パソコンの音が出ない原因と対処法【Windows 10/11】

パソコンの音が出ない原因と対処法【Windows 10/11】

音楽を聴いたり、ゲームをしたりするときに音が聞こえなくなってしまうと、迫力あるサウンドを楽しむことができません。音が出ていたのに急に聞こえなくなるなど、音に関するトラブルはたくさんありますが、実は落ち着いて対処すれば解決できる問題ばかりです。

今回は、パソコンの音が出ない場合の解決方法をご紹介します。

パソコンの音が出ない状態とは

パソコンの音が出ない状態になった時、主な原因は以下の3つが考えられます。

  • スピーカーやヘッドフォンの電源が入っていない、コンセント・コネクタが抜けている、壊れている
  • 音量がミュート(消音)になっている、または小さくなっている
  • デバイスドライバーが正常に起動していない

音が聞こえない場合に限った話ではありませんが、まずは一度パソコンを再起動してみましょう。一時的な不具合であれば、再起動をするだけで解決することも珍しくありません。

また、アプリのインストールや更新などを行った場合は再起動しないと新しい設定が反映されない場合も多いので、終わっていない作業があるなど特に理由がなければ画面に再起動の指示が出たら速やかに再起動を行いましょう。

パソコンの音が出ない原因を特定する方法

音が出ない原因は様々なため、原因が見つかりにくい場合もありますが、自分のパソコンのトラブルが上記原因のどれにあたるのか見極めましょう。

電源・ケーブル周りを確認

最初にスピーカーやヘッドフォンの電源が入っているかどうか確認し、次にコンセントやケーブルが正しく接続されているかチェックします。

チェックの際は目視で確認するだけでなく、コンセントやケーブルプラグを抜いて再度差し込んでみましょう。時間が経つうちにプラグが緩んでしまい、奥までしっかりと入っていなかったりすることがあります。

ヘッドフォンやイヤホンは、プラグがしっかりと差し込まれていない場合、音が聞こえない、もしくは片側からしか聞こえないことがあります。また、マイク端子と音声端子の差し間違いもよくあります。

差し込み直したらパソコンを再起動します。これで音が聞こえれば問題解決です。

デバイスドライバーを確認

デバイスドライバーは最新バージョンをインストールしておきましょう。旧バージョンのドライバーがインストールされている場合、動作が不安定になることがあります。

アプリ側の音量を確認

アプリ側の設定が原因で音が聞こえない場合や、視聴している音楽ファイルや動画ファイルに問題があって音が聞こえない可能性も考えられます。

YouTubeなどの動画配信サイトやTikTok、InstagramなどでSNSの音が出ない場合、アプリ側の音声設定がミュートもしくは小さくなっていないか確認する必要があります。

動画配信サイトでは著作権のある動画が公式のものに混じって違法にアップロードされている場合や著作権とは別に差別的な発言や個人情報など内容に問題があって音声が消されている場合もあります。

設定画面の「サウンド」を確認

設定画面で「サウンド」を確認した際に「出力デバイスを選択してください」の箇所が「出力デバイスが見つかりません」と表示されているのであれば、スピーカーのドライバーがインストールされてない、もしくはドライバー不具合かもしれません。

この場合、スピーカー用のデバイスドライバーを再インストールすることで改善する可能性があります。

第3者に確認

モスキート音など加齢に伴い聞こえにくくなる音もあります。高い周波数の音は、比較的若い世代でも聴力の衰えなどで聞こえない場合がありますので、可能であれば第3者にも音が出ているか確認してもらいましょう。

PCホスピタルはパソコンの音が出ないトラブルのサポートが可能です
PCホスピタルのパソコン修理概要
修理対応 出張/持込/宅配
対応エリア 出張修理は全国47都道府県/持込修理は全国15店舗/宅配修理は全国47都道府県
実績 年間約14万件サポートの実績。様々なメーカー製パソコンの修理実績を当サイト掲載中
料金 パソコン修理 3,300円~ + 基本料金 8,800円~11,000円
PCホスピタルのパソコンから音が出ない時のサポートについて詳細を確認する
PCホスピタルに今すぐ依頼する 0120-713-835

Windowsパソコンの音が出ない時の対処法

Windowsパソコンで音が出ない時の対処法は下記の通りです。

  • ケーブルを接続し直す
  • タスクバーから音量調整
  • デバイスドライバーの再インストール
  • デバイスを切り替える
  • 設定で変更及び音量調整
  • コントロールパネルで音量調整
  • 最新のデバイスドライバーに更新
  • トラブルシューティングツールを実行する
  • アプリを再インストール
  • 再起動する

最終的にはパソコンそのものの故障が原因である可能性を考える必要がありますが、まずはこちらでご説明している対処法ををお試しください。

ケーブルを接続し直す

よくある間違いとしてケーブルを音声端子ではなく、マイク端子に接続してる場合があります。

ケーブルがマイク端子に接続されてる場合は音声端子に接続し直してください。

タスクバーから音量調整

まずはタスクバーから音量調整を行い、音が出るかご確認ください。手順は下記の通りです。

Windows 10でタスクバーから音量調整を行う手順

  1. デスクトップ画面右下のスピーカーのアイコンをクリック
  2. つまみを左右に動かして、音量を調整します。また、つまみの左にあるスピーカーのアイコンをクリックすると、オンとオフを切り替えることができます
Windows 11でタスクバーから音量調整する手順
  1. タスクバーの右下にあるボリュームアイコンをクリック
  2. 音量スライダーを左右に動かす

デバイスドライバーの再インストール

デバイスドライバーの再インストールを行うことで、音が出ないトラブルが改善される可能性もあるため、ご確認ください。手順は下記の通りです。

Windows 10でデバイスドライバーの再インストールを行う手順

  1. デスクトップ画面左下の「Windowsキー」を右クリックし、一覧から「デバイスマネージャー」をクリック
  2. 「デバイスマネージャー」が表示されるので、確認したいデバイスの左側にある「>」を選択
  3. 表示されたドライバーから、再インストールを行いたいドライバーを右クリックして「削除」をクリック
  4. 「デバイスのアンインストールの確認」が表示されたら、そのままOKをクリック
  5. 削除が終わったら、開いているウインドウをすべて閉じてパソコンを再起動させます。再起動後、自動でドライバーのインストールが開始されます
  6. 1と2の手順を改めて行い、ドライバーが再インストールされている事を確認し、問題がなければ完了です
Windows 11でデバイスドライバーを再インストールする手順
  1. 画面下のWindowsマークの上で右クリックして「デバイスマネージャー」をクリック
  2. 再インストールしたい項目の右矢印をクリック
  3. 項目を選択して右クリックし、「デバイスのアンインストール」をクリック
  4. 「このデバイスのドライバーを削除しようとしました。」にチェックを入れる
  5. 「アンインストール」をクリック
  6. 「ハードウェアの削除を完了するには~」ポップアップ表示後、「はい」をクリック
  7. パソコンを再起動します
  8. 起動後、再度手順1~2を行います。
  9. アンインストールした項目を選択して右クリックし、「ドライバーの更新」をクリック
  10. 「ドライバーを自動的に検索」をクリック
  11. ドライバー更新後、「閉じる」をクリック
  12. 再起動ポップアップ表示後、「はい」をクリック。ポップアップが出ない時も再起動してください

デバイスを切り替える

デバイスを切り替えることで改善する可能性があります。手順は下記の通りです。

Windows 10でデバイスを切り替える手順
  1. 画面左下のWindowsマークのクリックして「設定」をクリック
  2. 「システム」をクリック
  3. 「サウンド」をクリック
  4. 「サウンドコントロールパネル」をクリック
  5. 再生タブ内の設定したいデバイスの上で右クリック
  6. 「有効」をクリック

Windows 11でデバイスを切り替える手順

  1. タスクバーの右下にあるボリュームアイコンをクリック
  2. 音量スライダーの横のデバイスアイコンをクリック
  3. 設定したいデバイスを選択します

設定変更及び音量調整

「設定」のサウンド画面から設定変更や音量調整する方法もあるのでご紹介いたします。

Windows 10で設定変更及び音量調整する手順
  1. 画面左下のWindowsマークをクリックして「設定」をクリック
  2. 「システム」をクリック
  3. 「サウンド」をクリック
  4. 「出力デバイスを選択」でデバイスを変更する、もしくはマスター音量の音量スライダーを左右に動かす
Windows 11で設定変更及び音量調整する手順
  1. スタートメニューから設定を開く
  2. システムを選択
  3. サウンドを選択
  4. 「サウンドを再生する場所を選択」を見直す、もしくはボリュームの音量スライダーを左右に動かす

コントロールパネルで音量調整

コントロールパネルから音量調整する方法もあるのでお試しください。

Windows 10でコントロールパネルから音量調整する手順
  1. 画面左下の検索ボックスにタスクバーにコントロールパネルと入力してコントロールパネルを開く
  2. 「ハードウェアとサウンド」をを選択
  3. 「サウンド」を選択
  4. 該当のデバイスを選択し、右クリックからプロパティを選択
  5. レベルタブを開き、音量スライダーを左右に動かす

Windows 11でコントロールパネルから音量調整する手順

  1. 画面下の検索ボックスにコントロールパネルと入力
  2. 「コントロールパネル」をクリック
  3. 「ハードウェアとサウンド」をクリック
  4. 「サウンド」をクリック
  5. 音量調整したいデバイスの上で右クリックして「プロパティ」をクリック
  6. レベルタブの音量ボリュームを左右に動かしてください

最新のデバイスドライバーに更新

最新のデバイスドライバーに更新することで音のトラブルが改善する可能性があります。手順は下記の通りです。

Windows 10で最新のデバイスドライバーに更新する手順
  1. 画面左下の検索ボックスにデバイスマネージャーを入力してデバイスマネージャーを選択
  2. デバイスドライバーを更新したい項目をダブルクリック
  3. 開いた項目の上で右クリック
  4. 「ドライバーの更新」をクリック
  5. 「ドライバーを自動的に検索」をクリック
  6. 「ドライバーが正常に更新されました」が表示されたら更新完了のため、「閉じる」をクリック
Windows 11で最新のデバイスドライバーに更新する手順
  1. スタートボタンを右クリックしてデバイスマネージャーを選択
  2. 該当のドライバーを選択し、右クリックからドライバーの更新を選択
  3. ドライバーを自動的に検索を選択して更新

他にもキーボードやアプリのプレーヤー、またはスピーカー自体で音量調整を行って出力確認をすることもできるのでお試しください。

トラブルシューティングツールを実行する

トラブルシューティングツールを実行することでパソコンの音が出ないトラブルが改善する可能性があります。

手順は下記の通りです。

トラブルシューティングツールを実行する手順
  1. 画面下のWindowsマークをクリック
  2. 「設定」をクリック
  3. 「システム」をクリック
  4. 「トラブルシューティング」をクリック
  5. 「その他のトラブルシューティングツール」をクリック
  6. 「オーディオの再生」の横にある「実行する」をクリック

アプリを再インストール

パソコン及びアプリから音が出ない場合、アプリに何らかの不具合があるため、パソコンから音が出ないことも考えられます。

該当アプリをアンインストールしてから再度アプリのインストールを行い、パソコンから音が出るかご確認ください。

再起動する

パソコンの一時的な不具合により、音が出ないことがあります。

その場合、パソコンを再起動することで正常に音が出る状態に改善する化膿性があるため、お試しください。

Windowsパソコンでスピーカーの音が出ない、イヤホンは出る時の対処法

Windowsパソコンのスピーカーから音が出ないのにイヤホン(ヘッドフォン)からは音が出る場合があります。その場合の対処法は下記の通りです。

  • 既定のデバイスをスピーカーに設定する
  • 音量ミキサーで設定を変更
  • 設定画面からスピーカー設定を変更

それぞれの対処法をご紹介いたします。

既定のデバイスをスピーカーに設定する

パソコンは初期の状態であればスピーカーが既定のデバイスに設定されていますが、外部出力機器を接続して音を再生すると、既定のデバイスの設定が自動的に変更されてしまい、パソコンの音が正常に再生されないことがあります。

考えられる理由はさまざまですが、まずはサウンド設定で既定のデバイスがスピーカーになっているかどうかを確認してみましょう。手順は下記の通りです。

Windows 10で「規定のデバイス」をスピーカーに設定する手順

  1. 画面右下にあるスピーカーのアイコンを右クリックし、「サウンド」をクリック
  2. 「再生」タブをクリックし、スピーカーが既定のデバイスに選択されているか確認
  3. スピーカーが既定のデバイスでない時は、スピーカーを右クリックして「既定のデバイスとして設定」をクリック
Windows 11で規定のデバイスをスピーカーに設定する手順
  1. タスクバーのスピーカーアイコンの上で右クリックして「サウンドの設定」をクリック
  2. サウンド画面表示後、下にスクロールして「サウンドの詳細設定」をクリック
  3. 再生タブの「スピーカー」をダブルクリック
  4. 「デバイスの使用状況」を「このデバイスを使用する(有効)に変更
  5. 「適用」をクリック
  6. 「OK」をクリック

音量ミキサーで設定を変更

規定のデバイスの設定を変更しても改善されない場合は音量ミキサーの設定を変更してみてください。手順は下記の通りです。

Windows 10で音量ミキサーの設定を変更する手順
  1. 画面右下のスピーカーアイコンを右クリックして「音量ミキサー」をクリック
  2. 消音になっているアプリがあればつまみを動かして音が出るか試してください

Windows 11で音量ミキサーの設定を変更する手順

  1. タスクバーの音量アイコンの上で右クリックして「音量ミキサー」をクリック
  2. 「音声ミキサー」表示後、「ボリューム」のつまみを左右に動かしてください

設定画面からスピーカー設定を変更

設定画面からスピーカー設定を変更して改善する可能性もあるため、手順をご紹介いたします。

Windows 10で設定画面からスピーカー設定を変更する手順
  1. 画面左下のWindowsマークをクリック
  2. 「設定」をクリック
  3. 「システム」をクリック
  4. 「サウンド」をクリック
  5. 「出力デバイスを選択してください」から変更してください
Windows 11で設定画面からスピーカー設定を変更する手順
  1. スタートボタンをクリック
  2. 設定を選択
  3. システムを選択
  4. サウンドを選択
  5. スピーカーの横にある矢印を選択
  6. 「オーディオ」内に「許可しない」が表示されてる場合はクリックして、設定を変更する

その他の対処法

他にもパソコンから音が出ない時の対処法があるのでご説明いたします。

放電

パソコンが帯電していると正常に動作しない場合があり、音の再生にも影響が出ている可能性があります。

その場合は電気を放出するため、放電作業を行う必要があります。最も簡単な放電の方法は、デスクトップ型パソコンの場合は電源を抜いて数分から可能であれば30分以上待ちます。

ノートパソコンの場合は電源だけでなくバッテリーも抜きますが、バッテリーが取り外せないタイプのノートパソコンであればデスクトップ型パソコンと同じ方法で放電を行います。

より高度な放電方法もありますが、こちらはパソコンを分解するなど作業内容が複雑になるため、自信が無いのであればPCホスピタルに依頼いただくことをおすすめいたします。

再セットアップ

パソコンの再セットアップを行うことで解決することもあります。

ただし、これはパソコンを購入時の状態に戻すものなので、パソコン内のデータや設定は消えてしまいます。再セットアップを行う場合は、データや設定のバックアップを行ってからにしましょう。

パソコンの音が出ないトラブルをプロに任せるのも一つの対処法

記載の対処法を試してもパソコンから音が出ない場合、内部パーツの故障やシステムエラーなど複数の原因が組み合わさっている可能性もあります。

パソコンを分解して内部パーツを交換すればパソコンから音が出るようになるかもしれませんが、失敗すれば更に状態が悪化してしまうことも考えられます。また、ノートパソコンや一体型パソコンは分解の難易度が高く、知識が無ければ修復できない状態に陥る可能性があります。

自力の改善が難しいとお考えの場合はパソコンやデータを守るためにも、プロのパソコン修理業者のPCホスピタルにご依頼いただくことをおすすめいたします。

PCホスピタルはパソコンの音が出ないトラブルのサポートが可能です

パソコンの音が出なかったり、聞き取りにくかったりするようなトラブルは、ちょっとした方法で解決できることがほとんどです。

ただ、パソコンの状態によってはシステムやハードなど様々な影響で音が出ない可能性もあるため、修理技術に長けた方で無ければ原因を調べることと対処を行うことが難しい場合もあります。

PCホスピタルでは音が出ないパソコンの修理を承っています。お困りの際はぜひご依頼ください。

PCホスピタルのパソコン修理概要
修理対応 出張/持込/宅配
対応エリア 出張修理は全国47都道府県/持込修理は全国15店舗/宅配修理は全国47都道府県
実績 年間約14万件サポートの実績。様々なメーカー製パソコンの修理実績を当サイト掲載中
料金 パソコン修理 3,300円~ + 基本料金 8,800円~11,000円

PCホスピタルのパソコンから音が出ない時のサポートについて詳細を確認する
監修

濱﨑 慎一日本PCサービス株式会社 常務取締役 兼 NPO法人 IT整備士協会 理事

2010年8月、日本PCサービス株式会社に入社。パソコン修理などデジタルトラブルを5年で4500件以上解決。その後、サポート人材育成など、事業責任者として、個人向けデジタルトラブル解決に8年半携わる。2019年より同社にて、法人向けサポートの取締役に就任。また特定非営利活動法人 IT整備士協会の理事として業界活性化のため正しいデジタル知識の普及、スマートフォンなどの新しい整備士資格の構築に携わる。

保有資格 パソコン整備士検定 取得

上部へ
戻る
出張地域・近隣店舗を確認する連絡先に追加する
上部へ
戻る