よく使う単語はパソコンで単語登録(辞書登録)が便利!単語登録の仕方

人や企業の名前、長くて複雑な単語などを毎回すべて入力する手間を面倒に感じたことはありませんか?うろ覚えの名前だと、入力するたびに資料を引っ張ってきて確認することにもなりかねませんよね。他にも、予測変換では出てこない単語の入力に手間取ることもあると思います。

そのような経験があるなら、単語登録(辞書登録)の利用をおすすめします。よく使用する単語を登録しておくと、次回から入力がずっと楽になるはずです。

同じような文章を入力する手間が省けるだけでなく、入力ミスを防ぐことも出来る便利機能なんです。

スマートフォンの場合、入力に時間がかかるということになりがちですので、この機能を活用している方は多いのではないでしょうか。

実は、そんな便利な機能がパソコンでも簡単に使用できるので、初心者の方も、是非チャレンジしてみてください。

今回は、Microsoft IMEでの入力の無駄やイライラを簡単に解決できる単語登録の仕方についてご紹介します。

Microsoft IMEとはWindows 10に標準で登載されており、文字の入力や変換を可能にするソフトウェアになります。

今回は、入力の無駄やイライラを簡単に解決できる単語登録の仕方についてご紹介します。

1.ユーザー辞書について

ユーザー辞書とは、Microsoft IMEなどの日本語入力ソフトにおける特殊な変換例がユーザー独自に登録されたファイルのことです。

近年は、Tabキーをクリックすればおおよその予測変換をしてくれるようになってきていますが、難読漢字だったり、あまりポピュラーではない単語や地名、人名や固有名詞、専門用語などは多くの場合一般的な「かな漢字変換機能」で変換することができないので、日本語入力からの英語変換する時などは、ユーザー辞書への単語登録が大変便利です。

変換後の文字列をあらかじめユーザー辞書に登録しておけば、他の一般的な変換候補よりも優先的に変換候補に挙がるようになり、入力作業を素早くかつ正確に行うことができるようになります。

この機能を使っていろいろな単語を登録した結果、パソコンでの入力作業が効率化できると思いますので、試してみましょう。

1-1.ユーザー辞書の登録例

例えば、ビジネスシーンで頻繁に使われる下記のような言葉を登録しておくことで、業務がはかどるはずです。

お→お世話になっております。株式会社○○の××です。

お→お疲れ様です。○○部の××です。

よ→よろしくお願いいたします。

か→株式会社○○

お→恐れ入りますが

も→申し訳ございません。

し→失礼いたしました。

ご→ご確認いただきますよう、お願いいたします。

お問い合わせはこちら

2.単語登録してみよう!

登録方法はとても簡単です。まず、モニター右下にあるIMEパッドの中からツールボックスを選び、「単語の登録」を選びます。表示されない・選択できない場合は、メモ帳などの文字を入力できるファイルを開くと可能になります。下記にやり方を記載します。

2-1.単語の登録方法

Windows 10での単語の登録手順をご説明します。

  1. パソコンを起動後、画面右下タスクバーの「A」や「あ」などのアイコンを右クリック
  2. 単語の登録をクリックしてダイアログボックスを表示する
  3. 単語を登録

単語登録のウインドウが開いたら、登録したい単語を「単語」の欄に入力し、「よみ」の欄に読み仮名を入力して「登録」ボタンを押します。

例えば「単語」に「和大」、よみに「かずひろ」と登録した場合は、「かずひろ」と入力して変換ボタンを押せばすぐに「和大」と表示されるようになります。

たくさんの変換候補の中から目的のものを探したり、1文字ずつ変換したりしなくても良くなるため、非常に効率的です。

2-2.ユーザー辞書ツールから単語の登録

ユーザー辞書ツールからも単語の登録が可能です。

手順

  1. 画面右下タスクバーの「A」や「あ」などのアイコンを右クリック
  2. 「ユーザー辞書ツール」を選択
  3. 「ユーザー辞書ツール」ウィンドウが表示されたら、「編集」を選択し、「新規登録」を選択
  4. 「単語の登録」ウィンドウが表示されるので単語を入力
  5. 「登録」ボタンをクリック
  6. 「閉じる」ボタンをクリック

※一度追加したユーザー辞書のデータは、IME上で操作することでバックアップすることができます。バックアップしておくと、誤って登録データを削除してしまった場合や、パソコンを買い替えたときなどに、改めて単語登録を行うことなく、ユーザー辞書を復元することができます。

2-3.一括で単語を登録

登録する単語が多いのであれば、リストを使用して一括で登録することが可能です。

一括用のテキストファイルは最初から手入力で作成するとエラーになる可能性があるので、現在パソコンに設定している単語一覧を出力し、そのファイルから任意で追記していくのがオススメです。

手順

  1. ユーザー辞書ツールを開く
  2. ツールを選択
  3. 一覧の出力を選択し、ファイル名を付けて保存する
  4. 保存したファイルを開いて、実際に登録してた内容か確認する
  5. ファイルに一括登録したい単語を追記して上書き保存する
  6. ユーザー辞書ツールを開く
  7. ツールを選択
  8. テキストファイルからの登録を選択
  9. 単語を登録したファイルを選択
  10. 登録処理の完了後、単語が登録されてるか確認して終了になります

2-4.現在入力している文字列を登録

メモ帳、Word、ブラウザ上の入力ボックスなどに入力している文字列を辞書に登録することもできます。

文字入力してから文字列を選択した状態でCtrl+変換キーを押して「単語の登録」を選択、もしくは文字列を選択した状態でCtrl+F7を押すことで単語の登録画面が表示されます。

選択していた文字列が入力された状態になっているので、よみを入力すれば登録することが可能になります。

2-5.ME言語バーから単語の登録

IME言語バーから単語を登録することも可能です。IME言語バーの表示方法から説明していきます。

手順

  1. 画面左下のスタートをクリック
  2. 「設定」を選択
  3. 「デバイス」を選択
  4. 「入力」を選択
  5. 「キーボードの詳細設定」を選択
  6. 「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」にチェックを入れる
  7. 画面右下にIME言語バーが表示されるので、「ツール」を選択
  8. 「単語の登録」を選択すれば登録が可能になります

3.短縮読みの登録

単語登録の機能を利用して、短縮読みを登録することもできます

例えば、「単語」に「Microsoft」、「よみ」に「まいくろ」と登録した場合、「まいくろ」と入力して変換すると「Microsoft」と表示されます。また、「単語」の欄に「〒000-0000」などの記号や数字を組み合わせた文字列を登録することも可能です。

単語の登録

名前、住所、電話番号、メールアドレス、会社名など、よく使用する単語は短縮読みとして登録しておくと、入力がとてもスムーズになります。単語の登録で品詞の中から短縮よみを選択すれば登録できます。

4.文章の登録

単語登録では、文章も登録することができます例えば、「よみ」に「いつも」と入力すると「いつもお世話になっております。○×商事株式会社 営業担当の山田太郎です。」と変換されるように設定することも可能です。

単語の登録

よく使用するあいさつ文が決まっている場合は、登録しておくと入力が非常に楽になります。

文章以外にも、「よみ」に「せん」と入力して「―――」や「===」と登録することもできます。バージョンによって登録できる文字の長さは変わりますが、基本的には100文字くらいまでなら登録できるようです。

単語登録についてのレッスンを受けたい方はこちら

5.便利な辞書ツール

住所や電話番号は、引越しすることで変わってしまうことがあります。単語登録している住所や電話番号も、最新の情報かどうかをたまに確認・修正する必要があるでしょう。

登録した単語の確認・修正をまとめて行いたい場合は「ユーザー辞書ツール」が便利です。画面右下の「A」や「あ」などのアイコンを右クリックした後、「ユーザー辞書ツール」をクリックするとウインドウが開き、今までに登録した単語の一覧が表示されます。

単語を指定して「編集」タブをクリックすると、登録した単語の削除や変更を行うことができます。

登録した単語をまとめて確認できる辞書ツールの表示方法も、ぜひ覚えておきましょう。

単語登録を活用して漢字変換をスムーズに

単語登録をしておくだけで、文章を入力する際の手間や時間を大幅に減らすことができます。入力間違いも減らせるでしょう。ひと手間掛けるだけで、作業効率が大幅にアップすること間違いなしです。

登録した方が良い言葉に気付くたびに、こまめに単語登録することをおすすめします。

パソコンには、単語登録の他にも便利で役立つ機能がたくさんあります。ドクター・ホームネットでは、そんな便利機能を自宅で丁寧にレッスンを受けられるサービスがありますので、この機会にぜひご活用してみてはいかがでしょうか。

パソコンの便利機能を学ぶレッスンをドクター・ホームネットで受ける
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
24時間受付 Webで申し込む
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する