Windows 10が重い・遅い原因と高速化する方法

Windows 10が重い・遅い原因と高速化する方法

Windows 10が重い・遅い場合、様々な原因が考えられますが、対処を行うことで改善できる可能性があります。

そこでこの記事ではWindows 10が重い・遅い場合、高速化する方法を解説いたします。

Windows 10が重い・遅い原因

Windows 10が重い・遅い場合、原因として下記が考えられます。

  • アプリを複数立ち上げている
  • ホコリが蓄積している
  • メモリーが不足している
  • 空き容量が少ない

原因について詳細をご説明いたします。

アプリを複数立ち上げている

アプリは同時に立ち上げる数が多ければ多いほど、Windows 10にも負荷がかかり、動作が重い・遅い状態になる可能性が高くなります。

ブラウザのタブを複数同時に開いてる状態にすることも同様です。

ホコリが蓄積している

Windows 10のパソコンの内部にホコリが蓄積することで、CPUファンが正常に作動しないようになり、パソコン内部が高熱になることで動作が遅くなることがあります。

メモリーが不足している

Windows 10が32bitの場合はメモリー1GB、Windows 10が64bitの場合はメモリー2GB以上で動作が可能なことをMicrosoftが公表していますが、これはあくまで最低限のメモリー容量のため、そのメモリー容量でWindows 10を使用するとアプリを複数開く、またはブラウザで複数のタブを同時に開くなどの動作でメモリー不足に陥る可能性があります。

空き容量が少ない

Windows 10のパソコンの空き容量が少なくなると動作が不安定になることやシステムに負荷がかかり、動作が遅くなることがあります。

PCホスピタルはWindows 10が重い・遅いトラブルのサポートが可能です
PCホスピタルのパソコン修理概要
修理対応 出張/持込/宅配
対応エリア 出張修理は全国47都道府県/持込修理は全国15店舗/宅配修理は全国47都道府県
実績 年間約14万件サポートの実績。様々なメーカー製パソコンの修理実績を当サイト掲載中
料金 動作が遅いパソコンの修理 6,600円~ + 基本料金 8,800円~11,000円
PCホスピタルのWindows 10 動作改善サポートについて詳細を確認する
PCホスピタルに今すぐ依頼する 0120-713-835

Windows 10が重い・遅い時に高速化する方法

Windows 10が重い・遅い場合、下記の方法を行うことで高速化できる可能性があります。

  • メモリーを増設
  • 空き容量を増やす
  • アプリを閉じる
  • スタートアップアプリをオフにする
  • バックグラウンドアプリをオフにする
  • ホコリを除去する
  • 視覚効果の設定を変更する
  • デフラグを実施する
  • ウイルスを駆除する
  • Windows Updateを実施する
  • 再起動する

詳細をご説明いたします。

メモリーを増設

Windows 10に搭載しているメモリー容量が1GB~2GBの場合、アプリを複数立ち上げる、ブラウザで複数タブを開く、Webカメラを使用するなどを同時に行うにはメモリー不足となり、動作が遅くなる可能性が高いです。

メモリー8GB、できれば16GB以上に増設することで動作が重い・遅い状態から高速化する可能性があります。

空き容量を増やす

Windows 10のパソコンの空き容量が少ないことでシステムに負荷がかかり動作が遅くなることがあるため、不要なファイルやアプリを削除して空き容量を増やし、Windows 10が重い・遅いトラブルがどうなるかお試しください。

アプリを閉じる

複数のアプリを同時に立ち上げていると、Windows 10に負荷がかかり、動作が重い・遅い状態になることがあります。

使用してないアプリを閉じてから動作が改善されて通常通り使用可能になるかご確認ください。

スタートアップアプリをオフにする

スタートアップアプリとはWindows 10を起動した時に同時に立ち上がるソフトの設定のことで、設定をオフにすると、起動と同時に立ち上がるソフトを制限できるため、Windows 10の負荷が軽くなり、結果として重い・遅い状態から改善され、動作が高速化する場合があります。

スタートアップアプリをオフにする手順は下記の通りです。

Windows 10のスタートアップアプリをオフにする手順
  1. 画面左下のWindowsマークをクリック
  2. 「設定」をクリック
  3. 「アプリ」をクリック
  4. 「スタートアップ」をクリック
  5. 「スタートアップ アプリ」内でオフにしたいアプリをクリックしてオフにしてください

バックグラウンドアプリをオフにする

バックグラウンドアプリとはWindows 10を使用している最中に背後で動作するアプリのことですが、バックグラウンドアプリの数が多ければ多いほどWindows 10に負荷がかかるため、動作が重い・遅い状態になる可能性が高くなります。

バックグラウンドアプリの数を減らすことで動作が改善する場合があるため、いくつかオフにしてみてください。

Windows 10のバックグラウンドアプリをオフにする手順
  1. 画面左下のWindowsマークをクリック
  2. 「設定」をクリック
  3. 「プライバシー」をクリック
  4. 「バックグラウンドアプリ」をクリック
  5. 「バックグラウンドアプリ」内でオフにしたいアプリをクリックしてオフにしてください

ホコリを除去する

Windows 10のパソコン内部にホコリが蓄積している場合、CPUファンが正常に動作せず、高温になることで不具合が発生したり、動作が遅くなることがあります。

ホコリを除去してからWindows 10の動作が重い・遅い状態が改善されるかご確認ください。

視覚効果の設定を変更する

Windows 10には視覚効果という設定があり、有効にすることでデザイン性を重視した表示にすることができますが、その分の負荷がかかることで動作が重い・遅い状態になる場合があります。

視覚効果をオンにしているのであれば、オフにすることで動作が改善するかもしれないため、お試しください。

Windows 10の視覚効果の設定を変更する手順
  1. 画面左下のWindowsマークをクリック
  2. 「設定」をクリック
  3. 「システム」をクリック
  4. 「詳細情報」をクリック
  5. 「システムのプロパティ」内の「詳細設定」タブをクリック
  6. 「パフォーマンス」内の「設定」をクリック
  7. 「パフォーマンスオプション」内の「視覚効果」タブをクリック
  8. 「パフォーマンスを優先する」をクリックしてください

デフラグを実施する

Windows 10を使用している最中にデータファイルの追加・削除を繰り返すと、ディスク内のファイルが断片的な領域に配置され、ファイルを見つけるのに時間がかかるようになり、動作が重い・遅いトラブルに発展することがあります。

デフラグを実施することでファイルの配置が整理され、動作が高速化する場合があります。

Windows 10でデフラグを実施する手順
  1. 画面左下の検索ボックスに「デフラグ」と入力して「ドライブのデフラグと最適化」をクリック
  2. 「ドライブの最適化」表示後、「状態」内のドライブをクリックして「最適化」をクリック
  3. クリックしたドライブに「実行中」が表示されることを確認し、完了までお待ちください
  4. 「現在の状態」に「OK」が表示されたら完了です

ウイルスを駆除する

Windows 10がウイルスやマルウェアに感染していることで、動作が重い・遅い状態になってることも考えられるため、セキュリティーソフトでスキャンを行い、感染している場合は駆除してください。

Windows Updateを実施する

Windows Updateの最新の更新プログラムが適用されてないことでWindows 10の動作が重い・遅い状態になってる可能性があるため、Windows Updateを実施してWindows 10のバージョンを最新にしてから動作が改善されるかご確認ください。

再起動する

一時的な不具合でWindows 10の動作が重い・遅い状態にあることがあります。

その場合、Windows 10を再起動することで改善する可能性があるため、お試しください。

Windows 10が重い・遅いトラブルをプロに任せるのも対処法

前述の方法でWindows 10の重い・遅い状態が改善されない場合、パーツの故障やシステムエラーや様々な原因が組み合わさってることも考えられます。

パソコンを分解し、パーツを適切に交換できれば、改善する可能性はありますが、失敗すれば現状よりもさらに症状が悪化してしまう可能性もあります。また、ノートパソコンや一体型パソコンの場合は、分解も容易ではありません。知識があれば安全ですが、場合によっては修復不可能な状態まで陥ってしまう可能性もあります。

自力の改善が困難だと思われた場合はパソコンやデータの安全のためにも、プロのパソコン修理業者のPCホスピタルに依頼いただくことをおすすめいたします。

PCホスピタルはWindows 10が重い・遅いトラブルのサポートが可能です

Windows 10の動作が重い・遅い場合、パソコン修理やパソコントラブルに詳しい方でなければ原因を見つけて対処することが難しいことがあり、自分で修理を行おうとしても失敗して新たに別の不具合が発生することもあるため、より安全なパソコン修理を希望される場合は、Windowsの動作が重い・遅い不具合の修理実績が豊富なPCホスピタルにぜひご依頼ください。

PCホスピタルのパソコン修理概要
修理対応 出張/持込/宅配
対応エリア 出張修理は全国47都道府県/持込修理は全国15店舗/宅配修理は全国47都道府県
実績 年間約14万件サポートの実績。様々なメーカー製パソコンの修理実績を当サイト掲載中
料金 動作が遅いパソコンの修理 6,600円~ + 基本料金 8,800円~11,000円
PCホスピタルのWindows 10 動作改善サポートについて詳細を確認する
上部へ
戻る
出張地域・近隣店舗を確認する連絡先に追加する
上部へ
戻る