Windows 10のキーボードが入力できない原因と対処法

Windows 10のキーボードが入力できない原因と対処法

Windows 10を使用している際にキーボードが入力できない、反応しない状態になることがあります。

適切に対処することで改善する可能性があるため、この記事ではWindows 10のキーボードが入力できない原因と対処法についてご説明いたします。

Windows 10のキーボードが入力できない原因

Windows 10のキーボードが入力できない際に考えられる原因は下記の通りです。

  • ホコリの蓄積
  • 帯電
  • ドライバーのトラブル
  • アプリのトラブル

詳細をご説明いたします。

ホコリの蓄積

Windows 10で使用しているキーボードにホコリが蓄積していることで正常にキーボードの入力ができない状態になってることが考えられます。

帯電

Windows 10がインストールされているパソコンが帯電していることにより、キーボード入力ができない場合があります。

帯電は様々なトラブルのきっかけになります。

ドライバーのトラブル

Windows 10で使用しているキーボードのドライバーにトラブルが発生していることが原因で、入力ができなくなってる場合があります。

アプリのトラブル

Windows 10でアプリを立ち上げ、そのアプリ内でキーボードを入力をしようとしてもできない場合、アプリ側のシステムトラブルが原因の可能性があります。

Windows 10のキーボードが入力できない時はPCホスピタルにお任せください
PCホスピタルのパソコン修理概要
修理対応 出張/持込/宅配
対応エリア 出張修理は全国47都道府県/持込修理は全国15店舗/宅配修理は全国47都道府県
実績 年間約14万件サポートの実績。様々なメーカー製パソコンの修理実績を当サイト掲載中
料金 パソコン修理 3,300円~ + 基本料金 8,800円~11,000円
PCホスピタルのキーボードトラブルサポートについて詳細を確認する
PCホスピタルに今すぐ依頼する 0120-713-835

Windows 10のキーボードが入力できない時の対処法

Windows 10のキーボードが入力できない時の対処法は下記の通りです。

  • キーボードを接続し直す
  • Num Lookキーをオンにする
  • 電池を交換する
  • ホコリを除去する
  • 放電
  • フィルターキー機能を無効にする
  • ドライバーを更新する
  • アプリを再度立ち上げる
  • アプリを再インストールする
  • Windows 10を再起動する

詳細を解説いたします。

キーボードを接続し直す

Windows 10のデスクトップで有線キーボードかbluetoothキーボードを使用してる場合はUSBを接続し直し、状況が改善するかご確認ください。

bluetoothキーボードの場合はUSBレシーバーに電波干渉が発生している可能性もあるため、別のUSBポートに接続することもお試しください。

Num Lookキーをオンにする

Windows 10でテンキーを入力できない場合はNum Lookキーがオフになってるかもしれないため、オンに変更し、テンキーの入力が可能になるかご確認ください。

電池を交換する

Windows 10のデスクトップでbluetoothキーボードを使用してるのであれば、bluetoothキーボードの電池がなくなっているかもしれません。

電池を交換し、キーボード入力を行ってみてください。

ホコリを除去する

Windows 10で使用しているキーボードにホコリが蓄積し、入力ができない場合は、ホコリを除去してから正常に入力できるかお試しください。

放電

Windows 10をインストールしているパソコンが帯電しているのであれば、不具合が起こりやすくなっている状況のため、放電を行い、キーボード入力をご確認ください。

放電を行う手順
  1. 電源を切ります
  2. 電源ケーブル、周辺機器を全て取り外します
  3. 4分待ちます
  4. 再度電源ケーブルを接続し、電源を入れて、キーボード入力ができるかご確認ください

フィルターキー機能を無効にする

フィルターキー機能とはキーを押し続けた時などの誤操作を防ぐ機能です。

Windows 10でフィルターキー機能を有効にしていることにより、キーボード入力ができなくなってる場合はフィルターキー機能を無効にすることで、正常に入力できるようになる可能性があります。

フィルターキー機能を無効にする手順
  1. 画面左下のWindowsマークをクリック
  2. 「設定」をクリック
  3. 「簡単操作」をクリック
  4. 「キーボード」をクリック
  5. 「フィルターキー機能の使用」内の「~キーボードの入力の感覚を変更する」をオフにしてください

ドライバーを更新する

Windows 10のキーボードのドライバーにトラブルが発生している場合はキーボードのドライバーを更新、または再インストールしてから文字入力を行ってみてください。

キーボードのドライバーを更新する手順
  1. 画面左下のWindowsマークの上で右クリック
  2. 「デバイスマネージャー」をクリック
  3. 「デバイスマネージャー」表示後、「キーボード」をクリックし、その配下のキーボードの上で右クリック
  4. メニュー内の「ドライバーソフトウェアの更新」をクリック
  5. 「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索します」をクリック
  6. ドライバーが見つかり、正常に更新されたら完了です

アプリを再度立ち上げる

Windows 10で使用しているアプリ内のキーボード入力ができない場合、そのアプリを終了し、再度立ち上げることで、キーボード入力が可能になる場合があるため、お試しください。

アプリを再インストールする

アプリを再度立ち上げてもキーボード入力ができないのであれば、該当アプリをアンインストールし、再度インストールすることで、アプリの不具合が改善され、Windows 10でキーボードの入力ができるようになる可能性があります。

Windows 10を再起動する

Windows 10の一時的な不具合により、キーボード入力ができなくなってることも考えられるため、Windows 10を再起動し、キーボード入力を行ってみてください。

Windows 10のキーボードが入力できないトラブルをプロに任せるのも一つの対処法

前述の対処法でWindows 10のキーボードが入力できないトラブルを改善できない場合、キーの破損やシステムトラブルなど様々な原因が考えられます。

システムの復元を行うことで改善する可能性はありますが、失敗すると別のトラブルに繋がることも考えらます。また、ノートパソコンのキーボード交換は慣れてなければ難易度が高く、内部パーツに触れてしまうことにより、起動しない状態に陥る可能性があります。

自力の改善が難しいとお考えの場合はパソコンやデータを守るためにも、プロのパソコン修理業者のPCホスピタルにご依頼いただくことをおすすめいたします。

Windows 10のキーボードが入力できない時はPCホスピタルにお任せください

Windows 10のキーボードが入力できない原因と対処法についてご説明いたしました。

今回のトラブルは、システムとハードウェアのどちらに原因があるか探して適切に対処することが必要ですが、原因を見つけることや対処することが困難な場合があります。

Windows 10のキーボードが入力できないトラブルでお困りの時はPCホスピタルにぜひご依頼ください。

PCホスピタルのパソコン修理概要
修理対応 出張/持込/宅配
対応エリア 出張修理は全国47都道府県/持込修理は全国15店舗/宅配修理は全国47都道府県
実績 年間約14万件サポートの実績。様々なメーカー製パソコンの修理実績を当サイト掲載中
料金 パソコン修理 3,300円~ + 基本料金 8,800円~11,000円
PCホスピタルのキーボードトラブルサポートについて詳細を確認する
上部へ
戻る
出張地域・近隣店舗を確認する連絡先に追加する
上部へ
戻る