DX(デジタルトランスフォーメーション)化とは?基本知識からメリット・注意点を解説

DX(デジタルトランスフォーメーション)化とは?基本知識からメリット・注意点を解説

DX化(デジタルトランスフォーメーション化)が幅広い企業で注目されるようになってきました。数年前からDX化は叫ばれていますが、近年はさらに重要視されている状況です。このような状況を鑑みて、自分たちも何かしなければならないと考えている人は多いでしょう。
しかし、DX化とはどのような取り組みであり、具体的に何をすれば良いのか理解できていない人も多いはずです。今回は、DX化の基本から、推進するメリットと注意点について解説します。

DX(デジタルトランスフォーメーション)化とは

最初にDX方はどのような取り組みであるのか、概要や求められる背景から解説します。

DX化の概要

DX(デジタルトランスフォーメーション)化とは、デジタル技術を活用して、企業や組織の業務プロセスやサービス、あるいは文化そのものを変革する取り組みを指します。また、これによって生産性や業務効率を向上させ、顧客満足度の向上や、従業員の働きやすさ改善を実現する取り組みだと考えても良いでしょう。

なお、DX化で重要視すべき点は、単なるデジタル化ではなく業務プロセスや文化の変革も含むということです。例えば、既存の業務を単なるシステムに置き換えるだけではDX化とは呼べません。置き換える際には無駄を排除し、従業員などの負荷を軽減することが重要です。これがDX化とシステム化の違いでもあります。

DX化で利用される技術

デジタル技術には幅広いものが含まれ「クラウドコンピューティング」「ビッグデータ」「人工知能」などの技術が使用されがちです。目的によって採用される技術は多岐にわたり、例えば、迅速な意思決定のためにビッグデータやAIを導入したり、コスト削減のためにクラウドコンピューティングやRPAが導入されたりします。

DX化の背景によって大きく変化するため、明確な正解は存在しません。言い換えると、DX化では多くの技術が利用される可能性があるため、推進にあたっては取捨選択することが求められます。

DX化が求められる背景

DX化が求められる背景は多岐に渡り、グローバル化の進展や市場変化の高速化、顧客ニーズの急激な変化などが挙げられます。これらへ企業が素早く対応するためには、業務の効率化やデジタル化が急務であり、結果としてDX化も急激に求められるようになりました。企業間の競争が激化したため、取り残されないためにDX化が求められるようになったと言い換えても良いでしょう。

また、新型コロナウイルスの影響もあり、対面でのビジネスからオンラインでのビジネスへシフトするようになってきました。多くの企業がオンライン化に伴い、デジタルなビジネスを展開することを強いられている状況です。ビジネスをデジタル化する過程では、業務プロセスの見直しも必要となるため、結果的にDX化が推進されるようになっています。

DX化とIT化やシステム化との違い

DXと間違えられやすいキーワードに、IT化やシステム化があります。これらの違いは、目的であるか手段であるかです。

解説したとおり、DXは、業務効率を高めて、ビジネス環境の変化に対応したり、ビジネスモデルを変革したりすることを指します。つまり、厳密には必ずしもシステムを新しく導入することは求められていません。 しかし、IT化やシステム化は、基本的には新しくシステムを導入することを指します。そのため、根本的にDXとIT化やシステム化は、異なるものであると理解してもらえるでしょう。

ただ、一般的にDX化という目的を達成するためには、業務効率を改善するIT化やシステム化が採用されます。そのため、DX化とIT化やシステム化は目的と手段という関係にあると考えられます。関係のないキーワードではありませんが、同じ意味合いでもないため、正しく理解しておきましょう。

DX化を推進するメリット

DX化を推進することにはさまざまなメリットがあります。具体的なメリットとして下記の4つがあります。

  • 業務の効率化
  • 品質の向上
  • さらなる競争力の獲得
  • 働き方改革の実現

メリットの詳細をご紹介します。

業務の効率化

DX化の推進によって業務を効率化できることがメリットです。例えば、今までは手作業でデータを分析していたところをシステム化すれば、作業時間を大きく短縮できます。近年は自動化ツールなどが数多く登場しているため、これらを活用するなどで実現が可能です。人間の手を介することなく、素早く業務をこなせるようになるため、効率化に繋げられます。

これは一例ですが、DX化によって、システムを導入すれば、様々な業務を効率化できます。現時点で手作業が多く、手間がかかっている業務を自動化すればするほど、業務の効率化を実現できるでしょう。

品質の向上

業務の効率化に付随して、品質の向上も期待できることがメリットです。例えば、製品の不良品チェックをデジタル化することによって、人間よりも正確にチェックできます。問題のある製品を市場に流通させないことによって「品質の高い事業者」への転身が可能です。

また、DX化すれば人間では確認が難しい不良品を発見したり、より高度な製造技術を実現したりできます。例えば、製品の内部をスキャンして破損していないか評価する仕組みを導入し、品質を高めるなどです。DX化ではAIやビッグデータなどを活用することも多く、これらによって品質の向上を実現できます。

さらなる競争力の獲得

DXによって業務の効率化を高められれば、そこから更なる競争力を生み出せる可能性があります。例えば、従業員に余裕が生まれることによって、別の業務に割り当て新しいビジネスを生み出すなどです。DXによって業務の効率化を高められれば、そこから更なる競争力を生み出せる可能性があります。

例えば、従業員に余裕が生まれることによって、別の業務に割り当て新しいビジネスを生み出すなどです。従業員の数は変わらなくとも、業務の効率を高められれば、新しい分野で競争するだけの余力を得られるでしょう。従業員の数は変わらなくとも、業務の効率を高められれば、新しい分野で競争するだけの余力を得られるでしょう。

また、データを活用する仕組みを導入すれば、今まで気づいていなかった自社の強みを見つけられるかもしれません。例えば、マーケティングデータを分析することによって、本来は想定していなかった顧客が存在すると気づける可能性があります。業務の効率化や既存データの活用などによって、無限大の競争力を獲得できることがメリットです。

働き方改革の実現

業務の効率化や品質の向上により、従業員の負担が減少すれば、勤務時間が短くなり働き方改革を実現しやすくなります。働き方改革を実現するためには、最初に従業員の負担を減らさなければなりません。ただ、単純に割り当てる業務を減らすだけでは、事業に支障をきたし、結果として問題が生じます。そのため、根本的に業務量を減らすことが重要です。

DX化を推進すれば、働き方改革に向けた根本的な業務量の低減が可能です。例えば、RPAを利用した自動化によって、人間の作業を減らすことなどが考えられます。「業務の効率化」が目前のメリットですが、そこから残業時間の低減や休暇の取得率向上なども実現できるでしょう。

DX化を進める際の注意点

DX化を進める際には以下のとおり注意点もあるため、考慮するようにしましょう。

  • 全社的に推進する
  • 有識者を確保する
  • デジタル化で終わらない

注意点について解説いたします。

全社的に推進する

全社的に推進することを心がけましょう。最初は一部の部門だけでスモールスタートしても良いですが、全社的に推進することが大切です。例えば、DX化を推進する部門に丸投げするのではなく、全社を統一する部門などを設けて推進します。また、部長などの役職が責任者になるのではなく、本部長や事業部長、取締役など全体を統括する立場にある人間が責任者になるべきです。

全社的に進める理由は、DX化がシステム化だけではなく、業務プロセスの改善も含んだ取り組みであるからです。つまり、場合によっては複数の部門が連携して業務プロセスを見直ししなければなりません。 しかし、責任者が部門間を取りまとめる人材でないと、このような取り組みがスムーズに進まない可能性があります。トップダウンでDX化をスムーズに進めるために、全社的な推進が必須です。

有識者を確保する

推進にあたっては、DX化の有識者を確保するように心がけましょう。DX化について詳しい人材がいなければ、思うように物事が進まない可能性があります。また「そもそも何をすれば良いのか」という部分で詰まってしまうことになりかねません。

しかし、昨今の課題として、DX化の有識者を確保することが難しくなっています。多くの企業でDX化が進められているため、有識者を取り合いしているような状況です。有識者を確保できても、そのレベルはまちまちであるため、そこも注意点と認識するようにしてください。

デジタル化で終わらない

DXで失敗する代表例としてシステム化やデジタル化で終わってしまうことが挙げられます。これはDX化とは言い切れないため、注意点として頭に入れておくことが大切です。例えば、今までアナログな業務であった部分をデジタル化することで満足してしまうなどが該当します。

確かにDX化は、システムの導入を含んだ取り組みではありますが、システムに置き換えること自体が目的ではありません。あくまでもデジタル化することによって、業務プロセスを見直したり、新しいビジネスを生み出したりすることが目的です。システム化は手段にすぎないと考えた方が良いでしょう。目的と手段を取り違えていると、DX化を推進しても、大きな効果を得られないまま終わってしまいます。

PCホスピタルはDX化を推進するサポートが可能です

急激な事業環境の変化に乗り切るためには、DX化がすべての企業で急務です。アナログなビジネスでは、デジタル化している企業に打ち勝つことができません。

業務の効率化やデータの活用などをビジネスに取り入れることが重要であるため、できるだけ早くDX化に取り組みましょう。とはいえ、DX化の重要性を理解したとしても、具体的に何から着手すれば良いのか判断できないのではないでしょうか。

PCホスピタルでは、DX化のプロが皆さんの状況をヒアリングして、適切な業務プロセスの改善などを提案します。また、必要に応じて機器やシステムの導入もサポートが可能です。具体的にやるべきことが見えていない状況でも丁寧にサポートするため、DX化を考えている場合は、ぜひ一度お問い合わせください。

PCホスピタルにDX化のサポートを依頼する
上部へ
戻る
出張地域・近隣店舗を確認する連絡先に追加する
上部へ
戻る