地震および大雨によってパソコンが壊れた方へ

6月18日に発生した大阪北部地震と、7月5日から各地で発生した大雨によって被災された方々に謹んでお見舞い申し上げます。今回パソコン・USBメモリ・SDカード・RAID・NASサーバーなどが壊れた方を対象に、訪問修理と郵送修理による復旧支援の取り組みを行っています。

訪問による液晶修理・データ復旧の基本料金が無料
郵送による水濡れ等で壊れたデータの復旧料金が半額

メモリ不足でパソコンが固まった…パソコンのメモリ不足解消法

パソコンを使用している最中に、パソコンの動作が重くなったり固まったりしたことはありませんか?このような症状が起きる原因の1つとして、パソコンのメモリ不足が考えられます。

パソコンのメモリが不足すると、作業効率を著しく低下させる恐れがあります。しかし、パソコンがメモリ不足の場合、どのような方法で対処すれば良いのでしょうか。

今回は、パソコンのメモリ不足解消法についてご紹介します。

メモリを増設して購入時よりもパワーアップ

メモリ不足とはどのような状態?

7193-00018-2

パソコンの「メモリ」とは、パソコンが一度に処理することができる記憶装置のことです。パソコンが作業するためのスペースの広さだと考えると分かりやすいかもしれません。

パソコンの機種によってメモリの大きさは異なりますが、メモリが大きいほど同時に作業できる数が多くなります。

反対に、メモリが不足してしまうと処理に時間が掛かり、フリーズして固まってしまう恐れがあります。パソコンの使用中に、「コンピューターのメモリが不足しています。」というメッセージが表示されることがあります。このメッセージは、症状を改善せずパソコンを使い続けると更に動作が重くなるという警告です。この時にタスクマネージャーでメモリ使用量を見ると、100%に近い数字になっています。そのため、パソコンのメモリが不足している場合は可能な限り早期解決を目指しましょう。

メモリ不足はなぜ起きるのでしょう?

【パソコンのスペックが低い】

メモリ容量が低いパソコンで、グラフィックや動画を制作するアプリケーションを使用すると、大量のメモリを消費するのですぐにメモリ不足になります。

【ハードディスクの空き容量が少ない】

メモリ容量が多いハイスペックなパソコンでも、ハードディスクの空き容量が少ないと通常の状態よりも余分にメモリを消費することになりメモリ不足になることがあります。

【アプリケーションの起動】

アプリケーションを起動し過ぎると、メモリ不足になることもあります。

【周辺機器の接続】

気にしていない方が多いと思いますが、外部に接続している周辺機器からもメモリ不足は起こります。プリンターなどの周辺機器も実はメモリを消費しています。

メモリの使用状況を確認しよう

メモリ不足を解消する前に、まずは現状のメモリの使用状況を確認しましょう。

普段よく使用するソフトウェアを起動した状態で使用状況を確認すれば、メモリにどのくらいの負荷が掛かっているのかを把握することができます。

【メモリの使用状況の確認方法】

1.「タスクバー」の何も表示されていない箇所で右クリック→「タスクマネージャーの起動」を選択

2.「Windowsタスクマネージャー」の「パフォーマンス」タブをクリック

3.右下の%で表示されている「物理メモリ」の数字を確認する(数字が100%に近いほど空いているメモリが少ないことを意味しています)

パソコンのメモリ不足解消法

7193-00018-3

ここでは、パソコンのメモリ不足を解消する方法を2つご紹介します。

【USBメモリを使用する】

パソコンのメモリ不足は、USBメモリを利用することによってある程度解消することができます。

Windows7もしくはVistaであれば、「Ready Boost」という機能を使用することで、USBメモリをメインメモリの補助として使用することが可能です。

【Ready Boost機能の使用方法】

1.「コンピューター」からUSBメモリのアイコンを右クリック→「プロパティ」を開く

2.「Ready Boost」タブから「このデバイスを使用する」にチェックを入れる

3.USBメモリの容量を、どのくらいの割合でReady Boostにあてるのか設定→「OK」をクリック

使用するUSBメモリが低速なものだと使用できない可能性があるため注意してください。Ready Boost用にUSBメモリの購入を検討している場合は、Ready Boostに対応しているかどうかを確認しましょう。

【バックグラウンドで実行しているソフトウェアを終了させる】

複数のソフトウェアが起動していると、メモリの使用量はその分消費されます。ソフトウェアはバックグラウンド(見えていない部分)でも動作しているため、不要なものは終了させて動作を軽くしましょう。

1.「コントロールパネル」を開き、「システムとセキュリティ」をクリック

2.「管理ツール」を選択し、「システム構成」をダブルクリック

3.「スタートアップ」タブの「スタートアップ項目」欄から、停止したいソフトウェアのチェックを外し「OK」をクリック

4.「システム構成の変更を有効にするには、再起動が必要な場合があります」というメッセージが表示されるため、「再起動」または「再起動しないで終了する」のどちらかを選択(「再起動しないで終了する」を選択した場合は、次回起動時から設定が反映されます。)

上記の設定を行うことによって、パソコンのスタートアップと同時に起動していたソフトウェアの起動を停止させることができます。

しかし、ソフトウェアの中にはパソコンが動作する上で重要なものも含まれているため、セキュリティ上問題ないソフトウェアのチェックのみを外すよう気を付けてください。

ノートパソコンのストレージ不足を解決!ノートPCの容量不足解消方法

おわりに

パソコンのメモリに余裕を持つことは、作業効率を上げるためにも非常に重要です。まずは、現状のメモリ使用状況を確認して、パソコンがメモリ不足かどうか確かめてください。

もしメモリ不足だった場合は、USBメモリを使用してメインメモリを補助する、不要なソフトウェアの起動を停止させるなどしてメモリ不足を解消しましょう。

USBメモリではメモリ不足が解決しきれない場合には、パソコン本体のメモリを増設する必要も考えた方が良いかもしれません。ドクター・ホームネットではメモリの増設作業も行っているため、メモリ増設が必要な場合にはぜひご相談ください。

パソコンやインターネットで困った時は
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック
もしもの時の印刷用資料
緊急問い合わせ
パソコンのトラブル解決シミュレーター 対応方法や料金を確認したい方はこちらをクリック連絡先に追加する