パソコン買い替え後のデータの移動はどうするの?PCのデータ移行方法

パソコンの中には大切なデータが大量に保存されています。パソコンを買い替えると新しいパソコンにデータを移行する必要がありますが、データの移行はどのように行うのでしょうか?

ここでは、パソコンから別のパソコンにデータを移行する際の事前準備や移行方法をご紹介します。

データ移行の準備

7193-00034-2

データを移行する際は、作業前の準備が大切です。しっかりと準備をしておけば、パソコンを買い替えた後にデータ移行をスムーズに行えるため、ぜひ覚えておきましょう。

【手順1】移動するデータのリストを作る

自分が保存した画像、動画、文書などが格納されているフォルダをリストアップしましょう。家族など複数のユーザーでパソコンを使用している場合は、他のユーザーのデータも忘れないようにしてください。

【手順2】データ移行時に使用するメディアの用意

自分が保存した画像、動画、文書などのデータ容量や、アプリケーションのデータ容量を調べ、容量に応じたメディア(外付けハードディスクやUSBメモリ、ブルーレイディスクなど)を用意します。

Windows転送ツールによるデータ移行

Windowsパソコンの場合、標準搭載されている「Windows転送ツール」で移行する方法と、パソコン引越しソフトで移行する方法の2つがあります。

Windows転送ツールを利用する場合は、以下の流れでデータを移行します。

【Windows転送ツールでデータを移行する流れ】

1.Windows転送ツールを利用して、移行元パソコンのデータを外部メディアにコピー

2.Windows転送ツールを利用して、外部メディアにコピーしたデータを新しいパソコンへ移行

3.新しいパソコンにアプリケーションをインストール

4.Windows転送ツールでは移行できなかったアプリケーションデータを個別に移動

Windows 7からWindows 8.1にデータを移行する場合

この場合も、Windows転送ツールを利用すれば簡単にデータを移行することができます。

【移行元パソコンのデータを保存する手順】

1.画面左下「スタート」→アクセサリ→「システムツール」→「Windows転送ツール」

2.データ転送方法として「外付けハードディスクまたはUSBフラッシュドライブ」を選択

3.現在使用中のパソコンを聞かれるため、「これは今までのコンピューターです」を選択

4.どのユーザーのデータを転送するか選択

5.パスワードを設定

6.データを保存するメディアを接続して保存

【保存したデータの移行方法】

1.新しいパソコンに、データを保存したメディアを接続

2.Windows転送ツールを起動

3.「Windows転送ツールで、既に他のPCからのファイルを保存済みですか?」と尋ねられるため、「はい」を選択

4.保存済みメディアを選択して開く

5.設定したパスワードを入力

6.移行するデータを選択して転送を開始

7.転送終了後、メディアを取り外す

Windows転送ツールですべてのアプリケーションデータを移行できるとは限りません。転送された内容を確認して、転送されなかったデータは個別に移しましょう。

パソコン引越しソフトでデータを移行する際の注意点

7193-00034-3

データ移行の方法として、「パソコン引越しソフト」を利用する方法もあります。ただし、使用しているアプリケーションによっては移行できない場合もあります。必ず引越しソフトの説明書をよく読んで、使いたいソフトウェアの移行をサポートしているか確認しましょう。

また、移行元パソコンのOSが64ビット版の場合、32ビット版OSのパソコンにデータを移行させることはできません。

おわりに

今回ご紹介したデータ移行方法の他、必要なデータだけをメディアやクラウドに保存して新しいパソコンに移動させる方法もあります。すべてのデータを引き継ぐ必要がないときは、この方法でも十分間に合うでしょう。

ドクター・ホームネットでは、データ移行のサービスも行っています。大切なデータを確実に移行させたい、自分では移行の方法がよく分からないという場合は、ドクター・ホームネットにお任せください。

パソコンやインターネットで困った時は
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する