Windows 10のトラブル発生時に修復する方法

Windows 10のトラブル発生時に修復する方法

Windows 10で仕事やプライベートで使用してる時に様々なトラブルが発生し、正常な動作が行えなくなった際に修復を実施することでWindows 10を改善できる可能性があります。

そこで、この記事ではWindows 10をトラブル発生時に修復する方法についてご説明いたします。

Windows 10の修復とは

Windows 10を使用してる際に、急に動作が重くなった、画面が真っ暗になり動作が不可能になった、ブルースクリーンが表示されて何もできない、再起動が繰り返されるなど、Windows 10の動作に支障をきたす様々なトラブルを発生することがあります。

そのようなトラブル発生時にWindows 10の修復機能を使用することで、システムファイルを修復し、正常使用できる状態に改善できる可能性があります。

Windows 10を修復する時の注意点

Windows 10を修復する場合、事前に確認しておくべき2つの注意点があります。

  • バックアップを行う
  • 周辺機器を全て外す

詳細をご説明いたします。

バックアップを行う

修復を行う際に想定外のトラブルにより失敗してしまった場合、データが消えてしまう可能性があるため、データが戻せるように必ず事前にバックアップを行ってください。

周辺機器を全て外す

外付けHDD/SSDなどの周辺機器を接続したまま修復を行うとエラーにより、失敗する可能性があるため、周辺機器を全て外してから修復を行ってください。

Windows 10の修復ならPCホスピタルにお任せください
PCホスピタルのパソコン修理概要
修理対応 出張/持込/宅配
対応エリア 出張修理は全国47都道府県/持込修理は全国15店舗/宅配修理は全国47都道府県
実績 年間約14万件サポートの実績。様々なメーカー製パソコンの修理実績を当サイト掲載中
料金 パソコン修理 3,300円~ + 基本料金 8,800円~11,000円
PCホスピタルのWindows 10 修復サポートについて詳細を確認する
PCホスピタルに今すぐ依頼する 0120-713-835

Windows 10のトラブル発生時に修復する方法

Windows 10のトラブル発生時に修復する方法は下記の通りです。

  • 「再起動」から修復
  • 「設定」から修復
  • システムファイルチェッカーで修復
  • 電源オフを2回行ってから修復
  • インストールメディアから修復
  • 初期状態に戻して修復

修復方法の詳細をご説明いたします。

「再起動」から修復

Windows 10のスタートメニューにある「再起動」から修復する方法があります。再起動後に修復することができます。

手順は下記の通りです。

「再起動」から修復する手順
  1. 画面左下のWindowsマークをクリック
  2. 「電源」をクリック
  3. shiftキーを押しながら「再起動」をクリック
  4. 再起動して「オプションの選択」表示後、「トラブルシューティング」をクリック
  5. 「トラブルシューティング」表示後、「詳細オプション」をクリック
  6. 「詳細オプション」表示後、「スタートアップ修復」をクリック
  7. アカウントを選択します
  8. パスワードを入力して「続行」をクリックします
  9. スタートアップ修復が開始するため、完了までお待ちください

「設定」から修復

Windows 10の「設定」から修復する方法があります。手順に合わせて実施することで修復できます。

手順は下記の通りです。

「設定」から修復する手順
  1. 画面左下のWindowsマークをクリック
  2. 「設定」をクリック
  3. 「更新とセキュリティ」をクリック
  4. 左側にある「回復」をクリック
  5. 右側にある「PCの起動をカスタマイズする」内の「今すぐ再起動」をクリック
  6. 再起動して「オプションの選択」表示後、「トラブルシューティング」をクリック
  7. 「トラブルシューティング」表示後、「詳細オプション」をクリック
  8. 「詳細オプション」表示後、「スタートアップ修復」をクリック
  9. アカウントを選択します
  10. パスワードを入力して「続行」をクリックします
  11. スタートアップ修復が開始するため、完了までお待ちください

システムファイルチェッカーで修復

システムファイルチェッカーとはWindows 10のシステムをチェックし、システムファイルが破損している際に修復してくれる機能です。

この機能を使用することで修復できる可能性があるため、手順をご紹介いたします。

システムファイルチェッカーで修復する手順
  1. 画面左の検索ボックスに「cmd」と入力します
  2. ウィンドウ内の「コマンドプロンプト」をクリックします
  3. コマンドプロンプトが表示されます
  4. コマンドプロンプトに「sfc / scannow」を入力してEnterキーを押してください
  5. 完了までお待ちください

電源オフを2回行ってから修復

Windows 10でトラブルが発生した時に、電源オフを2回行ってから修復する方法というのもあります。

電源ボタン長押しによる電源オフは何度も行うと別のトラブルを発生してしまうことがあるため、ご注意ください。

手順は下記の通りです。

電源オフを2回行ってから修復する手順
  1. 電源を切ります。
  2. 電源ボタンを押して電源を入れて、すぐ電源を切ります。この動作を2回行います。
  3. 3回目に電源を入れて、「自動修復」表示後、「詳細オプション」をクリックします
  4. 「オプションの選択」表示後、「トラブルシューティング」をクリック
  5. 「トラブルシューティング」表示後、「詳細オプション」をクリック
  6. 「詳細オプション」表示後、「スタートアップ修復」をクリック
  7. アカウントを選択します
  8. パスワードを入力して「続行」をクリックします
  9. スタートアップ修復が開始するため、完了までお待ちください

インストールメディアから修復

USBメモリやDVDなどのインストールメディアにWindows 10のイメージファイルが保存されてるのであれば、USBメモリやDVDから、修復することができます。

事前に作成しておく必要がありますが、インストールメディアをお持ちの場合は修復を試みることをおすすめいたします。

初期状態に戻して修復

Windows 10を初期状態に戻して修復することも可能です。

実施する際に「個人用ファイルを保持する」と「すべて削除する」の選択がありますが、「個人用ファイルを保持する」はアプリと設定が削除されて個人用ファイルを保持し、「すべて削除する」は個人用ファイル、アプリ、設定を全て削除します。

どちらを選ぶ場合でも、必要なデータが無いことで困る状態を防ぐために事前に必ずバックアップを行ってください。

手順は下記の通りです。

初期状態に戻して修復する手順
  1. 画面左のWindowsマークをクリック
  2. 「設定」をクリック
  3. 「更新とセキュリティ」をクリック
  4. 左側にある「回復」をクリック
  5. 右側にある「このPCを初期状態に戻す」内の「開始する」をクリック
  6. 「個人用ファイルを保持する(リフレッシュ)」「すべて削除する(初期化)」どちらをかをクリックします
  7. パスワードを入力します
  8. 「クラウドからダウンロード」をクリック
  9. そのまま進めていくと完了です

Windows 10の修復ができない時はプロに依頼するのも一つの方法

記載の対処法でWindows 10の修復ができない場合、システムトラブルやパーツの故障などが考えられます。

適切な方法で修復及び修理すれば、改善するかもしれませんが、失敗すれば別の不具合が発生して起動しなくなり、パソコンが使用できない状態に陥る可能性があります。

自力の対応が難しいとお考えの場合はパソコンやデータを守るためにも、プロのパソコン修理業者のPCホスピタルにご依頼いただくことをおすすめいたします。

Windows 10の修復ならPCホスピタルにお任せください

Windows 10のトラブル発生時に修復する方法についてご説明しました。

場合によっては修復で解決できないトラブルがあることや、修復が実施できないことがあります。
Windows 10の修復ができないことでお困りの時はPCホスピタルにぜひご依頼ください。

PCホスピタルのパソコン修理概要
修理対応 出張/持込/宅配
対応エリア 出張修理は全国47都道府県/持込修理は全国15店舗/宅配修理は全国47都道府県
実績 年間約14万件サポートの実績。様々なメーカー製パソコンの修理実績を当サイト掲載中
料金 パソコン修理 3,300円~ + 基本料金 8,800円~11,000円
PCホスピタルのWindows 10 修復サポートについて詳細を確認する
上部へ
戻る
出張地域・近隣店舗を確認する連絡先に追加する
上部へ
戻る