Windows 10のアップデートができない原因と対処法

Windows 10のアップデートができない原因と対処法

Windows 10のアップデートができない場合、システムトラブル、インターネット接続トラブルなど様々なことが原因として考えられますが、原因を見極めて対処を行うことで改善する可能性があります。

そこで今回はWindows 10のアップデートができない原因と対処法についてご説明いたします。

Windows 10のアップデートができない原因

Windows 10のアップデートができない場合、下記が原因として考えられます。

  • 空き容量が少ない
  • インターネット接続が不安定
  • セキュリティーソフトの影響
  • Windows Updateの不具合

詳細をご説明いたします。

空き容量が少ない

Windows 10のアップデートができない場合、パソコンの空き容量が少ないことでアップデートファイルを保存できない状態になっていることがあります。

インターネット接続が不安定

Windows 10のアップデートができない原因として、インターネット接続が不安定なことも考えられます。

インターネット接続が安定してる状態でなければ、アップデートデータのダウンロードに失敗してしまうためです。

セキュリティーソフトの影響

セキュリティーソフトの影響でWindows 10のアップデートができないことがあります。

セキュリティーソフトがアップデートをウイルス・マルウェアと誤って認識することで発生いたします。

Windows Updateの不具合

Windows Updateのデータ及び更新プログラムに不具合が存在することで、Windows 10のアップデートができない可能性もあります。

PCホスピタルはWindows 10のアップデートができないトラブルのサポートが可能です
PCホスピタルのパソコン修理概要
修理対応 出張/持込/宅配
対応エリア 出張修理は全国47都道府県/持込修理は全国15店舗/宅配修理は全国47都道府県
実績 年間約14万件サポートの実績。様々なメーカー製パソコンの修理実績を当サイト掲載中
料金 パソコン修理 3,300円~ + 基本料金 8,800円~11,000円
PCホスピタルのアップデートトラブルサポートについて詳細を確認する
PCホスピタルに今すぐ依頼する 0120-713-835

Windows 10のアップデートができない時の対処法

Windows 10のアップデートができない時の対処法は下記の通りです。

  • 空き容量を増やす
  • 再起動する
  • 周辺機器を取り外す
  • インターネット接続を安定させる
  • セキュリティーソフトを一時的に停止する
  • トラブルシューティングツールを使用する
  • システムを修復する
  • セーフモードを立ち上げる

対処法の詳細をご説明いたします。

空き容量を増やす

Windows 10のアップデートに必要なデータ容量分の空き容量が無いことでWindows 10のアップデートができない場合があります。

不要なファイルを削除して空き容量を増やしてからWindows Updateを行ってください。

再起動する

Windows 10のアップデートができない場合、システムの一時的な不具合による可能性もあります。

その場合、Windows 10を再起動することで改善するかもしれないため、お試しください。

周辺機器を取り外す

周辺機器の接続トラブルにより、Windows 10のアップデートができないことがあるため、外付けHDD/SSD、プリンター、USBハブなどの周辺機器を全て外してから改善するかご確認ください。

インターネット接続を安定させる

Windows 10のアップデートができない時はインターネット接続が不安定な場合もあるため、正常にWebサイトの閲覧やオンライン動画の閲覧ができるか確認してみてください。

できない場合は、パソコンもしくは無線LANルーターを少し移動させて障害物による電波遮断を防ぐ、機内モードになってないか確認する、一度インターネット接続を切断して再度接続する等を行い、インターネット接続が安定してからWindows 10のアップデートができない状態が改善されるかご確認ください。

セキュリティーソフトを一時的に停止する

Windows 10のアップデートができない場合、セキュリティーソフトがアップデートをウイルス・マルウェアと間違って認識してしまい、ブロックすることがあります。

セキュリティーソフトを停止してからアップデートを行ってみてください。

また、その後にセキュリティーソフトを停止状態から稼働状態に戻すことをお忘れないよう、お願いいたします。

トラブルシューティングツールを使用する

トラブルシューティングツールを使用するとWindows 10のシステムトラブルなどの原因を診断して解決を試みることができます。

Windows 10のアップデートができない時に使用することで改善できる可能性があるため、お試しください。手順は下記の通りです。

トラブルシューティングツールを使用する手順
  1. 画面左下Windowsマークの上で右クリック
  2. 「設定」をクリック
  3. 「更新とセキュリティ」をクリック
  4. 「トラブルシューティング」をクリック
  5. 「追加のトラブルシューティングツール」をクリック
  6. 「Windows Update」内の「トラブルシューティングツールの実行」をクリックして完了までお待ちください

システムを修復する

Windows 10のシステムファイルが破損していることでアップデートができない場合、 システムを修復することで状況が改善する可能性があります。

システムを修復する手順は下記の通りです。

システムを修復する手順
  1. 画面左下Windowsマークをクリック
  2. 「Windowsシステムツール」をクリック
  3. 「コマンドプロンプト」の上で右クリックし、「その他」の「管理者として実行」をクリック
  4. 「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」表示後、「はい」をクリック
  5. コマンドプロンプト内に「sfc /scannow」を入力してEnterキーを押します
  6. システムのスキャンが開始されるため、完了のメッセージが表示されるまでお待ちください

セーフモードを立ち上げる

セーフモードはWindows 10の問題を解決するための診断モードで、Windows 10のアップデートができない時に使用すると正常にアップデートできる場合があるため、お試しください。

セーフモードを立ち上げる手順は下記の通りです。

セーフモードを立ち上げる手順
  1. 画面左下Windowsマークをクリック
  2. 「設定」をクリック
  3. 「更新とセキュリティ」をクリック
  4. 「回復」をクリック
  5. 「PCの起動をカスタマイズする」内の「今すぐ再起動」をクリック
  6. 「オプションの選択」表示後、「トラブルシューティング」をクリック
  7. トラブルシューティング表示後、「詳細オプション」をクリック
  8. 「詳細オプション」表示後、「スタートアップ設定」をクリッ
  9. 「スタートアップ設定」表示後、「再起動」をクリック
  10. 数字「4」キーを押して「4)セーフモードを有効にする」を選択します
  11. 再起動後、画面左下に「セーフモード」と表示されてることを確認
  12. 画面左下Windowsマークをクリック
  13. 「設定」をクリック
  14. 「更新とセキュリティ」をクリック
  15. 「Windows Update」をクリック
  16. 「更新プログラムのチェック」をクリックしてアップデートを行ってください

Windows 10のアップデートができないトラブルをプロに任せるのも対処法

紹介した方法でWindows 10のアップデートができないトラブルが改善されない場合、OSやBIOSなどの問題が複数組み合わさってることも考えられます。

Windows 10を適切に復旧すれば改善する可能性はありますが、失敗すれば現状よりもさらに症状が悪化してしまう可能性があります。

自力での修復が困難だと思われた場合はパソコンやデータの安全のためにも、プロのパソコン修理業者のPCホスピタルに依頼いただくことをおすすめいたします。

PCホスピタルはWindows 10のアップデートができないトラブルのサポートが可能です

Windows 10のアップデートができない時の原因と対処法についてご説明いたしました。

アップデートトラブルは原因を見つけて適切に対処することが難しい場合があります。

Windows 10のアップデートトラブルでお困りの時はPCホスピタルにサポートをご依頼ください

PCホスピタルのパソコン修理概要
修理対応 出張/持込/宅配
対応エリア 出張修理は全国47都道府県/持込修理は全国15店舗/宅配修理は全国47都道府県
実績 年間約14万件サポートの実績。様々なメーカー製パソコンの修理実績を当サイト掲載中
料金 パソコン修理 3,300円~ + 基本料金 8,800円~11,000円
PCホスピタルのアップデートトラブルサポートについて詳細を確認する
上部へ
戻る
出張地域・近隣店舗を確認する連絡先に追加する
上部へ
戻る