリを何度も抜き挿しする
  • USBメモリを叩く
  • USBメモリの端子に息を吹きかける

USBメモリが認識されない時に、認識されるまで何度も抜き挿しすることはおすすめできません。何度も行うことでタイミングによってはUSBメモリ内のデータが破損する恐れがあります。また、USBメモリの端子に息を吹きかけて埃なども飛ばすこともおすすめできません。息を吹きかけると端子が錆びる原因になります。USBメモリは精密機器ですので衝撃を与えないように取り扱いましょう。

他にもBIOSの設定でUSBポートが無効化されている場合もありますが、BIOSの設定変更は別のトラブルを引き起こす原因となる可能性があるため、自分でBIOSの設定を変更することはおすすめできません。ここまでに紹介した対処法で解決しない場合はドクター・ホームネットなどの専門業者にご相談ください。

USBメモリのトラブルはドクター・ホームネットにお任せください。詳しくはこちら

これまでの内容のまとめ

  • USBメモリのランプが点灯しない場合は、他のUSB接続機器を外してから接続する。
  • USBメモリがマイコンピュータに表示されない場合は、ドライバを再インストールする。
  • 「フォーマットしますか?」と表示され、保存しているデータが不要の場合は、USBメモリをフォーマットする。
  • USBメモリに保存しているデータが必要な場合は、専門業者に相談する。

USBメモリが認識されない不具合が解決しないときは

いかがでしたでしょうか。今回はWindows 10とWindows 7でのUSBメモリのトラブルについて説明しましたが、Windows VistaやWindows XP、macOSなどでも対処法は大きくは異ならないので一度お試しください。
また、小さなUSBメモリは便利なアイテムですが、ハードディスクと同じ記憶媒体であり、精密機器であることに変わりはありません。取り扱いには十分注意し、うまく使いこなしましょう。

ドクター・ホームネットはUSBメモリなどパソコンに関するあらゆるトラブルを解決するプロです。USBメモリが認識されない、パソコンの調子が思わしくない、操作方法が分からないときはぜひご相談ください。

「USB関連トラブル解決のプロ」ドクター・ホームネットに相談する
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
24時間受付 Webで申し込む
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する