PCがUSBメモリを認識しない…原因と復旧方法【Windows7編】

データの持ち運びに便利なUSBメモリですが、持ち運んだ先で認識されないなどのトラブルに見舞われることもあります。そんなことがあっては大変困りますよね。USBメモリが認識されなくなってしまったら、認識されない原因を探り、復旧を試みましょう。

今回は、Windows7がUSBメモリが認識しないときの対処方法についてご紹介します。

USBのランプが点灯しない場合

7193-00045-2

原因を特定するために、USBメモリにあるランプが点灯しているか確認してみましょう。

USBメモリはPCのバスパワーで動いています。バスパワーとはUSBポートから電力の供給を受ける仕組みです。複数のデバイスをUSBポートに接続している場合、複数のUSBポートが電力を分け合うため、電力が足りずに認識しないことがあります。

ランプが点灯しない場合は、まず接続されているUSB機器をいったんすべて取り外し、USBメモリだけを接続してランプが点灯するかどうかを確認してみましょう。

それでもランプが点灯しない場合、USBポートが劣化、または破損している可能性が考えられます。USBポートを複数備えているPCをお持ちの方は、別のUSBポートに接続して認識するかどうかを確認してください。

どの方法でもランプがつかない場合は、USBメモリ本体が物理的に故障している可能性があります。このような場合は専門業者に相談してください。

マイコンピュータに表示されない場合

7193-00045-3

USBメモリのランプはついているのに、マイコンピュータにUSBメモリが表示されないのは、PCがUSBメモリをデバイスとして認識していない状態です。

通常、USB接続のデバイスは接続するだけでWindows側がドライバを自動的に認識してインストールします。しかし、正しくドライバがインストールされず、USBメモリが認識されないこともあります。

ドライバのインストールに失敗した場合は、一度ドライバの削除を行ってから、再度USBメモリを接続して再インストールを試してみましょう。

【ドライバの削除と再インストールの手順】

1.「デバイスマネージャー」を起動

デバイスマネージャーは「スタートボタン」→「コントロールパネル」→「デバイスマネージャー」の順に操作すれば起動します。

2.「ユニバーサルシリアルバスコントローラー」を開く

3.「!」「?」が表示されている該当のドライバ(インストールに失敗したドライバ)を右クリックし、「削除」を選択

4.削除できたらもう一度USBメモリを接続し、ドライバが正常にインストールされ、認識されるかどうかを確認

マイコンピュータに表示されるがアクセス不可の場合

接続したUSBメモリがマイコンピュータに表示されるにも関わらず、マイコンピュータからデータを表示させようとすると、「フォーマットする必要があります。フォーマットしますか?」とメッセージが表示されることがあります。

これは、USBメモリの中のパーティションが認識されていない、またはファイルシステムが認識されていないために起こる現象です。

「ディスクのフォーマット」ボタンをクリックすると保存データは消去されますが、使用できるようになる場合もあります。

保存データが不要であれば、各USBメーカーが用意しているフォーマット用のソフトを使ってフォーマットしてください。問題が解消されることがあります。

ただし、保存データを残したい場合はデータを復元する必要があります。その場合は専門業者に問い合わせてみましょう。

おわりに

小さなUSBメモリは便利なアイテムですが、ハードディスクと同じ記憶媒体であり、精密機器であることに変わりはありません。取り扱いには十分注意し、うまく使いこなしましょう。

ドクター・ホームネットはパソコンに関するあらゆるトラブルを解決するプロです。パソコンの調子が思わしくない、操作方法が分からないときはぜひご相談ください。

周辺機器との接続サポート