Excel(エクセル)のクイックアクセスツールバーをカスタマイズしよう

Excelを使っている際、リボンの中から必要なコマンドをなかなか見つけられずに困った経験をお持ちの方もいるでしょう。Excel 2007から採用された「リボン(メニューバー)」ですが、リボンの中から使いたいボタンの場所を探そうとして手間取ることがあります。

Excelを快適に使うためのポイントの1つが、クイックアクセスツールバーの利用。今回はクイックアクセスツールバーのカスタマイズ方法についてご紹介します。

クイックアクセスツールバーとは

7193-00020-2

クイックアクセスツールバーは画面左上(リボンの上部)にあります。クイックアクセスツールバーには、既に「上書き保存」「元に戻す」「やり直し」のアイコンが見えるはずです。

よく使うコマンドをクイックアクセスツールバーに登録し、1クリックで実行することで作業を素早く行うことができるようになります。

クイックアクセスツールバーのカスタマイズ方法

クイックアクセスツールバーにコマンドを登録する方法をご紹介します。ここではExcel 2010における操作手順を示します。Excelはバージョンによって若干使い方が変わりますが、基本的な操作法は同じです。

【コマンドの登録方法】

1.クイックアクセスツールバーの右端にある「▼」をクリック

2.プルダウンメニューにコマンドが表示されるため、チェックを入れてコマンドを追加

よく使う「新規作成」「開く」「印刷プレビューと印刷」はぜひ追加しておきましょう。

3.表示されたプルダウンメニューに追加したいコマンドが見当たらない場合は、「その他のコマンド」を選択

「Excelのオプション」画面が表示されるため、オプション画面の左側のボックスから追加したいコマンドを選択し、真ん中の「追加」ボタンをクリックしましょう。右側のボックスにコマンドが追加されます。

クイックアクセスツールバーのおすすめ設定

7193-00020-3

ここでは、クイックアクセスツールバーに登録しておくと便利なコマンドをご紹介します。ご自分がよく使うコマンドを思い出して登録してみましょう。

【クイックアクセスツールバーに登録できる主なコマンド(Excel 2010の場合)】

ウィンドウ枠の固定:スクロールしてもセルが固定されるように設定します

グラフの作成:グラフを挿入します

シートの行を削除:指定した行を削除します

シートの列を削除:指定した列を削除します

シートの列を挿入:指定した列に新しい列を追加します

印刷プレビューと印刷:印刷イメージを確認して印刷します

開く:ファイルを開きます

合計:行、列のデータを自動的に検出して合計します

昇順で並べ替え:ひらがな・カタカナは50音順、アルファベットはAからZの順、数字は小さな数字から大きな数字の順に並べ替えます

降順で並べ替え:昇順と反対の順にデータを並べ替えます

新規作成:新しいブックを開きます

テーブル:指定したセルのデータからテーブルを作成します

ピボットテーブルの挿入:ピボットテーブルを作成します

フィルター:指定したセルにフィルターを適用します

図形:図形を挿入します

スペルチェック:スペルに間違いがないかチェックします

おわりに

クイックアクセスツールバーを利用するメリットは、作業の効率化だけではありません。作業領域を広くしたいときにも役立ちます。

リボンがあるおかげで画面のスペースが狭くなってしまうことがありますが、画面の小さなディスプレイを使用しているときや、ワークシートの表示領域をできるだけ広く確保したいときは、クイックアクセスツールバーにコマンドを設定してリボンを非表示にするという使い方もできます。ぜひ活用してください。

ドクター・ホームネットでは、パソコンの便利な使い方に関する情報をお届けしています。快適なパソコンライフを送るためにぜひ参考にしてください。

パソコンやインターネットで困った時は
出張/持込/宅配でパソコン修理・設定
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する